FC2ブログ

タグラグビーは頭脳が6割

「タグラグビーは頭脳が9割」

こう書くとさすがに「それは言い過ぎだろう」と、自分でも思うので6割としておく。これが実感。

サントリーカップ辰巳大会。

運営頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

お陰様でどのチームも、自分達の練習の成果を思う存分発揮することができました。

心から感謝します。

オリンピックの水泳競技場が真横で建設中。

スカイツリーが大きく見える。

まさに東京都。

上記の写真は我らが八王子。

もはや同じ東京都とは思えない。

腹立つことに、また南岸低気圧が通った本日、テレビ各局が八王子駅に集結。

狙いはただひとつ。

八王子の雪の画が欲しいのだ。

しかし、雪は降らず。

爽快だ、実に爽快だ。

おつかれさん。

またおいで。

さて、本題。

「タグラグビーは頭脳が6割」

女子チームが強い、

身体能力は全く関係ない、

と、いう気は全くない。

強いチームには、やはり男子の力は必要だし、個の力は必要だと思うからだ。

が、しかし、チームが一つになり、同じ方向を向いて戦えばある程度の戦力差を覆すことができる。

それがタグラグビー。

今回、四年生で編成した稲妻スピリッツが、並みいる高学年チームに次々と勝利し、大会準優勝を成し遂げた。

確かにトーナメントでは組み合わせに恵まれたところもある。

だから実力が全チームの中で2番目だったとは思わない。

しかし、まともに走れば50mで2秒以上差がつくような相手を走らせることなく守りきったり、20cm近くも大きな相手からトライを量産したりと、パッと見では絶対に勝てないようなチームに勝利をしたのは事実である。

トップレベルにはまだまだ。

少し組織だったチームや、圧倒的に身体能力に差があるチームには全然歯が立たないのは事実。

しかし、稲妻の子供たちが見せた活躍はタグラグビーがもつ魅力と特性を証明するものだった。

さて、何が言いたいか。

「タグラグビーは頭脳が6割」

いかにチームが一つになるか。

チームが一つになるには、メンバー皆が同じビジョンをもつこと。

規律を保つこと。

組織の中でどう自分のよさを発揮するか。

タグラグビーは面白い

8年間分の「ありがとう」

ここ最近、

「七国スピリッツを目標にしています」

と、嬉しい言葉をもらうことが多い。

しかし、最初はこんなチームではなかった。

良いこと悪いこと、

楽しいこと辛いこと、

様々な経験を全て学びと変えて、

長い時間をかけて

我々は

「七国スピリッツ」

になった。

たくさんの学びの中心に帝京大学ラグビー部の立ち振舞いがいつもあった。

「プレーだけでなく、普段の生活、グランド外でもラグビー選手としてあり続ける」

それは今の七国スピリッツの軸となり、代々脈々と受け継がれている。

たくさんの学びをもらいながら、我々は何かを返せただろうか?

8年間分の

「ありがとう」

今こそ伝える時ではないか。

七国スピリッツはそう考えた。

赤い軍団には八年間、誠実に子供たちと向き合ってきた歴史がある。

たくさんの子供達が応援している。

火事場のくそ力

屁の突っ張りは要らんですよ

がんばれ

子供たちのヒーロー

サントリーカップ武蔵野大会

いつもは運営でてんてこ舞いの武蔵野大会。

今回から運営側でなく、参加者として関わる。

武蔵野大会を始めて10年くらい経つだろうか。

チーム関係者、保護者、選手が一体となって作り上げる。

いち観客としてこの大会を見てみると本当に素晴らしい。

バトンは渡せた。

とても感慨深い一日となった。

運営の皆様、レフリーチームの皆様、本当にありがとうございます。

リアルタイム速報の導入等、画期的で完璧な大会でした。

本当に素晴らしい大会だったのだが関係のないところで「これは」と、思うことがあった。

子供達が一生懸命プレーしているコートの外でタバコを吸いながら観戦する大人の姿があった。

喫煙は個人の自由ということを承知で敢えて書く。

ひょっとしたら武蔵野大会だけの問題ではないのではないかと危惧したからだ。

うちの学校でも、近所の学校でも、ひょっとしたら全国各地の小学校の週末に見られる光景かもしれない、「校門の前での喫煙」

さて、これを見て皆さんはどう感じるだろうか。

私は、「おかしい」っていつも思う。

敷地から少しでも出ればよいのか?

コートから出ればよいのか?

そうじゃないだろう。

すぐそばで子供が運動してるだろう。

場所によっては子供が「タバコ臭いな」って、感じることもあるかもしれない。

通りすがりの人はタバコを吸っている大人とスポーツをしている子供をセットで見るかもしれない。

私は学校関係者だから、「どこの団体だ?」っていう目で見る。

そんな目でタグラグビーを見られたくない。

10年以上、一生懸命ここまで積み上げてきた。

もし、これが他のサントリーカップでも、と考えると。

来年はラグビーワールドカップ。

今まで以上にタグラグビーも注目される。

頑張ろう、タグラグビー

サントリーカップ調布大会

今日は第15回サントリーカップ東京ブロック予選会調布大会が行われた。

協会の皆様、レフリーチームの皆様、そして準備運営の白糸小柳の皆様本当にありがとうございました。

前日からグランドメイクをしてもらったので、河川敷特有のでこぼこは全く気にならなかった。

最大の安全配慮に心から感謝しています。

東京は潜在的なタグラグビー人口は少なくない。

調布市、府中市、日野市は各々独自のタグラグビー大会を開催しておりかなりの学校か参加している。

ただ、それがサントリーカップに直結していないのが現状。

たくさんのポスターチラシをサントリーカップ地区担当者に渡すことも大切だが、それだと情報発信力は低い。

各市区町村に依頼し、日本全ての小学校にチラシポスターを一斉配布したり、j-sports 等でサントリーカップを放送したりするなど思いきったアプローチをしてはどうだろうか。

ワールドカップを見据え、それくらい大胆なことをやってもよいと思う。

東京で優勝することは全国でカップトーナメントに勝ち上がることより難しい。

これは断言できる。

特に今年の東京トップ3は本当にレベルが高い。

七国スピリッツは今年、参加した全ての大会で優勝しているが、小柳、白糸との力差はほとんどなく、いつも紙一重のところで勝ちを拾っている。

だから、一度も勝ったと思ったことはない。

競技レベルの向上はタグラグビーというスポーツを知らない人に発信するのには大切な要素。

「このスポーツすごいな」

「やってみたい、こんな風になりたい」

と、思ってもらうのは大切だ。

来週は武蔵野大会。

またタグラガー達の熱い戦いが見られる。

真剣味。

真剣に取り組んでいる姿は人を感動させる。

スポーツは真剣味が現れやすい。

だから人はスポーツに魅了される。

多摩カップ

今日は多摩カップ。

サントリーカップに向けて最後の調整。

参加チームこそ少なかったが、レベルの高い試合を数多く見ることができた。

少し前までの天気予報はずっと晴れ。

しかし、昨日夜の天気予報は曇りのち雨。

こうなるとタイムスケジュールを作った私に、「ほらみたことか。また雨だ。」という心ない野次が飛ぶ。

私に天気を操れる力はない。

たとえ、私が主催した大会がいつも雨でも、試合中ゲリラ豪雨が来ても、雹が降っても、台風が来ても、私には関係がない。

そう、今年の運動会が雨の中での組体操になっても、日光移動教室がどしゃ降りハイキングになっても、遠足でスカイツリーに行ったのに、雨で外の景色が全く見えず、子供が「何これ?」と、意味のない遠足になったとしても。

ラグビー関係者だけでなく、最近は本校の職員からも、「行事に絡まないでほしい」と言われても。

偶然そうなった。

ただそれだけのことだ。

日本一を目指し、ハイレベルな試合を展開するコートもあれば、低学年を中心に、楽しそうにタグラグビーを楽しむコートもあり。

タグラグビーが学年関係なく楽しめるスポーツであることを再認識することができた。

来週はサントリーカップ東京ブロック予選が開催される。

七国スピリッツ、いずみの森ユナイテッド、白小フェニックス、小柳ライトニングス、南白レジェンド等、全国大会予選リーグを勝ち抜くより難しい東京予選。

下手をすると全国カップトーナメントと同じ、あるいはそれ以上のレベルか。

11/11  調布市河川敷グランド、京王線「京王多摩川」下車五分。

タグラグビーファンは是非。

プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク