9/1合同練習試合参加チーム決定

次年度から本格的にスタートさせる関東交流会の試験的な取り組みとして企画した合同練習試合。
金曜日にエントリーを締め切った。
参加チームは下記の通り。

Aコート

七国
茅ヶ崎
白糸
いずみの森
府中Jr
小柳
豊岡
南白
浦安

Bコート

七国B
七国C
白糸B
白糸C
いずみの森B
いずみの森C
小柳B
小柳C
豊岡B
南白B
南白C
府中JrB
浦安B

Cコート

七国D
七国E
茅ヶ崎B
茅ヶ崎C
白糸D
白糸E
いずみの森D
いずみの森E
小柳D
小柳E
豊岡C
南白D


参加チーム数34。
ちょとした大会ができる規模になった。

でも今回は交流会。
イメージはコート内総当たり戦。
と、いっても午後から来るチームがあったり、同じコートに同団体がいたりするので必ずしも総当たりとはならないが、それでもAコート33試合、Bコート40試合、Cコート27試合、合計100試合が1日で行われる。

大会となると、「このチームとやりたかったのになぁ。できなかったよ。」ということがしばしばある。
でも、この交流会ではほぼすべての団体と試合ができる。
これは大きなメリット。
さらに東京都ラグビーフットボール協会からN村さんが、浦安からHさんTさんが専属レフリーとして本交流会をバックアップしてくれる。
感謝の気持ちでいっぱいだ。

次年度事業計画として2学期は毎月頭に関東交流会を行う。
もし、この試験的交流会が好評であれば本年度も10月、11月と同じように交流会を設定できればと考えている。
次は青葉西も参加したいといってくれているので是非ともやりたいところだ。


さて話は変わって東日本大会関連。
ラグビーマガジン8/25号に試合結果と記事が掲載されている。
ラグマガ関係者の皆様、本当にありがとうございました。
それと9/1の交流会で大会DVDを配布する。
レッカルSさん、七国Kの渾身の1枚を受け取ってほしい。

フォーリスカップ詳細決定

 第3回フォーリスカップに向け現在参加希望チームを募っている。現在15チーム程といったところだが、最終的には40〜50チーム位の参加になるであろうと見込んでいる。11月3日、府中市陸上競技場で今年もまた熱い戦いが繰り広げられることとなる。第1回大会から協会と学校とのパイプ役で多少、運営に携わってきた我々としてはこのフォーリスカップが府中に定着してきたことをうれしく思う。
 40〜50チーム位となると今年も予選リーグではなく、予選トーナメントを行った後、カップ・プレート・ボウル・シールドの各トーナメントに入るという方式をとることになるだろう。予選で白小同士が当たらぬよう、組み合わせが大切になってくる。10月26日(日)の抽選会では各チームのキャプテンの引きの強さを願おう。
 さてフォーリスカップは公正を期すため幾つかの工夫をしている。その一つが公開での組み合わせ抽選会である。参加チームにとって組み合わせはかなり重要である。組み合わせを高校野球の様に公開抽選にすることで、「組み合わせはどうやって決めたのだろう」と思うことなく、大会に参加することができる。
 次の工夫が運営側、各チームの指導者が参加して大会のタイムスケジュールやルールについての確認を行う事前打ち合わせである。タグはまだ歴史の浅いスポーツである。協会の尽力によってかなりしっかりしたルールが確立したが、ラグビー経験のない教員が指導する場合、「ここはどうするのだろう?」「こんな時はどちらの反則なのだろう?」と悩む場面は多少ある。だから大会実施の数日前に事前打ち合わせを行い、皆で話し合いこれらの疑問を解決するのである。時間があるから子どもたちにも指導ができる。運営側と指導者側がコミュニケーションをとる機会を多くすることでスムーズな大会が運営できるのではないかというのがフォーリスカップの考えである。小さいことではあるが、この小さな工夫と努力が、子どもたちが元気よく、思い切りタグを楽しむことができるために大切なことなのである。
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク