若葉台ドリームス・スペシャルマッチ

 本日は、ずっと楽しみにしていた若葉台ドリームスと練習試合だった。体調不良で2名欠席し、4名の選手が七国に来てくれた。そこでスピリッツから昨年のキャプテンやミニリッツの選手、そしてI監督に入ってもらって、みんなで楽しく練習と試合を行った。

 I監督には練習前、今私が悩んでいることを伝え、七国の選手に練習をつけてもらった。きっと今日の練習は七国にとって大きな財産になったと思う。七国の選手は、ドリームスの選手と一緒に練習することで、プレーの正確さやコーリングの良さなどを肌身で感じることが出来た。今の時期、こういう体験がとっても大切なのだろう。若葉台ドリームスの皆さん、そしてI監督、本当にありがとうございました。さて、今日は3試合、若葉台ドリームスとスペシャルマッチを行った。下記がその結果である。

7−1−7分、全国ルール

【スピリッツ】

○4−2 若葉台ドリームス
○8−3
○5−4


 4名+αだったとはいえ、あの若葉台と好ゲームができたのは大きな財産となった。またI監督から攻守に渡って素敵なアドバイスをもらえたことも本当に嬉しいことだった。

 若葉台を引き継げるだけの力が今のスピリッツにあるかどうかは分からないが、もっと謙虚に精進して何とか若葉台の域まで高めたい。I監督、若葉台ドリームスの皆さん、素敵な1日を本当にありがとう!!

若葉台ドリームス・スペシャルマッチ

 本日は、ずっと楽しみにしていた若葉台ドリームスと練習試合だった。体調不良で2名欠席し、4名の選手が七国に来てくれた。そこでスピリッツから昨年のキャプテンやミニリッツの選手、そしてI監督に入ってもらって、みんなで楽しく練習と試合を行った。

 I監督には練習前、今私が悩んでいることを伝え、七国の選手に練習をつけてもらった。きっと今日の練習は七国にとって大きな財産になったと思う。七国の選手は、ドリームスの選手と一緒に練習することで、プレーの正確さやコーリングの良さなどを肌身で感じることが出来た。今の時期、こういう体験がとっても大切なのだろう。若葉台ドリームスの皆さん、そしてI監督、本当にありがとうございました。さて、今日は3試合、若葉台ドリームスとスペシャルマッチを行った。下記がその結果である。

7−1−7分、全国ルール

【スピリッツ】

○4−2 若葉台ドリームス
○8−3
○5−4


 4名+αだったとはいえ、あの若葉台と好ゲームができたのは大きな財産となった。またI監督から攻守に渡って素敵なアドバイスをもらえたことも本当に嬉しいことだった。

 若葉台を引き継げるだけの力が今のスピリッツにあるかどうかは分からないが、もっと謙虚に精進して何とか若葉台の域まで高めたい。I監督、若葉台ドリームスの皆さん、素敵な1日を本当にありがとう!!

豊岡遠征

 本日は神奈川の強豪、豊岡と練習試合を行った。年末の忙しい時期に準備をしてくださった豊岡関係者の皆様に心から感謝である。今日の練習試合では、豊岡オールスターズに汐入リトルベアーズの選手が2名も入ってくれた。さすが日本一とうなるようなプレーの数々。本当に勉強させて頂いた。さすが汐入、忙しくても後輩のために力を貸してくれる、このOB・OG心意気。プレーや、男女混合チームのプライドだけではなく、この精神もひっくるめて七国は受け継ぎたいと心底思っている。

7−1−7 全国ルール

【スピリッツ】

●2−3 豊岡オールスターズ
○6−5
○8−3
○8−1

【ミニリッツ】

○9−1 豊岡B(低学年中心チーム)
○6−2
○7−1

 さて、今日で、「12位からの下克上の旅」前半戦が終了した。(明後日スペシャルマッチがあるのだが、一応小学生相手はこれが最終)

【前半戦スピリッツ成績】
23戦、17勝4敗2分 
勝率0.809 
総得点139点、1試合平均得点6.04点。
総失点 84点、1試合平均失点3.65点。

 相手は神奈川3強の2つ、茅ヶ崎と豊岡、そして東京タグの急成長株、南白。この関東トップクラスを相手にしてこの勝敗と試合内容は大したものだと思っている。しかも1戦、1戦、しっかりと相手チームから課題を頂くことが出来た。交流してくれた茅ヶ崎・南白・豊岡、本当にありがとう。あなたたちだからこそ我々は自分達の足りなさに気が付くことができたのだ。
 しかし、「12位からの下克上の旅」は、まだ始まったばかり。明後日のスペシャルマッチでは最強の先輩、「若葉台ドリームス」に胸を貸してもらえる。フルぼっこにされて新しい課題を頂きたいと考えている。
 
 

豊岡遠征

 本日は神奈川の強豪、豊岡と練習試合を行った。年末の忙しい時期に準備をしてくださった豊岡関係者の皆様に心から感謝である。今日の練習試合では、豊岡オールスターズに汐入リトルベアーズの選手が2名も入ってくれた。さすが日本一とうなるようなプレーの数々。本当に勉強させて頂いた。さすが汐入、忙しくても後輩のために力を貸してくれる、このOB・OG心意気。プレーや、男女混合チームのプライドだけではなく、この精神もひっくるめて七国は受け継ぎたいと心底思っている。

7−1−7 全国ルール

【スピリッツ】

●2−3 豊岡オールスターズ
○6−5
○8−3
○8−1

【ミニリッツ】

○9−1 豊岡B(低学年中心チーム)
○6−2
○7−1

 さて、今日で、「12位からの下克上の旅」前半戦が終了した。(明後日スペシャルマッチがあるのだが、一応小学生相手はこれが最終)

【前半戦スピリッツ成績】
23戦、17勝4敗2分 
勝率0.809 
総得点139点、1試合平均得点6.04点。
総失点 84点、1試合平均失点3.65点。

 相手は神奈川3強の2つ、茅ヶ崎と豊岡、そして東京タグの急成長株、南白。この関東トップクラスを相手にしてこの勝敗と試合内容は大したものだと思っている。しかも1戦、1戦、しっかりと相手チームから課題を頂くことが出来た。交流してくれた茅ヶ崎・南白・豊岡、本当にありがとう。あなたたちだからこそ我々は自分達の足りなさに気が付くことができたのだ。
 しかし、「12位からの下克上の旅」は、まだ始まったばかり。明後日のスペシャルマッチでは最強の先輩、「若葉台ドリームス」に胸を貸してもらえる。フルぼっこにされて新しい課題を頂きたいと考えている。
 
 

南白交流(2)

 本日は2回目の南白交流。昨日、南白はひかりと若葉台ドリームスと練習試合を行い、更なる自信を深めたようだ。七国は連日の遠征の疲れを取ることと、これまでに明らかになった課題を解決するため、動きの確認程度の軽い練習を2時間行うくらいにしておいた。
 今日はお互い6チーム、ガチの4本試合を行った。

7−2−7分 
【スピリッツ】
○5−4 南白レジェンド
△3−3
○9−2
○8−7

【ミニリッツ】
●4−6南白レジェンドC
○7−6南白レジェンド6年
○7−0南白レジェンド6年
○4−3南白レジェンドC

 いつも会場の準備をしてくださる南白コーチ陣と保護者の皆様には本当に感謝である。このようなフォローがあるから、子供達は思い切りタグを楽しむことができるのだと思う。
 とりあえず年内の南白との練習試合は最後となる。この2日間の勝敗は、七国の5勝1分けと、とりあえず無敗で終わることができたが、南白の驚異的なレベルアップには本当に驚かされた。
 東京では12位の七国だが、関東では1・2位の力があると思っている。別に天狗になっているわけではなく、冷静に客観的に七国を分析してもそのような位置づけになる。
 まぁ、だからこそこの東京12位というポジションは七国スピリッツ結成以来、最大の屈辱であり、多摩地区大会での鬱憤を晴らそうとスピリッツは下克上に燃えている訳なのだが。本当にこのポジションは悔しいが、それがよいモチベーションになっているのも確かなのだ。
 話がそれたがこの2日間のスコアを見ても七国と南白に大きな差はない。つまり、南白はこの短期間の間に関東トップクラスの実力を身に付けたということになる。昨年の府中Jrがかぶってしまう。本当に大したものだと南白コーチ陣と選手を尊敬する。
 確かにどちらが綺麗なラグビーをやるか、という点で見れば、七国の方が上なのだが、ボールに対する執着心や迫力という面では南白の方が上だと思う。この良い意味での泥臭さが南白の魅力であり、強みなのだ。
 1月の代表決定大会はきっと史上最高レベルの大会になることは間違いない。そんなハイレベルの大会で、12位の七国が他チームからマークされているのは素直に嬉しい。本来ならばノーマークの位置にいるチームなのだから。とにかく七国はチャレンジャーとして最大の下克上を達成するため、謙虚に精進を続けていきたい。

南白交流(2)

 本日は2回目の南白交流。昨日、南白はひかりと若葉台ドリームスと練習試合を行い、更なる自信を深めたようだ。七国は連日の遠征の疲れを取ることと、これまでに明らかになった課題を解決するため、動きの確認程度の軽い練習を2時間行うくらいにしておいた。
 今日はお互い6チーム、ガチの4本試合を行った。

7−2−7分 
【スピリッツ】
○5−4 南白レジェンド
△3−3
○9−2
○8−7

【ミニリッツ】
●4−6南白レジェンドC
○7−6南白レジェンド6年
○7−0南白レジェンド6年
○4−3南白レジェンドC

 いつも会場の準備をしてくださる南白コーチ陣と保護者の皆様には本当に感謝である。このようなフォローがあるから、子供達は思い切りタグを楽しむことができるのだと思う。
 とりあえず年内の南白との練習試合は最後となる。この2日間の勝敗は、七国の5勝1分けと、とりあえず無敗で終わることができたが、南白の驚異的なレベルアップには本当に驚かされた。
 東京では12位の七国だが、関東では1・2位の力があると思っている。別に天狗になっているわけではなく、冷静に客観的に七国を分析してもそのような位置づけになる。
 まぁ、だからこそこの東京12位というポジションは七国スピリッツ結成以来、最大の屈辱であり、多摩地区大会での鬱憤を晴らそうとスピリッツは下克上に燃えている訳なのだが。本当にこのポジションは悔しいが、それがよいモチベーションになっているのも確かなのだ。
 話がそれたがこの2日間のスコアを見ても七国と南白に大きな差はない。つまり、南白はこの短期間の間に関東トップクラスの実力を身に付けたということになる。昨年の府中Jrがかぶってしまう。本当に大したものだと南白コーチ陣と選手を尊敬する。
 確かにどちらが綺麗なラグビーをやるか、という点で見れば、七国の方が上なのだが、ボールに対する執着心や迫力という面では南白の方が上だと思う。この良い意味での泥臭さが南白の魅力であり、強みなのだ。
 1月の代表決定大会はきっと史上最高レベルの大会になることは間違いない。そんなハイレベルの大会で、12位の七国が他チームからマークされているのは素直に嬉しい。本来ならばノーマークの位置にいるチームなのだから。とにかく七国はチャレンジャーとして最大の下克上を達成するため、謙虚に精進を続けていきたい。

南白交流(1)

 本日は第1回目の南白交流。南白・豊岡と練習試合を行った。
 南白は春の出遅れを取り戻すべく、元若葉台小のI監督から指導を受けたり、色々な相手と練習試合を組んだりと精力的にレベルアップに努めている。
その成果は着実に出ていて、良い意味で府中らしくなくなってきている。指導者がチームを組んでレジェンドのレベルアップに取り組んでいるのも非常に好感がもてる。

5−2−5分
【スピリッツ】

○ 8−2 豊岡オールスターズ
○ 5−3 南白レジェンド
○ 7−2 豊岡オールスターズ
○ 4−2 南白レジェンド

【ミニリッツ】

● 1−6 南白レジェンド
● 5−7 豊岡オールスターズ
● 1−6 南白レジェンド
○ 8−6 豊岡オールスターズ
△ 2−2 南白レジェンドC(次年度トップ)

 豊岡はけが人が続出したらしく、オールスターズの選手は5人しか揃わなかったそうだ。それでも七国・南白のトップチームに接戦できるところが流石豊岡、といったところだ。神奈川エントリー大会でSSTCに勝利した底力を感じることができた。パスやタグ取りフォローコースなど、東京のチームにはない丁寧さと確実さを見ることができた。

 スピリッツも本日は2名不参加で交代メンバーなしの5人で4試合を戦った。前なら、バテバテになり、弱音を吐く選手が出るところだが、茅ヶ崎とのハードな内容の練習試合のお陰で何とか全勝で終えることができた。こちらがフルメンバーではなかったにしても、南白のレベルアップは本当に素晴らしいと感じた。次年度のトップチームもしかり。ミニリッツが何とか引き分けにもって行くのがやっと。次年度は南白も女子がトップチームに入りそうであり、ゾーン突入条件を次年度南白も満たすことになる。まずは多摩カップ新人生トーナメントでしっかりと力比べをしたい。

 南白は明日も練習試合を行うとのこと。次の交流では更にレベルアップした南白と戦うことになる。今からとても楽しみにしている。
 

南白交流(1)

 本日は第1回目の南白交流。南白・豊岡と練習試合を行った。
 南白は春の出遅れを取り戻すべく、元若葉台小のI監督から指導を受けたり、色々な相手と練習試合を組んだりと精力的にレベルアップに努めている。
その成果は着実に出ていて、良い意味で府中らしくなくなってきている。指導者がチームを組んでレジェンドのレベルアップに取り組んでいるのも非常に好感がもてる。

5−2−5分
【スピリッツ】

○ 8−2 豊岡オールスターズ
○ 5−3 南白レジェンド
○ 7−2 豊岡オールスターズ
○ 4−2 南白レジェンド

【ミニリッツ】

● 1−6 南白レジェンド
● 5−7 豊岡オールスターズ
● 1−6 南白レジェンド
○ 8−6 豊岡オールスターズ
△ 2−2 南白レジェンドC(次年度トップ)

 豊岡はけが人が続出したらしく、オールスターズの選手は5人しか揃わなかったそうだ。それでも七国・南白のトップチームに接戦できるところが流石豊岡、といったところだ。神奈川エントリー大会でSSTCに勝利した底力を感じることができた。パスやタグ取りフォローコースなど、東京のチームにはない丁寧さと確実さを見ることができた。

 スピリッツも本日は2名不参加で交代メンバーなしの5人で4試合を戦った。前なら、バテバテになり、弱音を吐く選手が出るところだが、茅ヶ崎とのハードな内容の練習試合のお陰で何とか全勝で終えることができた。こちらがフルメンバーではなかったにしても、南白のレベルアップは本当に素晴らしいと感じた。次年度のトップチームもしかり。ミニリッツが何とか引き分けにもって行くのがやっと。次年度は南白も女子がトップチームに入りそうであり、ゾーン突入条件を次年度南白も満たすことになる。まずは多摩カップ新人生トーナメントでしっかりと力比べをしたい。

 南白は明日も練習試合を行うとのこと。次の交流では更にレベルアップした南白と戦うことになる。今からとても楽しみにしている。
 

茅ヶ崎遠征(3)


 本日は3回目の茅ヶ崎交流。
 お昼には茅ヶ崎の豚汁パーティーに招待してもらった。ご準備してくださった茅ヶ崎の保護者の皆様、本当にありがとうございました。
心も体も温まるごちそうでした。本当に美味しかった!!

 今年最後の茅ヶ崎との練習試合。いつものように下記が試合結果である。

【スピリッツ】

△ 6−6 茅ヶ崎ブルーフェニックス
● 3−5     〃
○ 7−2     〃
○10−3     〃


【ミニリッツ】

○ 4−1 (次年度)茅ヶ崎ブルーフェニックス
○ 4−3      〃
○ 3−1      〃


 この3回の交流でお互いにとても成長できたと思う。それぞれの良さを更に磨くことができたし、相手の良さを自分のプレーに取り入れることができた。茅ヶ崎・七国がとても高い次元で高め合った結果である。
 特に七国スピリッツにとって、今日の練習試合は七国交流と同じくらい大きくチーム力を向上させる機会となった事は間違いない。全国屈指の攻撃力を誇る茅ヶ崎のアタックを受け続ける中で、七国の選手は失敗や敗戦を重ねながら、このとんでもない攻撃を防ぐ術を身に付けた。このわずかに芽生えた自信を残りの練習で確信に変えていけばよい。
 個人的には茅ヶ崎も七国同様、ゾーンに突入したと感じている。身体能力の高い6年男子と、献身的なプレーでチームを支える女子の融合。見事にゾーン突入の条件を満たし、爆発的な成長を遂げている。1月の神奈川大会、2月の多摩カップでの大活躍が今から本当に楽しみである。


 恒例のミックストーナメントは優勝チームに互いのチームシールがプレゼントされるとあって、今までにない超真剣モードの好ゲームとなった。決勝・3位決定戦、共に延長サドンデス。素晴らしい内容の好ゲームだった。また次もこのレベルを期待している!!

 

茅ヶ崎遠征(3)


 本日は3回目の茅ヶ崎交流。
 お昼には茅ヶ崎の豚汁パーティーに招待してもらった。ご準備してくださった茅ヶ崎の保護者の皆様、本当にありがとうございました。
心も体も温まるごちそうでした。本当に美味しかった!!

 今年最後の茅ヶ崎との練習試合。いつものように下記が試合結果である。

【スピリッツ】

△ 6−6 茅ヶ崎ブルーフェニックス
● 3−5     〃
○ 7−2     〃
○10−3     〃


【ミニリッツ】

○ 4−1 (次年度)茅ヶ崎ブルーフェニックス
○ 4−3      〃
○ 3−1      〃


 この3回の交流でお互いにとても成長できたと思う。それぞれの良さを更に磨くことができたし、相手の良さを自分のプレーに取り入れることができた。茅ヶ崎・七国がとても高い次元で高め合った結果である。
 特に七国スピリッツにとって、今日の練習試合は七国交流と同じくらい大きくチーム力を向上させる機会となった事は間違いない。全国屈指の攻撃力を誇る茅ヶ崎のアタックを受け続ける中で、七国の選手は失敗や敗戦を重ねながら、このとんでもない攻撃を防ぐ術を身に付けた。このわずかに芽生えた自信を残りの練習で確信に変えていけばよい。
 個人的には茅ヶ崎も七国同様、ゾーンに突入したと感じている。身体能力の高い6年男子と、献身的なプレーでチームを支える女子の融合。見事にゾーン突入の条件を満たし、爆発的な成長を遂げている。1月の神奈川大会、2月の多摩カップでの大活躍が今から本当に楽しみである。


 恒例のミックストーナメントは優勝チームに互いのチームシールがプレゼントされるとあって、今までにない超真剣モードの好ゲームとなった。決勝・3位決定戦、共に延長サドンデス。素晴らしい内容の好ゲームだった。また次もこのレベルを期待している!!

 
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク