FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回サントリーカップ東京ブロック決定大会


 本日、辰巳ラグビー場でサントリーカップ東京ブロック代表決定大会が行われた。大会を運営してくれた協会のみなさん、また、レフリー・タッチジャッジを行ってくれたチーム関係者のみなさんに心から感謝である。特にレフリーは全国でもトップクラスの高いレフリング。本当に見事だった。
 また、遠いところ応援に茅ヶ崎のみんなが駆けつけてきてくれた。茅ヶ崎とは冬休みずっと一緒に練習してきた。だからこの応援は本当に嬉しかった。

 代表決定大会に向けて各チーム、正月返上で必死に練習に取り組んできた。交流してきた南白はもちろん、OB・OGと猛特訓を繰り返してきた白糸、SSTCや横濱ラグビーアカデミーとの特訓をしてきた、ひかりきっずくらぶ、その他のチームもきっと必死で練習してきたことだろう。だからこそこんなに素晴らしいハイレベルな大会になったのだと思う。参加した全ての選手、コーチ、保護者の頑張り素晴らしいと思う。昔から東京タグに関わってきた人間として、ついにここまできたかという嬉しい思いで一杯である。

 その素晴らしいチームの一つに七国スピリッツが加われたことはとても嬉しい。その幸せを感じながら選手達は多摩大会で自分達のタグラグビーができなかった分、思い切りタグラグビーを楽しむことができた。

Aプール
○6−2 ひかりきっずくらぶ

 23区チャンピオンのひかりきっずくらぶ。今シーズン、ひかりとはヨコハマカップ、神奈川タグ大会、そしてサントリーカップと節目の大会で必ず戦う宿命のライバル。初戦の入りを相当意識して臨んだが、いつものテンポが出ない。スローな攻撃と繰り返すオフサイド。どうなることかと心配したが、茅ヶ崎・七国大応援団が選手に力を与えた。最初の難関を苦しみながらも何とか突破した。

○6−4 若ザムライ

 武蔵野3位の若ザムライ。初戦でひかりきっずくらぶを破り、勢いに乗っていた。武蔵野大会で見たときよりも格段にレベルアップした印象を受けた。きっと冬休みかなり練習したのだろう。素晴らしいチームだった。スピリッツはここでもまだエンジンがかからず、スローなテンポの攻撃を繰り返していた。そうこうするうちに相手の個人技で突破を許し、点差を詰められてしまう。6−4と辛くも勝利することができたが、課題の残る試合となった。

準決勝

○8−3 馬三モンキーズ

 23区3位の馬三モンキーズ。スピリッツは初対戦となる相手だった。元気がよく、プレーも洗練されたよいチームだった。ただ救いだったのが、やっとエンジンがかかり始めたことと、S監督のアドバイスでプレーにいつものキレが戻ってきたこと。ここからが七国スピリッツの本領発揮。サインプレーだけに頼らない、状況に応じたプレー、それを支えるチームワーク。準決勝を8−3で勝利し、七国スピリッツ創設以来、初の決勝戦進出となった。

決勝

○7−1 南白レジェンド

 武蔵野2位の南白レジェンド。冬休み、同じ東京ブロックなのに何度も練習試合をしてくれたチームだ。お互い手の内は知り尽くしている。実力はほぼ互角。普通にやればどっちが勝ったか本当に分からない。しかしここで我々に大きな力をくれたのは茅ヶ崎・七国、そして予選を戦った、ひかりと若松の大応援団だった。一つ一つのプレーに大きな声援が起こる。その声援に後押しされ、選手達はのびのびと七国のタグラグビーを楽しんだ。決勝戦の選手達はいつもの何倍もたくましく、大きく見えた。4年生の時はあんなにポロポロボールを落とし、タグミスしていた子供達がよくぞここまで成長したと心底嬉しくなった。試合終了、7−1。みんなの力で勝ち取った優勝だった。



 この結果、七国スピリッツが東京ブロック代表として3月17・18日の全国大会に出場することとなった。しかしこれは七国だけでは成し遂げることができなかった。冬休み、とことん交流してくれた兄弟チームの茅ヶ崎、同じブロックながら交流してくれた南白、年末の忙しい中、練習をつけてくれた豊岡、そして偉大な先輩、若葉台。みんなが鍛えてくれたからこそ七国スピリッツはここまでくることができた。そして交流はできなかったが、互いに意識し合い必死に磨き合った白糸やひかりの存在があったからこそ我々は強くなることができた。私は全てのチームに対し、感謝と尊敬の思いで一杯なのだ。ひょっとするとここまで痺れるような代表決定大会はもう二度と来ないかもしれない。勝敗関係なく、私にとってそのくらいこの大会は思い出になるものになった。

 次は2/18(土)の多摩カップ卒業生・新人生大会である。今度は団体として四連覇をかけての戦い。卒業生・新人生大会両カテゴリーここも痺れるような戦いを関東のタグラガー期待しているぞ!!



 
 
スポンサーサイト

第8回サントリーカップ東京ブロック決定大会


 本日、辰巳ラグビー場でサントリーカップ東京ブロック代表決定大会が行われた。大会を運営してくれた協会のみなさん、また、レフリー・タッチジャッジを行ってくれたチーム関係者のみなさんに心から感謝である。特にレフリーは全国でもトップクラスの高いレフリング。本当に見事だった。
 また、遠いところ応援に茅ヶ崎のみんなが駆けつけてきてくれた。茅ヶ崎とは冬休みずっと一緒に練習してきた。だからこの応援は本当に嬉しかった。

 代表決定大会に向けて各チーム、正月返上で必死に練習に取り組んできた。交流してきた南白はもちろん、OB・OGと猛特訓を繰り返してきた白糸、SSTCや横濱ラグビーアカデミーとの特訓をしてきた、ひかりきっずくらぶ、その他のチームもきっと必死で練習してきたことだろう。だからこそこんなに素晴らしいハイレベルな大会になったのだと思う。参加した全ての選手、コーチ、保護者の頑張り素晴らしいと思う。昔から東京タグに関わってきた人間として、ついにここまできたかという嬉しい思いで一杯である。

 その素晴らしいチームの一つに七国スピリッツが加われたことはとても嬉しい。その幸せを感じながら選手達は多摩大会で自分達のタグラグビーができなかった分、思い切りタグラグビーを楽しむことができた。

Aプール
○6−2 ひかりきっずくらぶ

 23区チャンピオンのひかりきっずくらぶ。今シーズン、ひかりとはヨコハマカップ、神奈川タグ大会、そしてサントリーカップと節目の大会で必ず戦う宿命のライバル。初戦の入りを相当意識して臨んだが、いつものテンポが出ない。スローな攻撃と繰り返すオフサイド。どうなることかと心配したが、茅ヶ崎・七国大応援団が選手に力を与えた。最初の難関を苦しみながらも何とか突破した。

○6−4 若ザムライ

 武蔵野3位の若ザムライ。初戦でひかりきっずくらぶを破り、勢いに乗っていた。武蔵野大会で見たときよりも格段にレベルアップした印象を受けた。きっと冬休みかなり練習したのだろう。素晴らしいチームだった。スピリッツはここでもまだエンジンがかからず、スローなテンポの攻撃を繰り返していた。そうこうするうちに相手の個人技で突破を許し、点差を詰められてしまう。6−4と辛くも勝利することができたが、課題の残る試合となった。

準決勝

○8−3 馬三モンキーズ

 23区3位の馬三モンキーズ。スピリッツは初対戦となる相手だった。元気がよく、プレーも洗練されたよいチームだった。ただ救いだったのが、やっとエンジンがかかり始めたことと、S監督のアドバイスでプレーにいつものキレが戻ってきたこと。ここからが七国スピリッツの本領発揮。サインプレーだけに頼らない、状況に応じたプレー、それを支えるチームワーク。準決勝を8−3で勝利し、七国スピリッツ創設以来、初の決勝戦進出となった。

決勝

○7−1 南白レジェンド

 武蔵野2位の南白レジェンド。冬休み、同じ東京ブロックなのに何度も練習試合をしてくれたチームだ。お互い手の内は知り尽くしている。実力はほぼ互角。普通にやればどっちが勝ったか本当に分からない。しかしここで我々に大きな力をくれたのは茅ヶ崎・七国、そして予選を戦った、ひかりと若松の大応援団だった。一つ一つのプレーに大きな声援が起こる。その声援に後押しされ、選手達はのびのびと七国のタグラグビーを楽しんだ。決勝戦の選手達はいつもの何倍もたくましく、大きく見えた。4年生の時はあんなにポロポロボールを落とし、タグミスしていた子供達がよくぞここまで成長したと心底嬉しくなった。試合終了、7−1。みんなの力で勝ち取った優勝だった。



 この結果、七国スピリッツが東京ブロック代表として3月17・18日の全国大会に出場することとなった。しかしこれは七国だけでは成し遂げることができなかった。冬休み、とことん交流してくれた兄弟チームの茅ヶ崎、同じブロックながら交流してくれた南白、年末の忙しい中、練習をつけてくれた豊岡、そして偉大な先輩、若葉台。みんなが鍛えてくれたからこそ七国スピリッツはここまでくることができた。そして交流はできなかったが、互いに意識し合い必死に磨き合った白糸やひかりの存在があったからこそ我々は強くなることができた。私は全てのチームに対し、感謝と尊敬の思いで一杯なのだ。ひょっとするとここまで痺れるような代表決定大会はもう二度と来ないかもしれない。勝敗関係なく、私にとってそのくらいこの大会は思い出になるものになった。

 次は2/18(土)の多摩カップ卒業生・新人生大会である。今度は団体として四連覇をかけての戦い。卒業生・新人生大会両カテゴリーここも痺れるような戦いを関東のタグラガー期待しているぞ!!



 
 
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。