TOKYO CUP組み合わせ

 本日、府中市立白糸台小学校でTOKYO CUP代表者会議兼組み合わせ抽選会が行われた。
はるばる遠くから駆けつけてくれた代表者の方々に本当に感謝である。

 では、早速抽選結果から。


高学年の部

1プール

茅ヶ崎ブルーフェニックス
シーサイドクラブJrB
浦安ウイングス4年C

2プール

本町田東レッドスターズ
白小フェニックスゴールド
久原チャレンジ

3プール

七国スピリッツ
都留フィッシャーマンズ
白小フェニックスブラック


4プール

本宿ブラックドラゴンズA
小柳ライトニングスB
白小フェニックスグリーン

5プール

都留ラ・ガールズ
久原アタックス
白小フェニックスブルー

6プール

豊岡オールスターズ
田名っ子さくら
浦安ウイングス4年B

7プール

田名っ子ぽんぽん
本宿ブラックドラゴンズC
七国稲妻スピリッツ

8プール

白小フェニックスレッド
小柳ライトニングスC
白小フェニックスホワイト

9プール

久原スペシャルズ
本宿ブラックドラゴンズB
白小フェニックスイエロー

10プール

ひかりきっずレッド
浦安ウイングス4年A
七国疾風スピリッツ

11プール(トーナメント式)

シーサイドクラブJrA対七国侍スピリッツ

浦安ウイングス対七国ミニリッツ

12プール(トーナメント式)

新宿チャレスポスパイダーズ対浦安ウイングスブラック

小柳ライトニングスA対茅ヶ崎ブルージェイス


低学年の部

1プール

豊岡ホワイト
新宿チャレスポスパイダーズレギュラー
浦安ウイングス3年

2プール

豊岡ブラック
七国プチリッツ
浦安ウイングス1年

3プール

七国ピヨリッツ
都留イナズマファイブ
浦安ウイングス2年B


4プール

浦安ウイングス2年A
ひかりきっずブルー
都留ブレイブス


 以上のように決定した。
 会場がどっと沸いたのは、高学年11プール。
 1回戦シーサイドクラブJrA対七国侍スピリッツ、浦安ウイングス対七国ミニリッツ 強豪4チームが一気に揃った、「魔のリーグ」である。制するのはどのチームか。今から楽しみである。
 
 今回は昼に抽選を行わないのでこのプールナンバーがそのまま決勝トーナメントに適用される。例 1プールはシード、2プールと3プールが1回戦etc......
 この結果、順当に行くと、準々決勝で茅ヶ崎ブルーフェニックスVS七国スピリッツが激突する。・・・・・・・さすが、くじ運最悪の私と茅ヶ崎T監督である。こんな所でひかなくてもいいのに・・・・

 さあ、春の関東チャンピオン決定戦「TOKYO CUP」まで、あと1週間。どのチームもしっかりと準備して、この史上最高レベルの大会を大いに盛り上げてほしい。


TOKYO CUP組み合わせ

 本日、府中市立白糸台小学校でTOKYO CUP代表者会議兼組み合わせ抽選会が行われた。
はるばる遠くから駆けつけてくれた代表者の方々に本当に感謝である。

 では、早速抽選結果から。


高学年の部

1プール

茅ヶ崎ブルーフェニックス
シーサイドクラブJrB
浦安ウイングス4年C

2プール

本町田東レッドスターズ
白小フェニックスゴールド
久原チャレンジ

3プール

七国スピリッツ
都留フィッシャーマンズ
白小フェニックスブラック


4プール

本宿ブラックドラゴンズA
小柳ライトニングスB
白小フェニックスグリーン

5プール

都留ラ・ガールズ
久原アタックス
白小フェニックスブルー

6プール

豊岡オールスターズ
田名っ子さくら
浦安ウイングス4年B

7プール

田名っ子ぽんぽん
本宿ブラックドラゴンズC
七国稲妻スピリッツ

8プール

白小フェニックスレッド
小柳ライトニングスC
白小フェニックスホワイト

9プール

久原スペシャルズ
本宿ブラックドラゴンズB
白小フェニックスイエロー

10プール

ひかりきっずレッド
浦安ウイングス4年A
七国疾風スピリッツ

11プール(トーナメント式)

シーサイドクラブJrA対七国侍スピリッツ

浦安ウイングス対七国ミニリッツ

12プール(トーナメント式)

新宿チャレスポスパイダーズ対浦安ウイングスブラック

小柳ライトニングスA対茅ヶ崎ブルージェイス


低学年の部

1プール

豊岡ホワイト
新宿チャレスポスパイダーズレギュラー
浦安ウイングス3年

2プール

豊岡ブラック
七国プチリッツ
浦安ウイングス1年

3プール

七国ピヨリッツ
都留イナズマファイブ
浦安ウイングス2年B


4プール

浦安ウイングス2年A
ひかりきっずブルー
都留ブレイブス


 以上のように決定した。
 会場がどっと沸いたのは、高学年11プール。
 1回戦シーサイドクラブJrA対七国侍スピリッツ、浦安ウイングス対七国ミニリッツ 強豪4チームが一気に揃った、「魔のリーグ」である。制するのはどのチームか。今から楽しみである。
 
 今回は昼に抽選を行わないのでこのプールナンバーがそのまま決勝トーナメントに適用される。例 1プールはシード、2プールと3プールが1回戦etc......
 この結果、順当に行くと、準々決勝で茅ヶ崎ブルーフェニックスVS七国スピリッツが激突する。・・・・・・・さすが、くじ運最悪の私と茅ヶ崎T監督である。こんな所でひかなくてもいいのに・・・・

 さあ、春の関東チャンピオン決定戦「TOKYO CUP」まで、あと1週間。どのチームもしっかりと準備して、この史上最高レベルの大会を大いに盛り上げてほしい。

多摩カップ(春)結果速報


 1日順延となったが本日、6/19(日)無事多摩カップ(春)を行うことができた。関係者の皆さんに本当に感謝である。
 
 午前中はグランド不良のため、急遽体育館でクリニック。・・・しかし、結果的にはこれの方がよかったかも。
 6年生は、元若葉台小学校I先生、5年生は私が、4年生以下はひかりY先生が習熟度に応じたクリニックを実施。この豪華な指導体制が組めるのも多摩カップならでは。私も出し惜しみなく、全力で指導した。5年生の子供達には今後の自身のプレーに生かして欲しいと思っている。
 4年生、6年生は、2人の名監督から教わったことをしっかりと理解し、自分のものとして欲しい。

 


 お昼休みは、大塚製薬による熱中症講座。運動中の水分補給がとても大切なことを学ぶことができた。さらにはドリンクのプレゼントも。本当にありがたい。


 午後は習熟度に応じたリーグ戦である。下記がその結果である。

Aリーグ

ひかりきっずレッド   10−4  浦安ウイングス
ひかりきっずレッド    3−3  茅ヶ崎ブルーフェニックス
七国スピリッツ      5−2  ひかりきっずレッド
茅ヶ崎ブルーフェニックス 7−1  浦安ウイングス
七国スピリッツ      6−2  茅ヶ崎ブルーフェニックス
七国スピリッツ      9−2  浦安ウイングス

1位  七国スピリッツ
2位  ひかりきっずレッド
3位  茅ヶ崎ブルーフェニックス
4位  浦安ウイングス


Bリーグ

本宿ブラックドラゴンズ  6−2 本町田東レッドスターズ
浦安ウイングスダッシュ  3−3 本宿ブラックドラゴンズ
七国侍スピリッツ    10−3 本宿ブラックドラゴンズ
七国侍スピリッツ    12−0 本町田東レッドスターズ
七国侍スピリッツ     5−1 浦安ウイングスダッシュ
浦安ウイングスダッシュ  5−1 本町田東レッドスターズ

1位  七国侍スピリッツ
2位  本宿ブラックドラゴンズ 
3位  浦安ウイングスダッシュ
4位  本町田東レッドスターズ


Cリーグ

ひかりきっずブルー  2−1 小柳ライトニングス
七国ミニリッツ    4−2 ひかりきっずブルー  
七国ミニリッツ    6−2 小柳ライトニングス


1位 七国ミニリッツ
2位 ひかりきっずブルー
3位 小柳ライトニングス


Dリーグ

七国稲妻スピリッツ  5−1 小柳ライトニングスB
茅ヶ崎ブルージェイズ11−0 小柳ライトニングスB
茅ヶ崎ブルージェイズ 7−1 七国稲妻スピリッツ  


1位 茅ヶ崎ブルージェイズ 
2位 七国稲妻スピリッツ
3位 小柳ライトニングスB

Eリーグ

七国疾風スピリッツ  4−2 ひかりきっずイエロー
浦安ウイングスラッシュ4−1 ひかりきっずイエロー
浦安ウイングスラッシュ6−2 七国疾風スピリッツ


1位 浦安ウイングスラッシュ 
2位 七国疾風スピリッツ
3位 ひかりきっずイエロー


 さあ、次は7/3(日)のTOKYO CUPだ。釜利谷・都留の正式な参加表明があったので、これで?浦安?茅ヶ崎?ひかり?七国?白糸?小柳?本宿?本町田東?豊岡?新宿?久が原?釜利谷?都留の13団体。参加チームも55近くと、そろそろMAXに近づいてきた・・・22日締め切りなので、参加を検討している団体はお早めに。


多摩カップ(春)結果速報


 1日順延となったが本日、6/19(日)無事多摩カップ(春)を行うことができた。関係者の皆さんに本当に感謝である。
 
 午前中はグランド不良のため、急遽体育館でクリニック。・・・しかし、結果的にはこれの方がよかったかも。
 6年生は、元若葉台小学校I先生、5年生は私が、4年生以下はひかりY先生が習熟度に応じたクリニックを実施。この豪華な指導体制が組めるのも多摩カップならでは。私も出し惜しみなく、全力で指導した。5年生の子供達には今後の自身のプレーに生かして欲しいと思っている。
 4年生、6年生は、2人の名監督から教わったことをしっかりと理解し、自分のものとして欲しい。

 


 お昼休みは、大塚製薬による熱中症講座。運動中の水分補給がとても大切なことを学ぶことができた。さらにはドリンクのプレゼントも。本当にありがたい。


 午後は習熟度に応じたリーグ戦である。下記がその結果である。

Aリーグ

ひかりきっずレッド   10−4  浦安ウイングス
ひかりきっずレッド    3−3  茅ヶ崎ブルーフェニックス
七国スピリッツ      5−2  ひかりきっずレッド
茅ヶ崎ブルーフェニックス 7−1  浦安ウイングス
七国スピリッツ      6−2  茅ヶ崎ブルーフェニックス
七国スピリッツ      9−2  浦安ウイングス

1位  七国スピリッツ
2位  ひかりきっずレッド
3位  茅ヶ崎ブルーフェニックス
4位  浦安ウイングス


Bリーグ

本宿ブラックドラゴンズ  6−2 本町田東レッドスターズ
浦安ウイングスダッシュ  3−3 本宿ブラックドラゴンズ
七国侍スピリッツ    10−3 本宿ブラックドラゴンズ
七国侍スピリッツ    12−0 本町田東レッドスターズ
七国侍スピリッツ     5−1 浦安ウイングスダッシュ
浦安ウイングスダッシュ  5−1 本町田東レッドスターズ

1位  七国侍スピリッツ
2位  本宿ブラックドラゴンズ 
3位  浦安ウイングスダッシュ
4位  本町田東レッドスターズ


Cリーグ

ひかりきっずブルー  2−1 小柳ライトニングス
七国ミニリッツ    4−2 ひかりきっずブルー  
七国ミニリッツ    6−2 小柳ライトニングス


1位 七国ミニリッツ
2位 ひかりきっずブルー
3位 小柳ライトニングス


Dリーグ

七国稲妻スピリッツ  5−1 小柳ライトニングスB
茅ヶ崎ブルージェイズ11−0 小柳ライトニングスB
茅ヶ崎ブルージェイズ 7−1 七国稲妻スピリッツ  


1位 茅ヶ崎ブルージェイズ 
2位 七国稲妻スピリッツ
3位 小柳ライトニングスB

Eリーグ

七国疾風スピリッツ  4−2 ひかりきっずイエロー
浦安ウイングスラッシュ4−1 ひかりきっずイエロー
浦安ウイングスラッシュ6−2 七国疾風スピリッツ


1位 浦安ウイングスラッシュ 
2位 七国疾風スピリッツ
3位 ひかりきっずイエロー


 さあ、次は7/3(日)のTOKYO CUPだ。釜利谷・都留の正式な参加表明があったので、これで?浦安?茅ヶ崎?ひかり?七国?白糸?小柳?本宿?本町田東?豊岡?新宿?久が原?釜利谷?都留の13団体。参加チームも55近くと、そろそろMAXに近づいてきた・・・22日締め切りなので、参加を検討している団体はお早めに。

多摩カップ(春)日曜日に順延

 本日多摩カップ実行委員長からグランド不良のため、多摩カップ春が日曜日に順延するという連絡を受けた。
 今年は梅雨らしい梅雨で、特に最近はことごとく週末が雨となっている。まぁ仕方がないといったところだろうか。
 日曜日だと参加できる、できないという団体もあるので、急いで午後の交流ゲームの組み合わせを作り直す。・・・・TOKYO CUPといい、多摩カップといい、ど〜も最近この手の事務仕事が多い・・・さすがにしんどい・・・でもまぁ、これもタグラガーのため。働こう。で、頑張って作った組み合わせが下記のものである。

Aリーグ
ひかりきっずレッド
浦安ウイングス
茅ヶ崎ブルーフェニックス
七国スピリッツ

Bリーグ 
本町田東レッドスターズ
本宿ブラックドラゴンズ
浦安ウイングスダッシュ
七国侍スピリッツ

Cリーグ
ひかりきっずブルー
小柳ライトニングス
七国ミニリッツ

Dリーグ
本宿ブラックドラゴンズB
七国稲妻スピリッツ
茅ヶ崎ブルージェイズ

Fリーグ
ひかりきっずイエロー
七国疾風スピリッツ
浦安ウイングスラッシュ

 七国交流大会に負けない豪華メンバー。特にAリーグの、23区王者ひかり・千葉チャンピオン浦安・昨年全国ベスト8茅ヶ崎・七国交流大会チャンピオン七国の全チームタイトルホルダーの激突は非常に興味深い。この多摩カップ(春)はノンタイトルマッチであるが、このAリーグチャンピオンは7/3に開催されるTOKYO CUPの優勝候補になるだろう。

 一方、TOKYO CUPであるが、実行委員(七国・ひかり・茅ヶ崎・浦安)以外にも、久が原・本宿・小柳・白糸・新宿チャレスポ・豊岡・(都留、釜利谷、田名、日野が検討中)などが参加表明し、まさにヨコハマカップの代替大会にふさわしいものになりつつある。ここに来てバックアップ体制も充実。汐入のS監督がアカデミーの学生と一緒にスタッフとして来てくれるし、東京都ラグビーフットボール協会中体連委員会からも後援をもらうことができた。ひょっとすると青陵中ラグビー部がお手伝いに来てくれるかもしれない・・・ヨコハマカップがなくなり、何とかしなければと、一人で勝手に突っ走っていたものが、素晴らしいグランドを確保できたり、素晴らしい仲間が実行委員として協力してくれたり、各方面から後援を頂いたり、関東各県から参加表明があったり・・・いつの間にかTOKYO CUPはとてつもなく大きな流れとなってきている。


 TOKYO CUP=関東大会 そんな雰囲気さえ漂い始めている。とても嬉しく思う。
 そんなTOKYO CUP、スピリッツ高学年の部に出場するチームに、私はそれぞれに目標を設定した。
スピリッツ=カップ3位以上
ミニリッツ・侍=カップベスト8orプレート3位以上
稲妻=プレートベスト8orボウル3位以上
疾風=ボウルベスト8orシールド3位以上 である。
 難しい目標であるが、何とか仲間と協力し、達成して欲しいと考えている。
 また、TOKYO CUPは現在、私が担任をしている3年生のデビュー戦となる。・・・・そう言えば、今の6年生のデビュー戦も確かヨコハマカップだったなぁ・・・練習2・3回で、ミニの部プレート準優勝、ボウル優勝。あの2年前の衝撃デビューの再現はあるのか。私は、高学年の部とはちょっと違う楽しみを低学年の部にもっている。












多摩カップ(春)日曜日に順延

 本日多摩カップ実行委員長からグランド不良のため、多摩カップ春が日曜日に順延するという連絡を受けた。
 今年は梅雨らしい梅雨で、特に最近はことごとく週末が雨となっている。まぁ仕方がないといったところだろうか。
 日曜日だと参加できる、できないという団体もあるので、急いで午後の交流ゲームの組み合わせを作り直す。・・・・TOKYO CUPといい、多摩カップといい、ど〜も最近この手の事務仕事が多い・・・さすがにしんどい・・・でもまぁ、これもタグラガーのため。働こう。で、頑張って作った組み合わせが下記のものである。

Aリーグ
ひかりきっずレッド
浦安ウイングス
茅ヶ崎ブルーフェニックス
七国スピリッツ

Bリーグ 
本町田東レッドスターズ
本宿ブラックドラゴンズ
浦安ウイングスダッシュ
七国侍スピリッツ

Cリーグ
ひかりきっずブルー
小柳ライトニングス
七国ミニリッツ

Dリーグ
本宿ブラックドラゴンズB
七国稲妻スピリッツ
茅ヶ崎ブルージェイズ

Fリーグ
ひかりきっずイエロー
七国疾風スピリッツ
浦安ウイングスラッシュ

 七国交流大会に負けない豪華メンバー。特にAリーグの、23区王者ひかり・千葉チャンピオン浦安・昨年全国ベスト8茅ヶ崎・七国交流大会チャンピオン七国の全チームタイトルホルダーの激突は非常に興味深い。この多摩カップ(春)はノンタイトルマッチであるが、このAリーグチャンピオンは7/3に開催されるTOKYO CUPの優勝候補になるだろう。

 一方、TOKYO CUPであるが、実行委員(七国・ひかり・茅ヶ崎・浦安)以外にも、久が原・本宿・小柳・白糸・新宿チャレスポ・豊岡・(都留、釜利谷、田名、日野が検討中)などが参加表明し、まさにヨコハマカップの代替大会にふさわしいものになりつつある。ここに来てバックアップ体制も充実。汐入のS監督がアカデミーの学生と一緒にスタッフとして来てくれるし、東京都ラグビーフットボール協会中体連委員会からも後援をもらうことができた。ひょっとすると青陵中ラグビー部がお手伝いに来てくれるかもしれない・・・ヨコハマカップがなくなり、何とかしなければと、一人で勝手に突っ走っていたものが、素晴らしいグランドを確保できたり、素晴らしい仲間が実行委員として協力してくれたり、各方面から後援を頂いたり、関東各県から参加表明があったり・・・いつの間にかTOKYO CUPはとてつもなく大きな流れとなってきている。


 TOKYO CUP=関東大会 そんな雰囲気さえ漂い始めている。とても嬉しく思う。
 そんなTOKYO CUP、スピリッツ高学年の部に出場するチームに、私はそれぞれに目標を設定した。
スピリッツ=カップ3位以上
ミニリッツ・侍=カップベスト8orプレート3位以上
稲妻=プレートベスト8orボウル3位以上
疾風=ボウルベスト8orシールド3位以上 である。
 難しい目標であるが、何とか仲間と協力し、達成して欲しいと考えている。
 また、TOKYO CUPは現在、私が担任をしている3年生のデビュー戦となる。・・・・そう言えば、今の6年生のデビュー戦も確かヨコハマカップだったなぁ・・・練習2・3回で、ミニの部プレート準優勝、ボウル優勝。あの2年前の衝撃デビューの再現はあるのか。私は、高学年の部とはちょっと違う楽しみを低学年の部にもっている。











「TOKYO CUP」事務仕事

 この週末はず〜っと、「TOKYO CUP」の事務仕事に追われていた。規模の大きな大会なので詰められる所は全て詰めておこうと考えたからだ。
 
 「TOKYO CUP」は、七国単独で実施することは不可能なので、ひかり・茅ヶ崎・浦安・元若葉台監督I先生と一緒に、「TOKYO CUP実行委員会」を立ち上げた。東京・神奈川・千葉の関東タグが力を合わせて子供達の活躍するフィールドを作ろうという思いからである。
 
 次に東京都ラグビーフットボール協会に連絡し、東京都タグ委員会として動いてもよいこと、そして東京都ラグビーフットボール協会の後援をもらうことができた。これで自主大会ではなく、ラグビーフットボール協会の事業という形が整った。
 
 実行委員の役割分担であるが、実施要項作成及び代表者会議など前日までの事務仕事は私が担当。当日はレフリーミーティングをひかりY監督に、A〜Dコートの進行役をひかり・茅ヶ崎・浦安・I先生に担当してもらう。各団体から出してもらう運営協力員の方々には、本部or受付(実行委員のいる団体の協力員)と、各コートでの得点係(一般参加団体の協力員)の仕事をローテーションで行ってもらう。仕事に追われ、自分の子供の試合が見られない・・・なんて事のないように当然配慮する。

 今回は各団体から大会にかかる実費を参加団体に負担してもらわなければならない。グランド使用料に20000円、トロフィー・賞状・印刷紙・インク代で5400円、運営協力員の方への昼食費で13000円(500円×26人)、合計38400円これをチーム数で割った額を負担して頂くことになる。おお、忘れたトロフィーの発注しないと・・・

 後は大会形式の詰めの作業。仮登録の段階で1〜3年生のチームが8チームを超えたため、低学年(1〜3年)の部を創設することに実行員の方と相談して決定した。ただし、MAX64チームという枠はそのままである。現在、実行委員のチーム(ひかり・七国・浦安・茅ヶ崎)と、久が原・豊岡・本宿・本町田東などが参加を希望してくれている。なんとこの地点で31チームとなっている。すごいな・・・

 ルールは全て全国ルールを適用。ただし時間は予選7分1本、トーナメント5−1−5分という変則になる。従って予選の交代のタイミングはプレーの切れ間となる。

 会場・駐車場に関しては水曜日に担当機関と打ち合わせをするので、そこでしっかりと詰めてこようと思う。

 と、まぁ大変な仕事だったが、何とか乗り切ることができたのは過去に府中フォーリスカップ・府中招待大会・サントリーカップ武蔵野地区予選大会・多摩カップ・七国招待大会など幾つかの大会の運営で身に付けたノウハウのおかげだろう。何事も経験って大切だなぁと深く実感した週末だった。

「TOKYO CUP」事務仕事

 この週末はず〜っと、「TOKYO CUP」の事務仕事に追われていた。規模の大きな大会なので詰められる所は全て詰めておこうと考えたからだ。
 
 「TOKYO CUP」は、七国単独で実施することは不可能なので、ひかり・茅ヶ崎・浦安・元若葉台監督I先生と一緒に、「TOKYO CUP実行委員会」を立ち上げた。東京・神奈川・千葉の関東タグが力を合わせて子供達の活躍するフィールドを作ろうという思いからである。
 
 次に東京都ラグビーフットボール協会に連絡し、東京都タグ委員会として動いてもよいこと、そして東京都ラグビーフットボール協会の後援をもらうことができた。これで自主大会ではなく、ラグビーフットボール協会の事業という形が整った。
 
 実行委員の役割分担であるが、実施要項作成及び代表者会議など前日までの事務仕事は私が担当。当日はレフリーミーティングをひかりY監督に、A〜Dコートの進行役をひかり・茅ヶ崎・浦安・I先生に担当してもらう。各団体から出してもらう運営協力員の方々には、本部or受付(実行委員のいる団体の協力員)と、各コートでの得点係(一般参加団体の協力員)の仕事をローテーションで行ってもらう。仕事に追われ、自分の子供の試合が見られない・・・なんて事のないように当然配慮する。

 今回は各団体から大会にかかる実費を参加団体に負担してもらわなければならない。グランド使用料に20000円、トロフィー・賞状・印刷紙・インク代で5400円、運営協力員の方への昼食費で13000円(500円×26人)、合計38400円これをチーム数で割った額を負担して頂くことになる。おお、忘れたトロフィーの発注しないと・・・

 後は大会形式の詰めの作業。仮登録の段階で1〜3年生のチームが8チームを超えたため、低学年(1〜3年)の部を創設することに実行員の方と相談して決定した。ただし、MAX64チームという枠はそのままである。現在、実行委員のチーム(ひかり・七国・浦安・茅ヶ崎)と、久が原・豊岡・本宿・本町田東などが参加を希望してくれている。なんとこの地点で31チームとなっている。すごいな・・・

 ルールは全て全国ルールを適用。ただし時間は予選7分1本、トーナメント5−1−5分という変則になる。従って予選の交代のタイミングはプレーの切れ間となる。

 会場・駐車場に関しては水曜日に担当機関と打ち合わせをするので、そこでしっかりと詰めてこようと思う。

 と、まぁ大変な仕事だったが、何とか乗り切ることができたのは過去に府中フォーリスカップ・府中招待大会・サントリーカップ武蔵野地区予選大会・多摩カップ・七国招待大会など幾つかの大会の運営で身に付けたノウハウのおかげだろう。何事も経験って大切だなぁと深く実感した週末だった。

東京タグからの恩返し 「TOKYO CUP」

 毎年恒例の7月のヨコハマカップの中止が昨日、発表された。
 ぎりぎりまで調整してくれた関係者の皆様、本当ありがとうございました。

 しかし関東のほとんどの団体がこのヨコハマカップを1学期最大の目標にしていただろう。と、なると影響は大である。
 東京タグは今まで神奈川タグに育てられ、ここまで大きくなった。今こそ恩返しをする時だろうと考えた。

 そこでヨコハマカップ同日7/3(日)に八王子市内グランド(八王子駅徒歩圏内、駐車場完備、バス駐車可、4面とれる広さ)で、TOKYO CUPを企画した。多摩カップと違い、今回は一般参加OKのオープン大会。下記に示す条件に賛同していただけならどんどんエントリーしてほしい。


 「TOKYO CUP」

・参加は1〜6年生、1〜3年生の部と、4〜6年生の部2つのカテゴリーで行う。
・先着64チームまで受け付け。実施要綱および参加申し込み用紙は6/13より配信する。
・芝生保護のためスパイク禁止(アップシューズ可)。
・スポンサーがつかないため、グランド、トロフィー、賞状、印刷費etc...などを参加費という形で負担いただく(64チーム参加の場合、1チーム600円)。
・スポンサーがつかないため、保険等は自チームの保険を利用すること。(応急手当は行います)
・各団体は参加1チームにつき、必ず専任の帯同コーチをつけること。
・各帯同コーチは自チーム試合終了後、残って次試合のレフリーor副審を行うこと。
・参加団体につき1名以上の運営補助員(得点めくり、結果を本部に連絡する係。もちろんローテーションで行うので、自分の子供のゲームは見られるよう配慮します)を出すこと。
・6/24(金)に府中市内小学校で行われる代表者会議兼、抽選会に参加できること。できない場合は委任状を出せること。



 要は多摩カップのオープン大会版。と、考えてもらえばよい。多摩カップに参加したことのない団体にとっては残り審判制は馴染みないものかもしれないが、みんなで大会を運営していこうという趣旨さえ理解していただければとてもやりやすく感じるはずである。

 上記の趣旨に賛同し、参加を希望される団体は、skame5236@gmail.com に?団体名?代表者名?連絡先を入れメールしてほしい。6/13から順次、大会要項と申込用紙を連絡アドレスに送信していく。

 東京で行われる大会としては過去最大規模になるだろう。今こそ関東のタグラガーに恩返しを。





東京タグからの恩返し 「TOKYO CUP」

 毎年恒例の7月のヨコハマカップの中止が昨日、発表された。
 ぎりぎりまで調整してくれた関係者の皆様、本当ありがとうございました。

 しかし関東のほとんどの団体がこのヨコハマカップを1学期最大の目標にしていただろう。と、なると影響は大である。
 東京タグは今まで神奈川タグに育てられ、ここまで大きくなった。今こそ恩返しをする時だろうと考えた。

 そこでヨコハマカップ同日7/3(日)に八王子市内グランド(八王子駅徒歩圏内、駐車場完備、バス駐車可、4面とれる広さ)で、TOKYO CUPを企画した。多摩カップと違い、今回は一般参加OKのオープン大会。下記に示す条件に賛同していただけならどんどんエントリーしてほしい。


 「TOKYO CUP」

・参加は1〜6年生、1〜3年生の部と、4〜6年生の部2つのカテゴリーで行う。
・先着64チームまで受け付け。実施要綱および参加申し込み用紙は6/13より配信する。
・芝生保護のためスパイク禁止(アップシューズ可)。
・スポンサーがつかないため、グランド、トロフィー、賞状、印刷費etc...などを参加費という形で負担いただく(64チーム参加の場合、1チーム600円)。
・スポンサーがつかないため、保険等は自チームの保険を利用すること。(応急手当は行います)
・各団体は参加1チームにつき、必ず専任の帯同コーチをつけること。
・各帯同コーチは自チーム試合終了後、残って次試合のレフリーor副審を行うこと。
・参加団体につき1名以上の運営補助員(得点めくり、結果を本部に連絡する係。もちろんローテーションで行うので、自分の子供のゲームは見られるよう配慮します)を出すこと。
・6/24(金)に府中市内小学校で行われる代表者会議兼、抽選会に参加できること。できない場合は委任状を出せること。



 要は多摩カップのオープン大会版。と、考えてもらえばよい。多摩カップに参加したことのない団体にとっては残り審判制は馴染みないものかもしれないが、みんなで大会を運営していこうという趣旨さえ理解していただければとてもやりやすく感じるはずである。

 上記の趣旨に賛同し、参加を希望される団体は、skame5236@gmail.com に?団体名?代表者名?連絡先を入れメールしてほしい。6/13から順次、大会要項と申込用紙を連絡アドレスに送信していく。

 東京で行われる大会としては過去最大規模になるだろう。今こそ関東のタグラガーに恩返しを。




プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク