素晴らしいプレーに拍手

 2月27・28日、秩父宮ラグビー場でサントリーカップ決勝大会が行われた。
 27日だけスピリッツの部員を連れて見にいったが本当に感動するプレーの連続だった。
 まず、一番に感動したのが、接触プレーの減少。これが何よりもうれしい。厳しいデフェンスがなければ相手を止めることは不可能。しかしコースを消すことと当たりにいくことは別。後者のプレーがなかった事は「安全なタグラグビー」の未来を感じさせるものだった。それだけ勝負にこだわりつつも選手・指導者が紳士だったということだ。だからあれだけ感動的なプレーが数多く見られたのだ。16チーム全てに感謝。
 1062チームの頂点に立ったのは神奈川県代表汐入リトルベアーズ。1・2回大会を含めると3回目の日本一ということになる。サントリーカップも回数を重ねるにつれ、最終的には個力でトライをとるチームが増えてきたように感じている。裏を返せばそれだけデフェンスが成熟してきたということであろう。だから最終的な局面では1対1の強さがトライに直結することも理解できる。しかしそれに傾きすぎると「男女関係なく楽しめるタグラグビー」が「個力の優れた男の子」のスポーツになってしまわないか心配していた。そんな中、女の子と男の子が協力し、徹底したフォローフォローでスペースに飛び込みトライを重ねる汐入の姿は、まさに「ザ・タグラグビー」であったと言える。全国のタグラガーのお手本と言えるチームである。スピリッツの目指すべき目標である。
 とにかくこれで今シーズンのタグは終了した。タグに携わった選手・監督、そしてこのような素晴らしいフィールドを提供してくれた協会・サントリー関係者の皆様に心から感謝したい。来シーズンも熱いタグが全国各地で見られるよう、頑張ろう!

素晴らしいプレーに拍手

 2月27・28日、秩父宮ラグビー場でサントリーカップ決勝大会が行われた。
 27日だけスピリッツの部員を連れて見にいったが本当に感動するプレーの連続だった。
 まず、一番に感動したのが、接触プレーの減少。これが何よりもうれしい。厳しいデフェンスがなければ相手を止めることは不可能。しかしコースを消すことと当たりにいくことは別。後者のプレーがなかった事は「安全なタグラグビー」の未来を感じさせるものだった。それだけ勝負にこだわりつつも選手・指導者が紳士だったということだ。だからあれだけ感動的なプレーが数多く見られたのだ。16チーム全てに感謝。
 1062チームの頂点に立ったのは神奈川県代表汐入リトルベアーズ。1・2回大会を含めると3回目の日本一ということになる。サントリーカップも回数を重ねるにつれ、最終的には個力でトライをとるチームが増えてきたように感じている。裏を返せばそれだけデフェンスが成熟してきたということであろう。だから最終的な局面では1対1の強さがトライに直結することも理解できる。しかしそれに傾きすぎると「男女関係なく楽しめるタグラグビー」が「個力の優れた男の子」のスポーツになってしまわないか心配していた。そんな中、女の子と男の子が協力し、徹底したフォローフォローでスペースに飛び込みトライを重ねる汐入の姿は、まさに「ザ・タグラグビー」であったと言える。全国のタグラガーのお手本と言えるチームである。スピリッツの目指すべき目標である。
 とにかくこれで今シーズンのタグは終了した。タグに携わった選手・監督、そしてこのような素晴らしいフィールドを提供してくれた協会・サントリー関係者の皆様に心から感謝したい。来シーズンも熱いタグが全国各地で見られるよう、頑張ろう!

魂のぶつかりあい

動画
動画を見る動画
 2月21日(日)、多摩市立青陵中学校で、第3回多摩カップが開催された。
 卒業生リーグは延長サドンデスで汐入リトルベアーズが4−3で優勝、白小フェニックスイエローが準優勝となった。新人生リーグは白小フェニックスレッドが7−0で優勝、浦安ウイングスが準優勝となった。
 多くの6年生はこれが最後のタグの大会となった。思う存分楽しんでもらうことができただろうか。下級生は6年生の気持ちの入ったプレーを見て感じることはあっただろうか。
 特に全国に出場する汐入と白糸の決勝は本当に魂の入った素晴らしいゲームだった。3年間の想いが凝縮されたものだった。
 「上手くなりたい」「強くなりたい」それは皆が思うこと。その思いが強ければ自然と人は努力する。そうすれば上手くなる。最初からあんなプレーができるわけではない。その裏にはとてつもない努力がある。下級生はよい手本を見ることができた。
 七国もある程度気持ちの強さを見せることができた。6年生は次のステージでこの1年で学んだことを生かしてもらいたいと思っている。
 下級生は本当に強くなりたいのならもっと努力するべきである。課題である「声・勇気・仲間を信じる心」試合で見せることができただろうか。私は足りないと思っている。スピリッツは学校では学びづらいかもしれない、「心の強さ」を身につける場所である。タグでは本当に仲間を信じ、仲間のために自分を犠牲にしてトライをとらせるプレーが大切。恥ずかしかろうが大きな声を出して仲間に自分の場所を教えることが大切。常に仲間と声をかけあって気持ちを一つにすることが大切。そのためには今のような取り組み方では駄目である。練習に来たり来なかったり、自分勝手なプレーばかりしたり、同じミスを何度も繰り返したり。声を出しなさいと言われ続けても出さずにボールをもらいにいってノックオンをしたり、パスの出し手を困らせたり。相手を確認しないで適当なボールを投げたり。練習で課題を出されたら必ずその課題をクリアする。練習以外の場でも努力をする。汐入・白糸と同じステージに立ちたいのならそれ位の覚悟と努力が必要である。
 最後にこの多摩カップ。グランド作りからタッチジャッジ、フレンドリーマッチまで大活躍してくれた中学生の存在がなければ成功しなかっただろう。本当に感謝である。
*動画をアップしてみたが、向きが逆・・・訂正効かず・・・ごめん中学生・・・・

魂のぶつかりあい

動画
動画を見る動画
 2月21日(日)、多摩市立青陵中学校で、第3回多摩カップが開催された。
 卒業生リーグは延長サドンデスで汐入リトルベアーズが4−3で優勝、白小フェニックスイエローが準優勝となった。新人生リーグは白小フェニックスレッドが7−0で優勝、浦安ウイングスが準優勝となった。
 多くの6年生はこれが最後のタグの大会となった。思う存分楽しんでもらうことができただろうか。下級生は6年生の気持ちの入ったプレーを見て感じることはあっただろうか。
 特に全国に出場する汐入と白糸の決勝は本当に魂の入った素晴らしいゲームだった。3年間の想いが凝縮されたものだった。
 「上手くなりたい」「強くなりたい」それは皆が思うこと。その思いが強ければ自然と人は努力する。そうすれば上手くなる。最初からあんなプレーができるわけではない。その裏にはとてつもない努力がある。下級生はよい手本を見ることができた。
 七国もある程度気持ちの強さを見せることができた。6年生は次のステージでこの1年で学んだことを生かしてもらいたいと思っている。
 下級生は本当に強くなりたいのならもっと努力するべきである。課題である「声・勇気・仲間を信じる心」試合で見せることができただろうか。私は足りないと思っている。スピリッツは学校では学びづらいかもしれない、「心の強さ」を身につける場所である。タグでは本当に仲間を信じ、仲間のために自分を犠牲にしてトライをとらせるプレーが大切。恥ずかしかろうが大きな声を出して仲間に自分の場所を教えることが大切。常に仲間と声をかけあって気持ちを一つにすることが大切。そのためには今のような取り組み方では駄目である。練習に来たり来なかったり、自分勝手なプレーばかりしたり、同じミスを何度も繰り返したり。声を出しなさいと言われ続けても出さずにボールをもらいにいってノックオンをしたり、パスの出し手を困らせたり。相手を確認しないで適当なボールを投げたり。練習で課題を出されたら必ずその課題をクリアする。練習以外の場でも努力をする。汐入・白糸と同じステージに立ちたいのならそれ位の覚悟と努力が必要である。
 最後にこの多摩カップ。グランド作りからタッチジャッジ、フレンドリーマッチまで大活躍してくれた中学生の存在がなければ成功しなかっただろう。本当に感謝である。
*動画をアップしてみたが、向きが逆・・・訂正効かず・・・ごめん中学生・・・・

2/21多摩カップ卒業記念大会

 2月27・28日はサントリーカップ全国大会が開催される。今シーズン最後の大一番である。出場チームは頑張ってほしい。
 関東圏から出場する汐入・白糸をはじめ、千葉からは浦安、神奈川から豊岡、東京から久が原、南白糸、本町田東、若葉台、七国、西東京RSなどの強豪校が参加する多摩カップ卒業記念大会が2/21(日)多摩市立青陵中学校にて開催される。昨年度の府中招待の発展版と考えてもらえればよい。時期的に全国出場2チームの壮行試合的な要素もあるのだが。
 大会は卒業生リーグと新人生リーグに分かれて行われる。一見卒業生リーグに目がいきがちだが、来年を占うという意味では新人生リーグも相当熱い。昨年度もここで引き分け抽選と熱い戦いを演じた白糸・汐入がそのまま全国に行っている。多摩カップ新人生リーグを制することは来年の全国出場へ直結する。頑張ってもらいたい。
 卒業生リーグは、ほとんどの子供がこれが最後の大会となる。思う存分タグを楽しんでほしいと思っている。卒業前に最高の思い出を!!

2/21多摩カップ卒業記念大会

 2月27・28日はサントリーカップ全国大会が開催される。今シーズン最後の大一番である。出場チームは頑張ってほしい。
 関東圏から出場する汐入・白糸をはじめ、千葉からは浦安、神奈川から豊岡、東京から久が原、南白糸、本町田東、若葉台、七国、西東京RSなどの強豪校が参加する多摩カップ卒業記念大会が2/21(日)多摩市立青陵中学校にて開催される。昨年度の府中招待の発展版と考えてもらえればよい。時期的に全国出場2チームの壮行試合的な要素もあるのだが。
 大会は卒業生リーグと新人生リーグに分かれて行われる。一見卒業生リーグに目がいきがちだが、来年を占うという意味では新人生リーグも相当熱い。昨年度もここで引き分け抽選と熱い戦いを演じた白糸・汐入がそのまま全国に行っている。多摩カップ新人生リーグを制することは来年の全国出場へ直結する。頑張ってもらいたい。
 卒業生リーグは、ほとんどの子供がこれが最後の大会となる。思う存分タグを楽しんでほしいと思っている。卒業前に最高の思い出を!!
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク