結成を半年を終えて

 早いもので今年もあと1日。スピリッツを結成して半年が過ぎようとしている。
前任チームでの経験が生かせたところ、また初めて経験させてもらったこと色々である。ただ、保護者の分厚いサポートと子ども達の頑張りでなんとかここまで来ることができた。改めて心から感謝である。
 今までの経験が生かせたところは、ある程度のノウハウを前任チームで勉強させてもらったので短期間の間にチーム立ち上げから、そこそこの実力をもったチームに成長させることができた。
 一方、初めての経験というか考えさせられることも多々あった。
 「スポーツをバリバリやっている身体能力の高い男子チームにボール運動経験のほとんどない子どもたちがいかにして戦うか」この点については本当に考えさせられた、というか今でもずっと考え続けていることである。
 幸いなことに前任チームは部員数も多く、地域的な実態からボール運動経験のある、身体能力の高い子が多くいる地域であった。だから皆をあっと言わせるようなパスやステップなど、こちらが指導しなくてもやってのける子が多かった。またそんな集団なので、ノックオンをするなとか、よく相手を見てパスをしなさいとか言わなくても練習の中でできるようになってしまう。その中で組むAチームは当然のことながら強い。私の仕事はチームとしての方向性を示してそれを理解・実践させることが主であった。府中には他にも身体能力に優れる子が多くいるチームもいたが、そこはチームとしての習熟度の高さで跳ね返すことができた。身体能力が変わらない場合、勝敗を決するのはチーム力だからである。
 ところがスピリッツはそうではない。ボール運動経験のない子がほとんどの6年生に5年生が1人。後は4年生。ボールは落とす、タグは取れない。前任チームではAどころかBも難しい子達がバリバリのチームの戦う。まともにぶつかって勝てるはずがない。現に同じ土俵で戦ったらものの見事に跳ね返された。しかし汐入・釜利谷や北勢門は女子主体のチームで日本一になっている。つまり七国もやり方次第では身体能力バリバリのチームにも勝てるようになる。そのやり方を考え抜いた6ヶ月であった。一から勉強をし直した。今まではできて当然のプレーの分析。取れて当然のタグの取り方の分析、取れて当然のはずのボールキャッチの分析、パスの分析。修正しては伸び、修正しては伸びの繰り返し。生まれる自信とそれを打ちのめされる日々。勝つことがこんなに難しいものかと初めて気づかされた。
 しかしこんなにタグは楽しいのかと気づかされる日々であった。身体能力の高いチームが勝つのは当然。それに女子のいるチーム、学年の下のチームでも勝利することができるのがタグの素晴らしさ、楽しさである。ただその過程は大変である。だから楽しい。タグの醍醐味を子ども達と味わえている。汐入や北勢門、若葉台が実践していることを七国なりのやり方で実現すればよい。年が明ければそれを見せる場がすぐにやってくる。
 
 

結成を半年を終えて

 早いもので今年もあと1日。スピリッツを結成して半年が過ぎようとしている。
前任チームでの経験が生かせたところ、また初めて経験させてもらったこと色々である。ただ、保護者の分厚いサポートと子ども達の頑張りでなんとかここまで来ることができた。改めて心から感謝である。
 今までの経験が生かせたところは、ある程度のノウハウを前任チームで勉強させてもらったので短期間の間にチーム立ち上げから、そこそこの実力をもったチームに成長させることができた。
 一方、初めての経験というか考えさせられることも多々あった。
 「スポーツをバリバリやっている身体能力の高い男子チームにボール運動経験のほとんどない子どもたちがいかにして戦うか」この点については本当に考えさせられた、というか今でもずっと考え続けていることである。
 幸いなことに前任チームは部員数も多く、地域的な実態からボール運動経験のある、身体能力の高い子が多くいる地域であった。だから皆をあっと言わせるようなパスやステップなど、こちらが指導しなくてもやってのける子が多かった。またそんな集団なので、ノックオンをするなとか、よく相手を見てパスをしなさいとか言わなくても練習の中でできるようになってしまう。その中で組むAチームは当然のことながら強い。私の仕事はチームとしての方向性を示してそれを理解・実践させることが主であった。府中には他にも身体能力に優れる子が多くいるチームもいたが、そこはチームとしての習熟度の高さで跳ね返すことができた。身体能力が変わらない場合、勝敗を決するのはチーム力だからである。
 ところがスピリッツはそうではない。ボール運動経験のない子がほとんどの6年生に5年生が1人。後は4年生。ボールは落とす、タグは取れない。前任チームではAどころかBも難しい子達がバリバリのチームの戦う。まともにぶつかって勝てるはずがない。現に同じ土俵で戦ったらものの見事に跳ね返された。しかし汐入・釜利谷や北勢門は女子主体のチームで日本一になっている。つまり七国もやり方次第では身体能力バリバリのチームにも勝てるようになる。そのやり方を考え抜いた6ヶ月であった。一から勉強をし直した。今まではできて当然のプレーの分析。取れて当然のタグの取り方の分析、取れて当然のはずのボールキャッチの分析、パスの分析。修正しては伸び、修正しては伸びの繰り返し。生まれる自信とそれを打ちのめされる日々。勝つことがこんなに難しいものかと初めて気づかされた。
 しかしこんなにタグは楽しいのかと気づかされる日々であった。身体能力の高いチームが勝つのは当然。それに女子のいるチーム、学年の下のチームでも勝利することができるのがタグの素晴らしさ、楽しさである。ただその過程は大変である。だから楽しい。タグの醍醐味を子ども達と味わえている。汐入や北勢門、若葉台が実践していることを七国なりのやり方で実現すればよい。年が明ければそれを見せる場がすぐにやってくる。
 
 

久々の更新

 久々の更新である。いや、サボっていたわけではない。
スピリッツ掲示板にハマッていてついついこちらがおろそかになっていた。
 スピリッツの保護者のご厚意で、「ネット掲示板」なるものを作っていただいた(作ったのである。一体どうやって作ったのだろう。世の中にはすごい人がいるものである。)。
 これがまたすごいもので、スピリッツの練習予定はもちろんの事、練習試合などの出欠なんかもとれてしまう。また「タグ通信」もPDFファイルで貼り付けることができるので、紙ベースのように、渡し忘れたということがない。緊急連絡も書き込むことができるので、連絡網もこれがあれば必要ない。
 会員登録(勿論、無料)をしなければ(しかも七国地域しか登録できない)閲覧不可能なので、セキリュティも問題ない。現在、約7割の選手が登録しており、全員登録ができた地点で、タグ通信の紙ベース配布・連絡網は廃止しようと思っている。なので登録がまだのご家庭は是非、登録してほしい。やり方が分からなければ「HPにアドレスがあるので質問してほしい」とのことだ。
 クラブチーム化というのは本当にすごい。保護者コーチといい、今回のようにソフト面でのサポートといい、各方面から積極的なサポートを頂いている。
 学校の教育活動だと練習場所・時間・私費負担・保険など全てにおいて学校の承諾を得る必要があったり事務的な手続きがあったりなど、色々な面で制限があり、かつ学校が主体だから保護者も援助をしにくいケースもある。その点、地域クラブだと思い切った活動ができる(例えば国立のブレイディスローカップ前座出場や、平日のナイター練習のように)。
 また、私がクラブチーム化の最大のメリットと感じているのが、多摩地域のタグの基幹チームとなりうることである。学校関係なしにタグに興味をもった指導者や子どもがスピリッツを見学したり、土曜日など一緒に練習したりできる。スピリッツのノウハウを使って新たにタグチームを立ち上げるもよし、また、一緒に練習をして大会の時は単独校として出場するもよし。可能性は無限大である。まずはみなみ野地区、そして八王子。最終的には多摩地区の基幹チームになれればと考えている。とにかく来年は多摩地区大会8チームなんて事態の起こらないようにしたい。まずはT大学がコーチしている市内の2校にアプローチしてみようかな・・・

久々の更新

 久々の更新である。いや、サボっていたわけではない。
スピリッツ掲示板にハマッていてついついこちらがおろそかになっていた。
 スピリッツの保護者のご厚意で、「ネット掲示板」なるものを作っていただいた(作ったのである。一体どうやって作ったのだろう。世の中にはすごい人がいるものである。)。
 これがまたすごいもので、スピリッツの練習予定はもちろんの事、練習試合などの出欠なんかもとれてしまう。また「タグ通信」もPDFファイルで貼り付けることができるので、紙ベースのように、渡し忘れたということがない。緊急連絡も書き込むことができるので、連絡網もこれがあれば必要ない。
 会員登録(勿論、無料)をしなければ(しかも七国地域しか登録できない)閲覧不可能なので、セキリュティも問題ない。現在、約7割の選手が登録しており、全員登録ができた地点で、タグ通信の紙ベース配布・連絡網は廃止しようと思っている。なので登録がまだのご家庭は是非、登録してほしい。やり方が分からなければ「HPにアドレスがあるので質問してほしい」とのことだ。
 クラブチーム化というのは本当にすごい。保護者コーチといい、今回のようにソフト面でのサポートといい、各方面から積極的なサポートを頂いている。
 学校の教育活動だと練習場所・時間・私費負担・保険など全てにおいて学校の承諾を得る必要があったり事務的な手続きがあったりなど、色々な面で制限があり、かつ学校が主体だから保護者も援助をしにくいケースもある。その点、地域クラブだと思い切った活動ができる(例えば国立のブレイディスローカップ前座出場や、平日のナイター練習のように)。
 また、私がクラブチーム化の最大のメリットと感じているのが、多摩地域のタグの基幹チームとなりうることである。学校関係なしにタグに興味をもった指導者や子どもがスピリッツを見学したり、土曜日など一緒に練習したりできる。スピリッツのノウハウを使って新たにタグチームを立ち上げるもよし、また、一緒に練習をして大会の時は単独校として出場するもよし。可能性は無限大である。まずはみなみ野地区、そして八王子。最終的には多摩地区の基幹チームになれればと考えている。とにかく来年は多摩地区大会8チームなんて事態の起こらないようにしたい。まずはT大学がコーチしている市内の2校にアプローチしてみようかな・・・

多摩地区大会終了!


 この写真を撮ろうと、そしてブログにアップしようと、スピリッツ設立の時から決めていた。代表決定大会に進出するチームは1つ。だが、その1つだけの力で行けたわけではない。29人全員の5ヶ月の努力の結晶である。この時が来たら必ず皆でサントリーのバナーをメインに写真を撮ろうと決めていた。
 12月5日(土)午前中、気合いで雨の降りを押さえた多摩地区大会が終了した。結果は写真の通り、スピリッツは準優勝であるが、悲願の代表決定戦の切符を手に入れた。次の目標はあるが、ひとまずよく頑張ったとほめておきたい。少なくとも5ヶ月であれだけの成長ができたことは賞賛に値する。コーチの皆さん、保護者のみなさんにはこれまでの分厚いサポートに心から感謝したい。
 侍スピリッツも西東京RS相手に6−5と勝利することができた。これは大きな自信につながる。4年生チーム稲妻スピリッツは本町田東2チーム・永福タグいずれも高学年主体の相手に2勝1分けの予選1位と驚異の活躍を見せた。来年・再来年を考えると、相模原大会の結果と併せて周りに与えたプレッシャーは相当なものだっただろう。
 しかし、準優勝。上には上がいる。残り1ヶ月、経験校とのスキルの差を埋めるために必死の努力をしなければならない。もちろん、代表チームだけではなく、全員がである。少なくとも決勝戦のようにミスで自滅する形だけはやらないようにしたい。そのためには各自が練習以外の時に何をしなければならないか考える必要がある。要はこの1ヶ月は「タグ漬け」になれ。と、いうことである。
 最後に大会を企画運営してくださった東京都ラグビー協会の皆様、レフリーを担当してくださった府中の先生方、グランド設営タッチジャッジを担当してくださった拓殖大学ラグビー部の皆様。そして応援に来ていただいた若葉台I監督と選手の皆さん、白小フェニックスのコーチの皆さん、本当にありがとうございました。そして本町田東レッドスターズとS監督、熱い試合をありがとう!! 

多摩地区大会終了!


 この写真を撮ろうと、そしてブログにアップしようと、スピリッツ設立の時から決めていた。代表決定大会に進出するチームは1つ。だが、その1つだけの力で行けたわけではない。29人全員の5ヶ月の努力の結晶である。この時が来たら必ず皆でサントリーのバナーをメインに写真を撮ろうと決めていた。
 12月5日(土)午前中、気合いで雨の降りを押さえた多摩地区大会が終了した。結果は写真の通り、スピリッツは準優勝であるが、悲願の代表決定戦の切符を手に入れた。次の目標はあるが、ひとまずよく頑張ったとほめておきたい。少なくとも5ヶ月であれだけの成長ができたことは賞賛に値する。コーチの皆さん、保護者のみなさんにはこれまでの分厚いサポートに心から感謝したい。
 侍スピリッツも西東京RS相手に6−5と勝利することができた。これは大きな自信につながる。4年生チーム稲妻スピリッツは本町田東2チーム・永福タグいずれも高学年主体の相手に2勝1分けの予選1位と驚異の活躍を見せた。来年・再来年を考えると、相模原大会の結果と併せて周りに与えたプレッシャーは相当なものだっただろう。
 しかし、準優勝。上には上がいる。残り1ヶ月、経験校とのスキルの差を埋めるために必死の努力をしなければならない。もちろん、代表チームだけではなく、全員がである。少なくとも決勝戦のようにミスで自滅する形だけはやらないようにしたい。そのためには各自が練習以外の時に何をしなければならないか考える必要がある。要はこの1ヶ月は「タグ漬け」になれ。と、いうことである。
 最後に大会を企画運営してくださった東京都ラグビー協会の皆様、レフリーを担当してくださった府中の先生方、グランド設営タッチジャッジを担当してくださった拓殖大学ラグビー部の皆様。そして応援に来ていただいた若葉台I監督と選手の皆さん、白小フェニックスのコーチの皆さん、本当にありがとうございました。そして本町田東レッドスターズとS監督、熱い試合をありがとう!! 

昔話

今日は更新されるだろうとこのブログを覗いたあなた、ビンゴである。
 明日はスピリッツ最大の目標サントリーカップ多摩地区大会が行われる。本来ならその話をメインに書くところであるが、今日はちょっと昔話を。
 本町田東レッドスターズ。東京タグでは知らない人がいない超強豪校である。そのレッドスターズを率いるS監督。私と彼とは旧知の仲である。
 7年前、私が町田市に勤務していた頃の話である。
 当時体育部に所属していた私は、「タグの研究授業がやりたい」と挙手をした2年目の教員と出会った。それがS監督である。タグを知っていた私は、ひょんなことから彼の世話人として共にタグラグビーの研究授業を作ることになった。
 しかし、当時は今ほどタグは知られていなかった。「なぜ前に投げてはいけないの」「なぜボールを落としてはいけないの」「けっちゃだめなの」「そもそもなんでタグなの」etc・・・でるわでるわ、諸先輩方からのキツイご意見が。
 2年目の授業者と3年目の世話人、普通なら心が折れるところである。しかし、私たちは折れなかった。というか、貫き通した。いまでこそ年をとり、周りを見、なるべく人の意見を聞き入れながら穏やかに事を進めることができるようになった私だが、当時は暴れ牛のような性格であった。妥協など一切ない。今から思うと相当生意気で失礼千万な後輩であったと深く反省している。
 そんな2人が作った、「タグラグビー」の研究授業は大成功であった。体育が苦手だった女の子がボールを持って元気よく走る姿や、「タグ!」という大きな声がいたるところで聞かれた。見た人の多くが「タグっていいな」と、思ってもらえたと思う。後にも先にも人の授業でガッツポースをしたのはあの時だけである。
 その後、府中に移動した私は、白小フェニックスを設立。サントリーカップ多摩地区大会に参加した。会場である上柚木陸上競技場には本町田東レッドスターズとS監督がいた。彼を見たときのうれしさは今でもよく覚えている。翌年、白小フェニックスと本町田東レッドスターズは多摩地区大会決勝戦で激突、同点優勝となった。その後、両校は無二のライバルとして若葉台と共に東京タグの歴史を作っていくことになる。
 本町田東のS監督、若葉台のI監督、チームはライバルだが、当人達同士は戦友という意識が強い。一度も同じ学校で勤務したことはないのだが、同僚以上の深いつながりを感じている。この二人に会えて本当によかったと心から思っている。
 その若葉台は今年ブロックが分かれることになった。多摩地区・上柚木陸上競技場には本町田東レッドスターズとS監督、そして七国スピリッツと私が残った。その開幕戦、レッドスターズとスピリッツが戦うことになった。やはり私とS監督はなにか不思議な縁があるのだろう。
 そろそろ昔話は終わりにしよう。明日はスピリッツの魂を存分に見せてもらおう。タグを初めて5ヶ月。人は努力すればここまで成長するということをきっと選手は見せてくれるだろう。いざ、出陣!!

昔話

今日は更新されるだろうとこのブログを覗いたあなた、ビンゴである。
 明日はスピリッツ最大の目標サントリーカップ多摩地区大会が行われる。本来ならその話をメインに書くところであるが、今日はちょっと昔話を。
 本町田東レッドスターズ。東京タグでは知らない人がいない超強豪校である。そのレッドスターズを率いるS監督。私と彼とは旧知の仲である。
 7年前、私が町田市に勤務していた頃の話である。
 当時体育部に所属していた私は、「タグの研究授業がやりたい」と挙手をした2年目の教員と出会った。それがS監督である。タグを知っていた私は、ひょんなことから彼の世話人として共にタグラグビーの研究授業を作ることになった。
 しかし、当時は今ほどタグは知られていなかった。「なぜ前に投げてはいけないの」「なぜボールを落としてはいけないの」「けっちゃだめなの」「そもそもなんでタグなの」etc・・・でるわでるわ、諸先輩方からのキツイご意見が。
 2年目の授業者と3年目の世話人、普通なら心が折れるところである。しかし、私たちは折れなかった。というか、貫き通した。いまでこそ年をとり、周りを見、なるべく人の意見を聞き入れながら穏やかに事を進めることができるようになった私だが、当時は暴れ牛のような性格であった。妥協など一切ない。今から思うと相当生意気で失礼千万な後輩であったと深く反省している。
 そんな2人が作った、「タグラグビー」の研究授業は大成功であった。体育が苦手だった女の子がボールを持って元気よく走る姿や、「タグ!」という大きな声がいたるところで聞かれた。見た人の多くが「タグっていいな」と、思ってもらえたと思う。後にも先にも人の授業でガッツポースをしたのはあの時だけである。
 その後、府中に移動した私は、白小フェニックスを設立。サントリーカップ多摩地区大会に参加した。会場である上柚木陸上競技場には本町田東レッドスターズとS監督がいた。彼を見たときのうれしさは今でもよく覚えている。翌年、白小フェニックスと本町田東レッドスターズは多摩地区大会決勝戦で激突、同点優勝となった。その後、両校は無二のライバルとして若葉台と共に東京タグの歴史を作っていくことになる。
 本町田東のS監督、若葉台のI監督、チームはライバルだが、当人達同士は戦友という意識が強い。一度も同じ学校で勤務したことはないのだが、同僚以上の深いつながりを感じている。この二人に会えて本当によかったと心から思っている。
 その若葉台は今年ブロックが分かれることになった。多摩地区・上柚木陸上競技場には本町田東レッドスターズとS監督、そして七国スピリッツと私が残った。その開幕戦、レッドスターズとスピリッツが戦うことになった。やはり私とS監督はなにか不思議な縁があるのだろう。
 そろそろ昔話は終わりにしよう。明日はスピリッツの魂を存分に見せてもらおう。タグを初めて5ヶ月。人は努力すればここまで成長するということをきっと選手は見せてくれるだろう。いざ、出陣!!
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク