サントリーカップを終えて

 本日12月6日八王子上柚木陸上競技場にて第5回サントリーカップ多摩地区大会が行われた。今大会は過去最高36チームが代表枠2つをかけて熱い戦いを繰り広げた。フェニックスからもフォーリスカップ同様、6チームがエントリー。思い切り戦った。結果は本町田東小が優勝、若葉台小が準優勝となり、多摩地区大会の代表となった。今まで共に戦ってきた仲間である。心からおめでとうと言いたい。久原小、慶應とタグラグビー史上に残るような名勝負を演じてほしい。頑張れ!みんな。
 話をフェニックスにうつす。4月から今まで選手たちは本当によく頑張った。正直、眠い日も体調の悪い日もあったのに朝早くからグランドに出るのは厳しいものがあったと思う。しかし志を高く掲げ、自分に厳しく努力し続けた選手たちを本当に誇りに思う。勝負は時の運、これだけ頑張ってきたのだから結果に対し素直に受け入れ相手健闘を称えることもできるはずだ。
 四代目フェニックスは三年間タグラグを経験した初めての世代である。4年生のあの可愛かった頃を思い起こすと本当にたくましく成長した。偉大な先輩たちが作ったフェニックスの看板の重みと戦いながら、一つ一つ着実にステップアップしていく四代目の姿はとても頼もしかった。私にとってあの子たちは日本一である。本当にありがとう。出会えたことを心から感謝している。またフェニックスを支えてくれた保護者の皆様には言葉では表現できない程の感謝の気持ちで一杯である。教員だけの力ではフェニックスはここまで大きくならなかった。保護者の皆様のサポートがあったからこそ、選手も教員も思う存分タグに取り組むことができたのである。この感謝の気持ちは本当にどう表現すればよいか分からない。ただただありがとうございました。
 しかし、四代目フェニックスにはまだやるべき事が残っている。一つは最後の大会となる横浜カップを思い切り楽しむこと。二つめは東京代表となるチームを昨年度、若葉台がしてくれたように心から応援すること。三つめは自分たちが先輩から受け取ったフェニックスの偉大なバトンを五代目にしっかりと引き継ぐこと。君たちなら全て完璧にできるはずだ。期待している。ただ、しばらくはゆっくりと休んでほしい。お疲れ様、そしてありがとう。

サントリーカップを終えて

 本日12月6日八王子上柚木陸上競技場にて第5回サントリーカップ多摩地区大会が行われた。今大会は過去最高36チームが代表枠2つをかけて熱い戦いを繰り広げた。フェニックスからもフォーリスカップ同様、6チームがエントリー。思い切り戦った。結果は本町田東小が優勝、若葉台小が準優勝となり、多摩地区大会の代表となった。今まで共に戦ってきた仲間である。心からおめでとうと言いたい。久原小、慶應とタグラグビー史上に残るような名勝負を演じてほしい。頑張れ!みんな。
 話をフェニックスにうつす。4月から今まで選手たちは本当によく頑張った。正直、眠い日も体調の悪い日もあったのに朝早くからグランドに出るのは厳しいものがあったと思う。しかし志を高く掲げ、自分に厳しく努力し続けた選手たちを本当に誇りに思う。勝負は時の運、これだけ頑張ってきたのだから結果に対し素直に受け入れ相手健闘を称えることもできるはずだ。
 四代目フェニックスは三年間タグラグを経験した初めての世代である。4年生のあの可愛かった頃を思い起こすと本当にたくましく成長した。偉大な先輩たちが作ったフェニックスの看板の重みと戦いながら、一つ一つ着実にステップアップしていく四代目の姿はとても頼もしかった。私にとってあの子たちは日本一である。本当にありがとう。出会えたことを心から感謝している。またフェニックスを支えてくれた保護者の皆様には言葉では表現できない程の感謝の気持ちで一杯である。教員だけの力ではフェニックスはここまで大きくならなかった。保護者の皆様のサポートがあったからこそ、選手も教員も思う存分タグに取り組むことができたのである。この感謝の気持ちは本当にどう表現すればよいか分からない。ただただありがとうございました。
 しかし、四代目フェニックスにはまだやるべき事が残っている。一つは最後の大会となる横浜カップを思い切り楽しむこと。二つめは東京代表となるチームを昨年度、若葉台がしてくれたように心から応援すること。三つめは自分たちが先輩から受け取ったフェニックスの偉大なバトンを五代目にしっかりと引き継ぐこと。君たちなら全て完璧にできるはずだ。期待している。ただ、しばらくはゆっくりと休んでほしい。お疲れ様、そしてありがとう。
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク