FC2ブログ

祝!帝京大学優勝!!

 1/9今日は大学選手権大会決勝、タグ教室でお世話になった帝京大学が早稲田大学と激闘を繰り広げた。
 試合開始から帝京の激しいタックルとFWのプレッシャーでボールをキープする。前半ゴール前でペナルティを得たのにショットを選択せず、FW勝負するなど帝京の「こだわり」が見えた。早稲田も少ないチャンスを決定力のあるBKに素早く展開、トライをもぎ取る。結果は17−12。昨年同様、ラグビー史上に残る名勝負となった。
 スピリッツとしても嬉しい限り、今日活躍したLOの菅原選手は昨年2月の多摩カップに来てくれた。我々スピリッツが帝京タグ教室に参加させていただいたのも菅原選手の紹介があったからだ。またタグ教室で優しく教えてくれた選手も多くグランドで活躍した。自分達の事だけでなく、子供達のために頑張っていたあの姿勢が帝京を強くし日本一まで成長させたのだろう。吉田キャプテンは、「こんなに帝京ファンがいてくれて嬉しい」と言っていた。ファンが増えたのは帝京ラグビー部の日頃の行動も大きいのではないか。心身ともに間違いなくチャンピオンである。本当におめでとう。
 岩出監督はコメントで、「最高のタックルをありがとう!」と言っていた。強い気持ちが見えるのはやはりタックルなのである。タグラグビーで言えば、「タグ」となる。ディフェンスでこそ強い気持ちを見せるのだ。突っ込んでくる相手に対して怖がらずアップをし、低い姿勢でタグを取る。臆病な選手はアップができない、声が出ない、姿勢が高い、手を伸ばしてタグを取る。タグの取り方を見ればその選手の気持ちが見える。
 帝京大学は対抗戦で早稲田に負けている。大学選手権にピークを持ってきたとはいえ、それだけでは勝てない。やはり、日本一になるという強い気持ちが帝京にあったのだ。一度負けた相手に勝つには強い気持ちが必要である。今シーズン、私は子供達に常に高いレベルを要求してきた。「むりだよ」という子供もいる。そんなことは百も承知している。無理を実現できれば他のチームができない武器を身につけることになる。子供達には、無理なことをできるようになってほしい。それには相当な厳しさ、困難さがある。それを乗り越えて欲しい。帝京大学ラグビー部のように。

祝!帝京大学優勝!!

 1/9今日は大学選手権大会決勝、タグ教室でお世話になった帝京大学が早稲田大学と激闘を繰り広げた。
 試合開始から帝京の激しいタックルとFWのプレッシャーでボールをキープする。前半ゴール前でペナルティを得たのにショットを選択せず、FW勝負するなど帝京の「こだわり」が見えた。早稲田も少ないチャンスを決定力のあるBKに素早く展開、トライをもぎ取る。結果は17−12。昨年同様、ラグビー史上に残る名勝負となった。
 スピリッツとしても嬉しい限り、今日活躍したLOの菅原選手は昨年2月の多摩カップに来てくれた。我々スピリッツが帝京タグ教室に参加させていただいたのも菅原選手の紹介があったからだ。またタグ教室で優しく教えてくれた選手も多くグランドで活躍した。自分達の事だけでなく、子供達のために頑張っていたあの姿勢が帝京を強くし日本一まで成長させたのだろう。吉田キャプテンは、「こんなに帝京ファンがいてくれて嬉しい」と言っていた。ファンが増えたのは帝京ラグビー部の日頃の行動も大きいのではないか。心身ともに間違いなくチャンピオンである。本当におめでとう。
 岩出監督はコメントで、「最高のタックルをありがとう!」と言っていた。強い気持ちが見えるのはやはりタックルなのである。タグラグビーで言えば、「タグ」となる。ディフェンスでこそ強い気持ちを見せるのだ。突っ込んでくる相手に対して怖がらずアップをし、低い姿勢でタグを取る。臆病な選手はアップができない、声が出ない、姿勢が高い、手を伸ばしてタグを取る。タグの取り方を見ればその選手の気持ちが見える。
 帝京大学は対抗戦で早稲田に負けている。大学選手権にピークを持ってきたとはいえ、それだけでは勝てない。やはり、日本一になるという強い気持ちが帝京にあったのだ。一度負けた相手に勝つには強い気持ちが必要である。今シーズン、私は子供達に常に高いレベルを要求してきた。「むりだよ」という子供もいる。そんなことは百も承知している。無理を実現できれば他のチームができない武器を身につけることになる。子供達には、無理なことをできるようになってほしい。それには相当な厳しさ、困難さがある。それを乗り越えて欲しい。帝京大学ラグビー部のように。

汐入遠征

 12/28・30・そして本日1/5の3日間に渡って汐入主催の合同練習会に参加した。
 まずこの場を借りて汐入のS監督、そして汐入保護者、OB・OGに心から感謝したい。
 初日は全く適応できなかった七国の子供達であったが、皆勤賞の子供は最終日にはきちっりと対応できるようになった。高いレベルで切磋琢磨するということはこんなに大切なのかと感じさせられた遠征でもあった。正直、練習の厳しさについてこられず、参加者が徐々に減ってくるあたりが相変わらずの七国特有の心の弱さでがっかりだが、そこはこの練習を経験した同じチームメートがしっかり鍛え上げてやればよい。
 今回の七国のテーマは、「いかに仲間を助けてあげられることができるか」ということだった。これができた時は強豪相手にも勝利することができるが、自分勝手なプレー、自己満足なプレー、消極的なプレー、怠慢プレーは仲間を苦しめ結果、敗北に直結することをこの3日間で学ぶことができたと思う。
 頭では分かっていてもプレーで表現することができないのがタグの難しさ。しかし聞く耳を持ち、意識をして努力することが大切。練習をすれば必ずやれるようになる。信じて努力して欲しい。
 今日の試合では釜利谷に2−0、4−3、汐入に1−1、0−2と、神奈川を代表するトップチーム相手に互角の戦いができた(OB・OGにはコテンパンだったが)。この自信を更に確信にすることができるよう、残りの期間、必死で練習してほしい。東京1番手か?と言われれば、「イヤイヤ」となってしまうが、間違いなく激戦区東京ブロックの強豪校にまでは成長することができた。あと少し。本当にあと一歩。

汐入遠征

 12/28・30・そして本日1/5の3日間に渡って汐入主催の合同練習会に参加した。
 まずこの場を借りて汐入のS監督、そして汐入保護者、OB・OGに心から感謝したい。
 初日は全く適応できなかった七国の子供達であったが、皆勤賞の子供は最終日にはきちっりと対応できるようになった。高いレベルで切磋琢磨するということはこんなに大切なのかと感じさせられた遠征でもあった。正直、練習の厳しさについてこられず、参加者が徐々に減ってくるあたりが相変わらずの七国特有の心の弱さでがっかりだが、そこはこの練習を経験した同じチームメートがしっかり鍛え上げてやればよい。
 今回の七国のテーマは、「いかに仲間を助けてあげられることができるか」ということだった。これができた時は強豪相手にも勝利することができるが、自分勝手なプレー、自己満足なプレー、消極的なプレー、怠慢プレーは仲間を苦しめ結果、敗北に直結することをこの3日間で学ぶことができたと思う。
 頭では分かっていてもプレーで表現することができないのがタグの難しさ。しかし聞く耳を持ち、意識をして努力することが大切。練習をすれば必ずやれるようになる。信じて努力して欲しい。
 今日の試合では釜利谷に2−0、4−3、汐入に1−1、0−2と、神奈川を代表するトップチーム相手に互角の戦いができた(OB・OGにはコテンパンだったが)。この自信を更に確信にすることができるよう、残りの期間、必死で練習してほしい。東京1番手か?と言われれば、「イヤイヤ」となってしまうが、間違いなく激戦区東京ブロックの強豪校にまでは成長することができた。あと少し。本当にあと一歩。
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク