FC2ブログ

白糸交流

うだるような暑さだった7月28日。
今日は白糸台小学校との練習試合だった。
はるばる七国まで来てくれた白小の皆さん、本当にありがとう。
いつもサポートしてくれる保護者の皆さん、本当にありがとうございます。
手厚い安全対策で無事に交流を終えることができた。

5−1−5分
【スピリッツ】
○3−2 白小フェニックスアルティメット
○3−1
○4−0

7分
【侍スピリッツ】
△2−2 白小フェニックスB
●1−2 
△1−1

【ミニリッツ】
○5−0 白小フェニックスC
○2−1
○3−1

3分半
【七国D】
●0−1 白小フェニックスD
●0−1
○1−0

【七国E】
●0−3 白小フェニックスD


TOKYO CUP準優勝、ヨコハマカップベスト8と常に安定した成績を残している白小。
七国スピリッツもTOKYO CUPでは準決勝で3−6と大敗している。

それ以来の対戦となったわけだが、やはり強い。
白小の強さは伝統的な守備力にある。
だからどんなチームとやっても、必ず最少失点でもっていける。
更に今年はこの守備にスピードある攻撃が加わっている。
タテに入ってくるスピードは私は関東NO1と分析する。

東日本大会に向けて、そんな関東を代表する強豪チームと練習試合ができたのは大きな財産となった。
練習でやっていることを試すことができたのもありがたかった。

あと、もうひとつ。
初めて白小と混合チームでゲームを行った。
お互いチームカラーの異なる選手同士。
この混合ゲームは一度見てみたかった。

今回は良さというより高学年のリード不足や低学年の人任せ感が全面に出た。
しかしこれも大切なこと。
つまりこの両団体は皆をリードしていける高学年の人数が少ないということ、また日頃、人任せなプレーをしている選手がいるということが分かったからだ。

今後の練習でその部分をクリアしていき、次の交流では良さが全面に出ればよい。
次の交流も楽しみだ。










スポンサーサイト



歴史が動いた日

 2年前の神奈川県タグラグビー大会。西東京3位という実績をもって大会に挑戦したフェニックスであったが、神奈川県とのレベルの差を痛感させられる結果となった。その後フェニックスは実力を付け東京大会や全国では他のチームと互角以上に戦えるようになった。しかしどうしても神奈川大会では同じような戦績を残すことができなかった。それだけ神奈川のレベルは高かったのである。
 しかし1月26日に開催された神奈川県大会で、プレートトーナメントではあるが、東京都として、フェニックスとして初のタイトルを獲得することができた。また参加したフェニックス5つのチーム全てが神奈川強豪チームと互角に戦えるまで成長した。創部から3年、我々はついに神奈川県に追いついた。ここまでの道のりを振り返ると本当に感慨深いものがる。フェニックスの歴史にまた新たな1ページが記された。
 もう一つ同じ日、同じグランドで歴史が動いた。第4回サントリーカップ南関東代表決定戦決勝。全国四連覇を目指す釜利谷クラブと座間タグラグビークラブとの対戦はタグラグビー史上に残る魂と魂とがぶつかり合う名勝負となった。「コンタクトプレーを排したタグラグビーの信念」を忠実に演出していく名レフリーに導かれ、一瞬でも目をそらすことのできない濃密な14分間の戦いの結果は座間タグラグビークラブ「ざまモンキーズ」が1点差で勝利。初の南関東代表に輝いた。こんな素晴らしい試合を見せてくれた両チームに心より感謝したい。3月の全国大会で我々フェニックスは彼等と戦うことになる。見ている者を感動させるような試合をフェニックスも全国のタグラガー達にお見せしたい。
 
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク