多摩市タグラグビーフェスティバル(多摩カップ春)

 6月18日(土)に開催される、多摩市タグラグビーフェスティバル(多摩カップ春)の実施要項が決まった。

 多摩カップは年に3回行われる。

 春の大会は、親睦交流をねらいとし、絆を深めて1年間の健闘を約束しあう。
 秋の大会は、SCを目前にひかえ、プレ大会的な意味をもつ。つまり最終調整の場である。
 冬の大会は、卒業生にとって最後の大会、新人生にとっては次シーズンに向けての力試しの場となる。

 今回のフェスティバルは、親睦交流がねらいである。したがってトーナメント表彰は行わない。
 午前中は団体(ひかり・茅ヶ崎・浦安・本町田東・西東京RS・七国)を16チーム程度にミックスにし、フレンドリーゲームを行う。
 
 お昼には大塚製薬から熱中症対策講座を行ってもらう。

 午後は代表者会議で決められた、習熟度に応じたグループでリーグ戦を行う。
 今回、学校公開で府中勢が軒並み参加できないが、それでも6団体も来る。総当たりはできないので、各グループ4チームずつ程度に分ける予定だ。
 トーナメントこそ行わないが、習熟度に応じたリーグということは、ひかり・茅ヶ崎・浦安・七国などの対決が見られるということである。
 ・・・ドリームマッチである。タグファンならこれらの試合は相当、興味があるはずだ。
 
 スピリッツにとっては、タグフェスタはヨコハマカップに向けた大切な交流試合の場となる。
 今年の目標、全チーム東京代表決定大会出場(・・・出場チームが4を超えた場合は、多摩地区4枠オール七国)に向けてメンバーには、一人一人が意識を高くもち、練習に取り組んで欲しいと思っている。学年やチームは関係ない。みんながモチベーションを高くもって努力することが大切だ。
 何事もそうだが、いつも楽しいことばかりではない。うまくいかない、上達しない。頑張っているのに・・・そんなことは当たり前。壁にぶち当たった時に、悩み考え、仲間と協力し、工夫し努力する。そして壁を乗り越える。人が強くたくましく生きていくための大切な力をタグラグビーを通じて学んでいるのである。人からレールをひいてもらうのではなく、自分の力で生きていく力を養っているのである。タグラガーは本当に幸せである。

多摩市タグラグビーフェスティバル(多摩カップ春)

 6月18日(土)に開催される、多摩市タグラグビーフェスティバル(多摩カップ春)の実施要項が決まった。

 多摩カップは年に3回行われる。

 春の大会は、親睦交流をねらいとし、絆を深めて1年間の健闘を約束しあう。
 秋の大会は、SCを目前にひかえ、プレ大会的な意味をもつ。つまり最終調整の場である。
 冬の大会は、卒業生にとって最後の大会、新人生にとっては次シーズンに向けての力試しの場となる。

 今回のフェスティバルは、親睦交流がねらいである。したがってトーナメント表彰は行わない。
 午前中は団体(ひかり・茅ヶ崎・浦安・本町田東・西東京RS・七国)を16チーム程度にミックスにし、フレンドリーゲームを行う。
 
 お昼には大塚製薬から熱中症対策講座を行ってもらう。

 午後は代表者会議で決められた、習熟度に応じたグループでリーグ戦を行う。
 今回、学校公開で府中勢が軒並み参加できないが、それでも6団体も来る。総当たりはできないので、各グループ4チームずつ程度に分ける予定だ。
 トーナメントこそ行わないが、習熟度に応じたリーグということは、ひかり・茅ヶ崎・浦安・七国などの対決が見られるということである。
 ・・・ドリームマッチである。タグファンならこれらの試合は相当、興味があるはずだ。
 
 スピリッツにとっては、タグフェスタはヨコハマカップに向けた大切な交流試合の場となる。
 今年の目標、全チーム東京代表決定大会出場(・・・出場チームが4を超えた場合は、多摩地区4枠オール七国)に向けてメンバーには、一人一人が意識を高くもち、練習に取り組んで欲しいと思っている。学年やチームは関係ない。みんながモチベーションを高くもって努力することが大切だ。
 何事もそうだが、いつも楽しいことばかりではない。うまくいかない、上達しない。頑張っているのに・・・そんなことは当たり前。壁にぶち当たった時に、悩み考え、仲間と協力し、工夫し努力する。そして壁を乗り越える。人が強くたくましく生きていくための大切な力をタグラグビーを通じて学んでいるのである。人からレールをひいてもらうのではなく、自分の力で生きていく力を養っているのである。タグラガーは本当に幸せである。

平成23年度のタグ大会

 4月末に神奈川県ラグビー協会タグ委員会から23年度のタグラグビー大会の予定(暫定版)が発表された。これで東京都の大会と組み合わせてスピリッツの年間大会参加予定を作ることができそうだ。

 まずは5月の七国交流大会。次は6月18日の多摩カップ春(オープン戦なので大会形式ではない)。で、1学期最大の目標となるヨコハマカップ(例年7月第1週日曜日)に参加を予定している。それ以外に部員80名と驚異的な団体となり、より効果的な練習方法を模索している白小フェニックスとの合同練習も不定期で予定されている。

 2学期は昨年度、台風で中止となった神奈川県タグラグビー大会(10月15日)に挑戦。スピリッツ初タイトルを獲得した相模原タグラグビー大会は神奈川タグの翌週となるので、コーチの方々と相談しようと思っている。11月は第2回七国交流大会(11月3日)。同日に府中フォーリスカップが開催されるが・・・・分かってるなタグソルジャー、こっちに来るんだぞ。もう参加チームでカウントしてるから。11月はもう一つ、多摩カップ秋(昨年度11月第2週土曜日)に参加する。この辺になるとSC地区予選に向けて各チーム仕上げの段階となっているのでかなり白熱した好ゲームが見られるのではないだろうか。多摩カップ秋はスピリッツにとって三連覇のかかる大切な大会。ここはSCと同じくらいの気持ちで挑む。

 12月3日はSC多摩地区大会。スピリッツ今年の目標の一つは、「全チーム東京ブロック決定大会出場」。この多摩地区大会が団体としての正念場となる。しかし毎年3地区大会(23区、武蔵野、多摩)で最少参加チーム数・・・・・・今年度は参加チームが30を超えることを願っている。できれば8で割れる32チーム・・24でもいい。ライバルは多ければ多いほど良い。ハードルは高ければ高いほど良い。

 1月はSC東京ブロック代表決定大会。例年辰巳ラグビー場で開催されているが今年はどこで開催されるのだろう。できれば東京都の真ん中がいい。
 1月21日には横浜スタジアムで神奈川県タグラグビー大会が行われる。コートは狭くなるが滅多に入ることのできない場所なので一度はスピリッツの子供達を連れて行ってあげたいと考えている。
 2月は多摩カップ卒業生・新人生大会(昨年度2月第2週)卒業生にとっては最後の大会、新人生にとっては次のシーズンを占う大切な大会。

 で、2月25日、26日はSC決勝大会が秩父宮で行われる。一昨年度白小、昨年度若葉台。東京ブロックが全国トップレベルであることを証明してくれている。東京はここ数年戦国時代。どこが出ててもおかしくない高いレベルでの凌ぎ合いが東京タグのレベルを引き上げた。幸せなことに七国スピリッツは、東京タグの強豪の一角と言ってもらえるようになった。他のチームをリスペクトしながら交流し、互いに高めあっていきたい。その中から出てくる東京ブロック代表チームはきっと素晴らしい戦いを見せてくれるはずだ。

 もちろん茅ヶ崎や汐入、浦安などの他県のチームとも交流を深めていきたい。すみません、また今年もお世話になります。

 もし他にも交流してくれる団体があったらどんどん連絡して欲しい(このブログのコメントに書いていただいても全然OK)。とにかく交流はタグの醍醐味。色々なチームと仲良くなりたい。

平成23年度のタグ大会

 4月末に神奈川県ラグビー協会タグ委員会から23年度のタグラグビー大会の予定(暫定版)が発表された。これで東京都の大会と組み合わせてスピリッツの年間大会参加予定を作ることができそうだ。

 まずは5月の七国交流大会。次は6月18日の多摩カップ春(オープン戦なので大会形式ではない)。で、1学期最大の目標となるヨコハマカップ(例年7月第1週日曜日)に参加を予定している。それ以外に部員80名と驚異的な団体となり、より効果的な練習方法を模索している白小フェニックスとの合同練習も不定期で予定されている。

 2学期は昨年度、台風で中止となった神奈川県タグラグビー大会(10月15日)に挑戦。スピリッツ初タイトルを獲得した相模原タグラグビー大会は神奈川タグの翌週となるので、コーチの方々と相談しようと思っている。11月は第2回七国交流大会(11月3日)。同日に府中フォーリスカップが開催されるが・・・・分かってるなタグソルジャー、こっちに来るんだぞ。もう参加チームでカウントしてるから。11月はもう一つ、多摩カップ秋(昨年度11月第2週土曜日)に参加する。この辺になるとSC地区予選に向けて各チーム仕上げの段階となっているのでかなり白熱した好ゲームが見られるのではないだろうか。多摩カップ秋はスピリッツにとって三連覇のかかる大切な大会。ここはSCと同じくらいの気持ちで挑む。

 12月3日はSC多摩地区大会。スピリッツ今年の目標の一つは、「全チーム東京ブロック決定大会出場」。この多摩地区大会が団体としての正念場となる。しかし毎年3地区大会(23区、武蔵野、多摩)で最少参加チーム数・・・・・・今年度は参加チームが30を超えることを願っている。できれば8で割れる32チーム・・24でもいい。ライバルは多ければ多いほど良い。ハードルは高ければ高いほど良い。

 1月はSC東京ブロック代表決定大会。例年辰巳ラグビー場で開催されているが今年はどこで開催されるのだろう。できれば東京都の真ん中がいい。
 1月21日には横浜スタジアムで神奈川県タグラグビー大会が行われる。コートは狭くなるが滅多に入ることのできない場所なので一度はスピリッツの子供達を連れて行ってあげたいと考えている。
 2月は多摩カップ卒業生・新人生大会(昨年度2月第2週)卒業生にとっては最後の大会、新人生にとっては次のシーズンを占う大切な大会。

 で、2月25日、26日はSC決勝大会が秩父宮で行われる。一昨年度白小、昨年度若葉台。東京ブロックが全国トップレベルであることを証明してくれている。東京はここ数年戦国時代。どこが出ててもおかしくない高いレベルでの凌ぎ合いが東京タグのレベルを引き上げた。幸せなことに七国スピリッツは、東京タグの強豪の一角と言ってもらえるようになった。他のチームをリスペクトしながら交流し、互いに高めあっていきたい。その中から出てくる東京ブロック代表チームはきっと素晴らしい戦いを見せてくれるはずだ。

 もちろん茅ヶ崎や汐入、浦安などの他県のチームとも交流を深めていきたい。すみません、また今年もお世話になります。

 もし他にも交流してくれる団体があったらどんどん連絡して欲しい(このブログのコメントに書いていただいても全然OK)。とにかく交流はタグの醍醐味。色々なチームと仲良くなりたい。

七国交流大会結果


 今年度初の大会であろう、七国交流大会が行われた。まずはこの大会を支えてくれた関係者の皆様に心からお礼を言いたい。このようなサポートがなければ子供達は思い切りタグを楽しむことができない。本当に感謝である。

 まずはとりあえず結果の速報から。

1プール

茅ヶ崎ブルーフェニックス 9− 1 白小フェニックスグリーン
茅ヶ崎ブルーフェニックス11− 0 ひかりきっずイエロー
茅ヶ崎ブルーフェニックス 4− 1 七国ミニリッツ
白小フェニックスグリーン 3− 2 ひかりきっずイエロー
白小フェニックスグリーン 0− 8 七国ミニリッツ
ひかりきっずイエロー   0− 8 七国ミニリッツ

1位 茅ヶ崎ブルーフェニックス
2位 七国ミニリッツ
3位 白小フェニックスグリーン
4位 ひかりっきずイエロー

2プール

白小フェニックスレッド 4− 0 七国稲妻スピリッツ
白小フェニックスレッド 2− 1 ひかりきっずブルー
白小フェニックスレッド 6− 0 白小フェニックスイエロー
七国稲妻スピリッツ   1− 6 ひかりきっずブルー
七国稲妻スピリッツ   3− 1 白小フェニックスイエロー
ひかりきっずブルー  10− 1 白小フェニックスイエロー

1位 白小フェニックスレッド
2位 ひかりきっずブルー
3位 七国稲妻スピリッツ
4位 白小フェニックスイエロー

3プール

ひかりきっずレッド  11− 0 七国疾風スピリッツ
ひかりきっずレッド   6− 2 七国侍スピリッツ
ひかりきっずレッド   9− 2 白小フェニックスブルー
七国疾風スピリッツ   0− 7 七国侍スピリッツ
七国疾風スピリッツ   0− 5 白小フェニックスブルー
七国侍スピリッツ    5− 0 白小フェニックスブルー

1位 ひかりきっずレッド  
2位 七国侍スピリッツ    
3位 白小フェニックスブルー
4位 七国疾風スピリッツ   

4プール

七国スピリッツ    13− 0 白小フェニックスブラック
七国スピリッツ     8− 1 茅ヶ崎ブルージェイズ
七国スピリッツ     9− 6 タグソルジャー
白小フェニックスブラック1− 9 茅ヶ崎ブルージェイズ
白小フェニックスブラック10−12タグソルジャー
茅ヶ崎ブルージェイズ  5−11 タグソルジャー

1位 七国スピリッツ
2位 タグソルジャー
3位 茅ヶ崎ブルージェイズ
4位 白小フェニックスブラック



決勝トーナメント
プレートの部

1回戦
七国稲妻スピリッツ    4− 1 七国疾風スピリッツ
茅ヶ崎ブルージェイズ   1− 1 ひかりきっずイエロー
           (抽選でひかり)
白小フェニックスグリーン 7− 2 白小フェニックスイエロー
白小フェニックスブルー  5− 1 白小フェニックスブラック

準決勝
七国稲妻スピリッツ    0− 3 ひかりきっずイエロー
白小フェニックスグリーン 3− 2 白小フェニックスブルー

決勝
ひかりきっずイエロー   2− 1 白小フェニックスグリーン



カップの部

1回戦
    七国スピリッツ  9− 0 七国侍スピリッツ
白小フェニックスレッド  6− 8 タグソルジャー
  ひかりきっずレッド  5− 0 七国ミニリッツ
茅ヶ崎ブルーフェニックス 7− 1 ひかりきっずブルー

準決勝
    七国スピリッツ  7− 6 タグソルジャー
  ひかりきっずレッド  0− 3 茅ヶ崎ブルーフェニックス

決勝
    七国スピリッツ  7− 1 茅ヶ崎ブルーフェニックス



カップ
優勝  七国スピリッツ
準優勝 茅ヶ崎ブルーフェニックス
3位  ひかりきっずレッド  
    タグソルジャー

プレート
優勝  ひかりきっずイエロー
準優勝 白小フェニックスグリーン
3位  七国稲妻スピリッツ
    白小フェニックスブルー

 数多くの熱戦、名勝負を見せてくれた選手と、指導してくれている全ての関係者に感謝!!!
 2回大会は11月3日。また七国グランドで会いましょう!!


          

七国交流大会結果


 今年度初の大会であろう、七国交流大会が行われた。まずはこの大会を支えてくれた関係者の皆様に心からお礼を言いたい。このようなサポートがなければ子供達は思い切りタグを楽しむことができない。本当に感謝である。

 まずはとりあえず結果の速報から。

1プール

茅ヶ崎ブルーフェニックス 9− 1 白小フェニックスグリーン
茅ヶ崎ブルーフェニックス11− 0 ひかりきっずイエロー
茅ヶ崎ブルーフェニックス 4− 1 七国ミニリッツ
白小フェニックスグリーン 3− 2 ひかりきっずイエロー
白小フェニックスグリーン 0− 8 七国ミニリッツ
ひかりきっずイエロー   0− 8 七国ミニリッツ

1位 茅ヶ崎ブルーフェニックス
2位 七国ミニリッツ
3位 白小フェニックスグリーン
4位 ひかりっきずイエロー

2プール

白小フェニックスレッド 4− 0 七国稲妻スピリッツ
白小フェニックスレッド 2− 1 ひかりきっずブルー
白小フェニックスレッド 6− 0 白小フェニックスイエロー
七国稲妻スピリッツ   1− 6 ひかりきっずブルー
七国稲妻スピリッツ   3− 1 白小フェニックスイエロー
ひかりきっずブルー  10− 1 白小フェニックスイエロー

1位 白小フェニックスレッド
2位 ひかりきっずブルー
3位 七国稲妻スピリッツ
4位 白小フェニックスイエロー

3プール

ひかりきっずレッド  11− 0 七国疾風スピリッツ
ひかりきっずレッド   6− 2 七国侍スピリッツ
ひかりきっずレッド   9− 2 白小フェニックスブルー
七国疾風スピリッツ   0− 7 七国侍スピリッツ
七国疾風スピリッツ   0− 5 白小フェニックスブルー
七国侍スピリッツ    5− 0 白小フェニックスブルー

1位 ひかりきっずレッド  
2位 七国侍スピリッツ    
3位 白小フェニックスブルー
4位 七国疾風スピリッツ   

4プール

七国スピリッツ    13− 0 白小フェニックスブラック
七国スピリッツ     8− 1 茅ヶ崎ブルージェイズ
七国スピリッツ     9− 6 タグソルジャー
白小フェニックスブラック1− 9 茅ヶ崎ブルージェイズ
白小フェニックスブラック10−12タグソルジャー
茅ヶ崎ブルージェイズ  5−11 タグソルジャー

1位 七国スピリッツ
2位 タグソルジャー
3位 茅ヶ崎ブルージェイズ
4位 白小フェニックスブラック



決勝トーナメント
プレートの部

1回戦
七国稲妻スピリッツ    4− 1 七国疾風スピリッツ
茅ヶ崎ブルージェイズ   1− 1 ひかりきっずイエロー
           (抽選でひかり)
白小フェニックスグリーン 7− 2 白小フェニックスイエロー
白小フェニックスブルー  5− 1 白小フェニックスブラック

準決勝
七国稲妻スピリッツ    0− 3 ひかりきっずイエロー
白小フェニックスグリーン 3− 2 白小フェニックスブルー

決勝
ひかりきっずイエロー   2− 1 白小フェニックスグリーン



カップの部

1回戦
    七国スピリッツ  9− 0 七国侍スピリッツ
白小フェニックスレッド  6− 8 タグソルジャー
  ひかりきっずレッド  5− 0 七国ミニリッツ
茅ヶ崎ブルーフェニックス 7− 1 ひかりきっずブルー

準決勝
    七国スピリッツ  7− 6 タグソルジャー
  ひかりきっずレッド  0− 3 茅ヶ崎ブルーフェニックス

決勝
    七国スピリッツ  7− 1 茅ヶ崎ブルーフェニックス



カップ
優勝  七国スピリッツ
準優勝 茅ヶ崎ブルーフェニックス
3位  ひかりきっずレッド  
    タグソルジャー

プレート
優勝  ひかりきっずイエロー
準優勝 白小フェニックスグリーン
3位  七国稲妻スピリッツ
    白小フェニックスブルー

 数多くの熱戦、名勝負を見せてくれた選手と、指導してくれている全ての関係者に感謝!!!
 2回大会は11月3日。また七国グランドで会いましょう!!


          

明日は七国交流大会

 明日、5月5日は七国交流大会。
 3月の年度末時、大会の予定は立ててみたが正直、厳しいかもしれないと思っていた。
 3月末〜4月当初、全ての行事が自粛ムード。練習を再開するのには本当に勇気が必要だった。どのスポーツ団体も早く再開したい、しかし周囲は・・・。そう考えると、なかなか一歩が踏み出せない。そんな時、支えてくれたのが春に交流をもったひかりと白糸だった。一人の指導者では怖くて踏み出せない一歩も東京タグとして皆でなら踏み出せた。
 今年の七国スピリッツは「恩返し」のシーズン。この交流大会はその一つの形である。タグを再開できた喜びを、また皆と交流ができる喜びを味わってほしいと考えている。
 次年度以降もGWにこの七国交流大会を実施しようと考えている。これまで関東のタグラグビーチームは7月第1週日曜日に行われる、ヨコハマカップを1学期最大の目標として活動してきた。2年前から東京タグでは、このヨコハマカップの1ヶ月前の6月中旬にタグラグビーフェスティバル(春の多摩カップ)を開催することとした。帝京タグ教室と同じやり方で、午前は団体混合でチームを作り、リーグ戦を行い、午後は習熟度に応じたリーグを編成、団体対抗戦を行うというものだ。
 GWに七国交流大会が定着すれば、5月七国交流大会、6月多摩カップ、7月ヨコハマカップという流れができる。これは関東のタグラガーにとって歓迎される環境となるだろう。七国交流大会は小学校の校庭でやるので、さすがにオープン大会とはいかないが、これからはもっと多くの団体を招待したい。
 あと、「タグ未開の地・八王子」で大会があれば、多くの八王子の子供や保護者がタグを見るきっかけにもなるだろう。東の23区、武蔵野の府中市、そして八王子が多摩の軸となっていきたい。とにかく明日。子供達の元気なプレーを期待したい。

明日は七国交流大会

 明日、5月5日は七国交流大会。
 3月の年度末時、大会の予定は立ててみたが正直、厳しいかもしれないと思っていた。
 3月末〜4月当初、全ての行事が自粛ムード。練習を再開するのには本当に勇気が必要だった。どのスポーツ団体も早く再開したい、しかし周囲は・・・。そう考えると、なかなか一歩が踏み出せない。そんな時、支えてくれたのが春に交流をもったひかりと白糸だった。一人の指導者では怖くて踏み出せない一歩も東京タグとして皆でなら踏み出せた。
 今年の七国スピリッツは「恩返し」のシーズン。この交流大会はその一つの形である。タグを再開できた喜びを、また皆と交流ができる喜びを味わってほしいと考えている。
 次年度以降もGWにこの七国交流大会を実施しようと考えている。これまで関東のタグラグビーチームは7月第1週日曜日に行われる、ヨコハマカップを1学期最大の目標として活動してきた。2年前から東京タグでは、このヨコハマカップの1ヶ月前の6月中旬にタグラグビーフェスティバル(春の多摩カップ)を開催することとした。帝京タグ教室と同じやり方で、午前は団体混合でチームを作り、リーグ戦を行い、午後は習熟度に応じたリーグを編成、団体対抗戦を行うというものだ。
 GWに七国交流大会が定着すれば、5月七国交流大会、6月多摩カップ、7月ヨコハマカップという流れができる。これは関東のタグラガーにとって歓迎される環境となるだろう。七国交流大会は小学校の校庭でやるので、さすがにオープン大会とはいかないが、これからはもっと多くの団体を招待したい。
 あと、「タグ未開の地・八王子」で大会があれば、多くの八王子の子供や保護者がタグを見るきっかけにもなるだろう。東の23区、武蔵野の府中市、そして八王子が多摩の軸となっていきたい。とにかく明日。子供達の元気なプレーを期待したい。
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク