FC2ブログ

9月関東交流大会

「K田は雨男」

関東タグラグビー界にはこんな都市伝説がある。

得てして都市伝説は噂の類いのものが多いのだが、科学的根拠がなくてもの発生確率が高ければ不思議と噂は真実味を帯びてくる。

昨日の天気予報で土曜の東京地方の天気は「晴れ」

本日朝6時半、私の元に、
「Kさん、府中土砂降りっす。」
と、いうメールが届いた。

八王子の私のところは快晴。

「何、嘘を。」

と、ネットで雨雲レーダーを見ると多摩地域が真っ赤っか。

ただ大きな雨雲ではなかったのでグランド不良ではあったが、予定通り実施する。


数試合消化したところで、
「Kさん、向こう雲が真っ黒です」
「あの雲、こっち来てます。」
「Kさん、雷が。」

これはまずいと判断し、全員橋下へ避難。
ほぼ同時に突風と豪雨。

生まれて初めてゲリラ豪雨のど真ん中を経験した。

当然のことながら安全面を配慮し、途中で交流会は終了。

「いや〜Kさんのせいじゃないですよ」

「Kさん、気にしなくていいですよ」

と、皆半笑いで告げる姿が決してそうは思っていないことを如実に物語っていた。

一個人が雨をましてや嵐を呼べるわけはないのだが一応言っておこう。

「ごめんなさい。」

こんな状況で書くのも何だが、来月も予定しているのでもう一回、是非来てね。
そうそう、待ってるよ、青葉西。


Aコート

府中Jr3−3豊岡
七国8−0いずみの森
茅ヶ崎3−1南白
白小3−2浦安
府中Jr3−1七国
豊岡2−1いずみの森
浦安4−2南白
茅ヶ崎2−0白小
府中Jr7−1いずみの森


Bコート

七国B1−0白小B
七国C3−1白小C
いずみの森B1−0豊岡B
南白B2−0府中JrB
七国B2−0府中JrB
七国C7−0いずみの森C
白小B2−2浦安B
南白B3−1豊岡B
七国B4−0いずみの森B
白小B2−1府中JrB
南白C2−2浦安B
七国B1−1南白B
白小B3−1豊岡B


Cコート

いずみの森D2−1豊岡C
白小E5−4茅ヶ崎C
七国D4−3白小D
七国E4−1いずみの森E
茅ヶ崎B1−1浦安C
七国D3−2豊岡C
白小D2−1いずみの森D
南白D2−1茅ヶ崎C
浦安C2−0豊岡C
白小E3−0七国E
七国D5−3茅ヶ崎B
白小D4−1豊岡C
茅ヶ崎C4−3七国E


本当は100試合分アップする予定だったのだが、致し方ない。
来月の楽しみにしていてほしい。

最後に本日は迅速・的確な判断で安全に選手を避難させいただいたレフリー・コーチ・保護者の皆様、本当にありがとうございました。
皆様の支えがあって選手達はいつも安全に楽しく、真剣にタグラグビーを楽しむことができています。
心から感謝いたします。


























スポンサーサイト



多摩市タグラグビーフェスティバル

 1学期もそろそろ後半戦。タグ関連の催しも多くなる時期である。
 そのうちの一つが、6月20日(土)多摩市で開催される、「タグラグビーフェスティバル」である。多摩市立青陵中学校グランドを会場にして、多摩市の子どもたちにタグラグビーに触れ、親しんでもらおうというものである。タグラグビーとはどんなスポーツかを紹介するという意味で、当日はいくつかのチームにタグラグビーのデモンストレーションを行ってもらおうと考えている。
 ここからが初の企画であるが、タグを経験している子どもと、初体験の子どもを学校関係なしにして、その場でチームを結成し、交流戦を行おうと考えている。こうすることによって初体験の子どもも、経験組の中に混じり、タグをより楽しむことができる。また、経験組の子どもたちにとっては新しい仲間と触れあえる絶好の機会となる。ここで知り合った子どもたちは年末のサントリーカップまでずっと一緒に戦っていくライバルとなるのだから。
 とにかく当日は、多くの子どもたちにタグを通じて体を動かすことの楽しさを思い切り味わってほしいと考えている。多摩市の子どもたち、待ってるぞ。
 
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク