八雲台練習試合


 三連休最終日は八雲台との練習試合だった。
 素晴らしいグランドを確保してくれた八雲台小学校の皆さん、コート作りからタッチジャッジまだ幅広く子供達のサポートをしてくれた、くるみラグビークラブの皆様本当にありがとう。

 9月はこの練習試合が唯一の対外試合。サントリーカップ多摩地区大会でも対戦する八雲台との練習試合はお互いにとても勉強になるものだった。
 全10試合。少ないと思われるかもしれないが、7−1−7分のサントリールール。決して少ないわけではない。

 結果は七国7勝、八雲台2勝。1引き分け。
トップ2チーム同士の詳細は下記の通りである。

七国1組14−0八雲台B
七国1組11−2八雲台A
七国1組 3−2八雲台A(3分1本特別ルール)

七国2組 8−3八雲台A
七国2組12−1八雲台B 

 

 八雲台のチーム結成は6月。短期間の間に十分サントリーカップで戦えるレベルまで力を付けたのは本当にたいしたものだと思う。
八雲台にとってはどう考えても運動能力で勝っている相手にこれだけ点を取られたことは驚きだったと思う。同じ5人対5人でやっているとは思えなかったかもしれない。最後に八雲台の子供達に話したが、高い個人の力をどうチームとしてまとめあげていくか。自分のプレーだけでなく、仲間のプレーをどれだけ助けてあげられるか。これができれば間違いなく八雲台は強くなる。頑張ってほしい。

 七国は夏から続けている迫力ある攻撃は形となって表れている。しかし、どうしても守備に関しては課題が多く残るということを学ぶことができた。
 単純な個人の守備能力の低さとチーム内での声のかけあい。前者については徹底した基礎練習の繰り返しで身に付けるしかない。後者についてはチームとして守備をするという意識の低さ。こちらも練習時の意識の向上で改善して欲しい。
 ただ両者に共通して言えることは「1失点の重み」を軽く見過ぎているということ。1点とられれば、勝つためには2点必要なのだ。労力は2倍かかる。自分の油断がどれだけチームのみんなに迷惑をかけるか。これが分かればプレーも変わってくるだろう。

 身体能力で上回る相手でもチーム力で戦えば勝てるのがタグラグビーの最大の魅力。先日届いた東京都全校一斉体力テストで、全国・東京都はおろか、八王子市の平均にさえも届かなかった超低体力の七国児童が他校に勝利するためには徹底したチーム力の向上しかないのだから。

八雲台練習試合


 三連休最終日は八雲台との練習試合だった。
 素晴らしいグランドを確保してくれた八雲台小学校の皆さん、コート作りからタッチジャッジまだ幅広く子供達のサポートをしてくれた、くるみラグビークラブの皆様本当にありがとう。

 9月はこの練習試合が唯一の対外試合。サントリーカップ多摩地区大会でも対戦する八雲台との練習試合はお互いにとても勉強になるものだった。
 全10試合。少ないと思われるかもしれないが、7−1−7分のサントリールール。決して少ないわけではない。

 結果は七国7勝、八雲台2勝。1引き分け。
トップ2チーム同士の詳細は下記の通りである。

七国1組14−0八雲台B
七国1組11−2八雲台A
七国1組 3−2八雲台A(3分1本特別ルール)

七国2組 8−3八雲台A
七国2組12−1八雲台B 

 

 八雲台のチーム結成は6月。短期間の間に十分サントリーカップで戦えるレベルまで力を付けたのは本当にたいしたものだと思う。
八雲台にとってはどう考えても運動能力で勝っている相手にこれだけ点を取られたことは驚きだったと思う。同じ5人対5人でやっているとは思えなかったかもしれない。最後に八雲台の子供達に話したが、高い個人の力をどうチームとしてまとめあげていくか。自分のプレーだけでなく、仲間のプレーをどれだけ助けてあげられるか。これができれば間違いなく八雲台は強くなる。頑張ってほしい。

 七国は夏から続けている迫力ある攻撃は形となって表れている。しかし、どうしても守備に関しては課題が多く残るということを学ぶことができた。
 単純な個人の守備能力の低さとチーム内での声のかけあい。前者については徹底した基礎練習の繰り返しで身に付けるしかない。後者についてはチームとして守備をするという意識の低さ。こちらも練習時の意識の向上で改善して欲しい。
 ただ両者に共通して言えることは「1失点の重み」を軽く見過ぎているということ。1点とられれば、勝つためには2点必要なのだ。労力は2倍かかる。自分の油断がどれだけチームのみんなに迷惑をかけるか。これが分かればプレーも変わってくるだろう。

 身体能力で上回る相手でもチーム力で戦えば勝てるのがタグラグビーの最大の魅力。先日届いた東京都全校一斉体力テストで、全国・東京都はおろか、八王子市の平均にさえも届かなかった超低体力の七国児童が他校に勝利するためには徹底したチーム力の向上しかないのだから。

「最も特別」なヨコハマカップ


 先日、私の元に信じられない連絡があった。

 「10月9日、東北大震災で被災した宮城県気仙沼市のタグラガーを招待してヨコハマカップを開催します。」
横濱ラグビーアカデミーの尽力でこのようなとてつもない大会が計画された。関係者の皆様、本当に、本当にありがとうございます!! 

 上記の写真は3月にひかり・白糸・七国が東京タグ代表として気仙沼の鹿折レッズに送ったメッセージカードだ。
鹿折レッズの参加は未定だが、東北被災地のチームに送った、「いつかみんなでタグをしよう!」という東京タグの願いがこんなに早く実現するのかと久々に感動で足が震え、恥ずかしながら嬉し涙が出た。本当に、本当に嬉しかった。

 今回は時間と場所の関係上、招待されたチームがこの大会に参加する。
 神奈川からは茅ヶ崎・座間・釜利谷・豊岡、千葉からは浦安。そして東京からはひかり・白糸、そして七国が招待された。

 招待を受けたことにも何ともいえない感動を覚えた。2年前だったら果たして招待されただろうか?初年度白糸に跳ね返され、昨年は若葉台に跳ね返され、何度も挫折と悔し涙を流しそれでも諦めることなくひたむきに練習し、一つ一つ地道な前進を続けてきた子供達への評価なのだろう。白糸・若葉台・本町田東の3強から、ひかり・白糸・七国が今の東京3強となったと周囲が認めたということだ。

 本日の練習で私は真っ先にこの大会の意味、そして東京都3校の招待チームに入った意味。上手くは話せなかったが、思いは伝えた。

 気仙沼のタグラガーと心からタグを楽しみ、交流を深める。

 参加するのは茅ヶ崎・座間・釜利谷・豊岡・浦安・ひかり・白糸・七国。これがどういう意味をもつか、参加チームは分かるはずである。現在、関東でこれ以上のレベルはない。参加チームは関東代表としての誇りをもって最高のプレーをしてほしい。そして気仙沼のタグラガーに勇気と力を与えて欲しい。
 TOKYOCUPで見せた関東タグの底力を、もう一度見せよう!!
 「最も特別」なヨコハマカップ。一生の思い出となる、最高のプレーを見せてくれ!!

「最も特別」なヨコハマカップ


 先日、私の元に信じられない連絡があった。

 「10月9日、東北大震災で被災した宮城県気仙沼市のタグラガーを招待してヨコハマカップを開催します。」
横濱ラグビーアカデミーの尽力でこのようなとてつもない大会が計画された。関係者の皆様、本当に、本当にありがとうございます!! 

 上記の写真は3月にひかり・白糸・七国が東京タグ代表として気仙沼の鹿折レッズに送ったメッセージカードだ。
鹿折レッズの参加は未定だが、東北被災地のチームに送った、「いつかみんなでタグをしよう!」という東京タグの願いがこんなに早く実現するのかと久々に感動で足が震え、恥ずかしながら嬉し涙が出た。本当に、本当に嬉しかった。

 今回は時間と場所の関係上、招待されたチームがこの大会に参加する。
 神奈川からは茅ヶ崎・座間・釜利谷・豊岡、千葉からは浦安。そして東京からはひかり・白糸、そして七国が招待された。

 招待を受けたことにも何ともいえない感動を覚えた。2年前だったら果たして招待されただろうか?初年度白糸に跳ね返され、昨年は若葉台に跳ね返され、何度も挫折と悔し涙を流しそれでも諦めることなくひたむきに練習し、一つ一つ地道な前進を続けてきた子供達への評価なのだろう。白糸・若葉台・本町田東の3強から、ひかり・白糸・七国が今の東京3強となったと周囲が認めたということだ。

 本日の練習で私は真っ先にこの大会の意味、そして東京都3校の招待チームに入った意味。上手くは話せなかったが、思いは伝えた。

 気仙沼のタグラガーと心からタグを楽しみ、交流を深める。

 参加するのは茅ヶ崎・座間・釜利谷・豊岡・浦安・ひかり・白糸・七国。これがどういう意味をもつか、参加チームは分かるはずである。現在、関東でこれ以上のレベルはない。参加チームは関東代表としての誇りをもって最高のプレーをしてほしい。そして気仙沼のタグラガーに勇気と力を与えて欲しい。
 TOKYOCUPで見せた関東タグの底力を、もう一度見せよう!!
 「最も特別」なヨコハマカップ。一生の思い出となる、最高のプレーを見せてくれ!!

第8回サントリーカップ東京都予選情報

 先週金曜日、秩父宮ラグビー場小会議場で第8回サントリーカップ東京都予選の打ち合わせが行われた。東京都は協会と教員の協力関係が進んでおり、今大会は事務関係を協会が、大会運営を教員が行うこととなった。代表決定大会も含め、有意義な話し合いができた。

 まず今年も23区・武蔵野・多摩の3地区で予選会が行われる。
 各予選の上位4チームが代表決定大会に進出する。ただし、地区割りについては若干の変更があった。23区は変更なしだが、今までは多摩川を境に武蔵野・多摩の地区割りを行っていたが、参加チーム数のイコールコンディションという観点から武蔵野=府中、多摩=他市町村という地区割りとなった。

 まずは23区大会が11/5(土)辰巳の森ラグビー場で行われる。10/20締め切りの対戦発表が11/1となっている。東京都NO1のチームワークを誇るひかりきっずくらぶを軸に慶應・久原・新宿チャレスポなどが熱戦を繰り広げてくれるだろう。

 続いて11/23(祝水)に武蔵野大会が府中市民サッカー場で行われる。11/4締め切りの11/15が対戦発表となっている。史上最強のチーム力を誇る白小フェニックスに対して、南白レジェンドや矢崎ファーマーズ、昨年の東京NO2府中Jrがどこまで戦えるか。意地と意地のぶつかり合いが見られそうだ。

 最後は12/3(土)戸吹サッカーラグビー場で行われる多摩地区大会。11/18締め切りの11/29対戦発表となっている。創部3年目にしてやっと全国レベルにまで成長した七国スピリッツ。八雲台や西東京RS、本町田東などの強豪と、どのような試合ができるか。七国の何チームが代表戦に進出できるか。真価が問われる。

 これらの激戦を勝ち抜いた12チームは1/14(土)辰巳の森ラグビー場で代表決定大会に挑むこととなる。今年はしっかりと役員会で決定した対戦カードで大会が実施される。具体的には下記のような組み合わせとなる。

Aグループ
23区1位 
武蔵野3位
多摩4位

Bグループ
武蔵野1位
多摩3位
23区4位

Cグループ
多摩1位
23区3位
武蔵野4位

Dグループ
23区2位
武蔵野2位
多摩2位

 各グループで予選を行い、上位1チームが決勝トーナメントへ進出。組み合わせ抽選後、代表の座をかけた熱いトーナメント戦が行われるという訳だ。
 大会詳細も決まり、いよいよサントリーモードに入った。本番まであとわずか。思い切りタグを楽しもう!!












 

第8回サントリーカップ東京都予選情報

 先週金曜日、秩父宮ラグビー場小会議場で第8回サントリーカップ東京都予選の打ち合わせが行われた。東京都は協会と教員の協力関係が進んでおり、今大会は事務関係を協会が、大会運営を教員が行うこととなった。代表決定大会も含め、有意義な話し合いができた。

 まず今年も23区・武蔵野・多摩の3地区で予選会が行われる。
 各予選の上位4チームが代表決定大会に進出する。ただし、地区割りについては若干の変更があった。23区は変更なしだが、今までは多摩川を境に武蔵野・多摩の地区割りを行っていたが、参加チーム数のイコールコンディションという観点から武蔵野=府中、多摩=他市町村という地区割りとなった。

 まずは23区大会が11/5(土)辰巳の森ラグビー場で行われる。10/20締め切りの対戦発表が11/1となっている。東京都NO1のチームワークを誇るひかりきっずくらぶを軸に慶應・久原・新宿チャレスポなどが熱戦を繰り広げてくれるだろう。

 続いて11/23(祝水)に武蔵野大会が府中市民サッカー場で行われる。11/4締め切りの11/15が対戦発表となっている。史上最強のチーム力を誇る白小フェニックスに対して、南白レジェンドや矢崎ファーマーズ、昨年の東京NO2府中Jrがどこまで戦えるか。意地と意地のぶつかり合いが見られそうだ。

 最後は12/3(土)戸吹サッカーラグビー場で行われる多摩地区大会。11/18締め切りの11/29対戦発表となっている。創部3年目にしてやっと全国レベルにまで成長した七国スピリッツ。八雲台や西東京RS、本町田東などの強豪と、どのような試合ができるか。七国の何チームが代表戦に進出できるか。真価が問われる。

 これらの激戦を勝ち抜いた12チームは1/14(土)辰巳の森ラグビー場で代表決定大会に挑むこととなる。今年はしっかりと役員会で決定した対戦カードで大会が実施される。具体的には下記のような組み合わせとなる。

Aグループ
23区1位 
武蔵野3位
多摩4位

Bグループ
武蔵野1位
多摩3位
23区4位

Cグループ
多摩1位
23区3位
武蔵野4位

Dグループ
23区2位
武蔵野2位
多摩2位

 各グループで予選を行い、上位1チームが決勝トーナメントへ進出。組み合わせ抽選後、代表の座をかけた熱いトーナメント戦が行われるという訳だ。
 大会詳細も決まり、いよいよサントリーモードに入った。本番まであとわずか。思い切りタグを楽しもう!!












 
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク