偉大なバトン

 今週の水曜からフェニックスOB・OGのメンバーが練習に参加してくれている。「史上最強の素人軍団」初代フェニックス。「フェニックスシステムの申し子」二代目フェニックス。これらの超豪華メンバーが練習相手になってくれるのだ、これ程心強いことはない。彼等彼女等は登校前の貴重な時間をさいてまで後輩達のために本校に来てくれているのだ。普通では考えられないことである。感謝しても感謝しきれない。
 実はこの偉大な行事は今年に始まったことではない。一年前、全国を目指す二代目フェニックスのために初代フェニックスは貴重な自分たちの時間をさいて練習に付き合ってくれた。当時二代目フェニックスは宿敵、本町田東小の卓越した個人技に打ち勝つデフェンス力の向上が最大の課題であった。二代目フェニックスは、初代のずば抜けた個人技に立ち向かうことで見事課題を解決し、全国6位入賞を果たす。初代の「全国へ行ってくれ」というバトンを二代目はしっかり受け取ったのである。
 二代目フェニックスもこのバトンの重みをしっかりと感じていた。先輩から受けたバトンを今、三代目に引き継ごうとしている。フェニックスの歴史はまだ三年であるが、素晴らしい伝統が生まれつつあることを監督として非常に嬉しく、また頼もしく感じている。先輩達とプレーできるのは限られたチームではあるが、先輩達のプレーは部員皆、熱い視線で見ている。フェニックスの部員全てに先輩達の魂、偉大なバトンは引き継がれている。
 初代・二代目フェニックスがどのような想いの「バトン」を渡したのか。現部員は理解しているはずである。 
 

偉大なバトン

 今週の水曜からフェニックスOB・OGのメンバーが練習に参加してくれている。「史上最強の素人軍団」初代フェニックス。「フェニックスシステムの申し子」二代目フェニックス。これらの超豪華メンバーが練習相手になってくれるのだ、これ程心強いことはない。彼等彼女等は登校前の貴重な時間をさいてまで後輩達のために本校に来てくれているのだ。普通では考えられないことである。感謝しても感謝しきれない。
 実はこの偉大な行事は今年に始まったことではない。一年前、全国を目指す二代目フェニックスのために初代フェニックスは貴重な自分たちの時間をさいて練習に付き合ってくれた。当時二代目フェニックスは宿敵、本町田東小の卓越した個人技に打ち勝つデフェンス力の向上が最大の課題であった。二代目フェニックスは、初代のずば抜けた個人技に立ち向かうことで見事課題を解決し、全国6位入賞を果たす。初代の「全国へ行ってくれ」というバトンを二代目はしっかり受け取ったのである。
 二代目フェニックスもこのバトンの重みをしっかりと感じていた。先輩から受けたバトンを今、三代目に引き継ごうとしている。フェニックスの歴史はまだ三年であるが、素晴らしい伝統が生まれつつあることを監督として非常に嬉しく、また頼もしく感じている。先輩達とプレーできるのは限られたチームではあるが、先輩達のプレーは部員皆、熱い視線で見ている。フェニックスの部員全てに先輩達の魂、偉大なバトンは引き継がれている。
 初代・二代目フェニックスがどのような想いの「バトン」を渡したのか。現部員は理解しているはずである。 
 

サポーターの力

 先週の水曜日、サッカー界において浦和レッズがアジアチャンピオンとなった。日本のクラブチームでは初の快挙である。
 しかしこのチームはJリーグ発足から低迷を続け、ついにはJ2降格まで経験した。この時、どん底のチームを支えたのはレッズサポーター達である。J2降格が決定した瞬間、うなだれる選手たちにサポーター達が送った「we are reds」の大合唱はチームに再び這い上がる勇気を与えた。サポーター達の声援を背に、レッズは1年でJ1昇格を果たす。その後レッズは着実にレベルアップを重ね、現在の様な常勝軍団に成長したのである。
 サポーターの声援は選手に大きな力を与える。具体的に理由を挙げて説明することは難しいが、私達は昨年度の全国大会で確かにそれを経験した。どれだけリードされていても必ず追いつき逆転する2代目フェニックスはサポーターの力を受け、より輝きを増していた。レッズと同様に日本一のサポーターに支えられている我々フェニックスは本当に幸せである。
 いよいよ本番まで10日となった。選手は最後の追い込みに入っている。フェニックスサポーターの皆様には今年も熱い、魂の応援を心よりお願いしたい。そしてまた、皆で歓喜の時を共有したい。

サポーターの力

 先週の水曜日、サッカー界において浦和レッズがアジアチャンピオンとなった。日本のクラブチームでは初の快挙である。
 しかしこのチームはJリーグ発足から低迷を続け、ついにはJ2降格まで経験した。この時、どん底のチームを支えたのはレッズサポーター達である。J2降格が決定した瞬間、うなだれる選手たちにサポーター達が送った「we are reds」の大合唱はチームに再び這い上がる勇気を与えた。サポーター達の声援を背に、レッズは1年でJ1昇格を果たす。その後レッズは着実にレベルアップを重ね、現在の様な常勝軍団に成長したのである。
 サポーターの声援は選手に大きな力を与える。具体的に理由を挙げて説明することは難しいが、私達は昨年度の全国大会で確かにそれを経験した。どれだけリードされていても必ず追いつき逆転する2代目フェニックスはサポーターの力を受け、より輝きを増していた。レッズと同様に日本一のサポーターに支えられている我々フェニックスは本当に幸せである。
 いよいよ本番まで10日となった。選手は最後の追い込みに入っている。フェニックスサポーターの皆様には今年も熱い、魂の応援を心よりお願いしたい。そしてまた、皆で歓喜の時を共有したい。

フォーリスカップを終えて

 本日、11月3日。府中市陸上競技場にて第2回フォーリスカップが開催された。本校からも6チームがエントリーし、各校と熱戦を繰り広げた。まずは今大会にご尽力頂いた、協賛の株式会社フォルマ、ラグビー協会、市内の先生方、アナウンスや連絡係を担当してくれた中学生、応援や荷物の搬送などをして頂いた保護者の皆様に心より感謝したい。皆様の声援のおかげでフェニックスは二連覇という偉業を成し遂げることができた。優勝したのはフェニックスAであるが、この優勝は今大会参加することができなった部員も含め、54名全員・また多くのフェニックスサポーター皆の力で勝ち得たものであると確信している。
 今大会では各校のタグに対する真剣な取り組みを痛感した大会となった。参加チームが倍増したことももちろんであるが、各チームのレベルの向上ぶりには目を見張るものがあった。どのチームも「打倒白小」で望んできた。全国6位入賞したのは先輩達ではあるのだが、「フェニックス」という看板がある以上、他校は全国出場チームという目で選手達を見てくる。これはフェニックスの子ども達には相当なプレッシャーがかかったと思う。追われる立場はつらい、これが実感である。しかし、子ども達はその大きなプレッシャーの中で、フェニックスの看板を背負い、実に堂々と戦い抜いた。今大会を通じてどの子も皆、誇り高きフェニックスの選手として成長した。コーチ陣一同、喜びで一杯である。
 しかしこの大会で100%満足である、という子どもは一人もいないはずだ。今大会、どの選手にもさらなるレベルアップのための新たな課題がでてきたからだ。12月1日のサントリーカップに向けてこれからの練習で、個々の課題を解決していかなくてはならない。喜びに浸るのはまだ早い。フェニックスは更に高き頂を目指して前進を続ける。 

フォーリスカップを終えて

 本日、11月3日。府中市陸上競技場にて第2回フォーリスカップが開催された。本校からも6チームがエントリーし、各校と熱戦を繰り広げた。まずは今大会にご尽力頂いた、協賛の株式会社フォルマ、ラグビー協会、市内の先生方、アナウンスや連絡係を担当してくれた中学生、応援や荷物の搬送などをして頂いた保護者の皆様に心より感謝したい。皆様の声援のおかげでフェニックスは二連覇という偉業を成し遂げることができた。優勝したのはフェニックスAであるが、この優勝は今大会参加することができなった部員も含め、54名全員・また多くのフェニックスサポーター皆の力で勝ち得たものであると確信している。
 今大会では各校のタグに対する真剣な取り組みを痛感した大会となった。参加チームが倍増したことももちろんであるが、各チームのレベルの向上ぶりには目を見張るものがあった。どのチームも「打倒白小」で望んできた。全国6位入賞したのは先輩達ではあるのだが、「フェニックス」という看板がある以上、他校は全国出場チームという目で選手達を見てくる。これはフェニックスの子ども達には相当なプレッシャーがかかったと思う。追われる立場はつらい、これが実感である。しかし、子ども達はその大きなプレッシャーの中で、フェニックスの看板を背負い、実に堂々と戦い抜いた。今大会を通じてどの子も皆、誇り高きフェニックスの選手として成長した。コーチ陣一同、喜びで一杯である。
 しかしこの大会で100%満足である、という子どもは一人もいないはずだ。今大会、どの選手にもさらなるレベルアップのための新たな課題がでてきたからだ。12月1日のサントリーカップに向けてこれからの練習で、個々の課題を解決していかなくてはならない。喜びに浸るのはまだ早い。フェニックスは更に高き頂を目指して前進を続ける。 
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク