FC2ブログ

南白交流とSSTC卒業記念試合

 本日は盛りだくさん。
 新チームと卒業生チーム、Wで交流を行った。

 まずは新チーム。
 南白レジェンドとの1回目の交流。
 今シーズンは茅ヶ崎・南白・白糸らと定期的に交流しよう、ということになった。
 会場を交互にして引率や会場準備などの負担も減らしていこうと指導者間で話もできている。

 と、いうことで今回は南白にわざわざ七国まで来てもらった。
 次回は七国が南白にお邪魔する予定だ。

 今までは練習試合がメインだったが、合同練習も取り入れていこうという話だったので、南白には七国の練習を一緒に体験してもらった。
 初めての練習メニューは普通、戸惑うことが多いのだが、そこは南白の子供達。すぐに慣れて練習を自分のものにしていた。

 1時間半くらい練習をした後は成果を確認するための練習試合。
 七国・南白とも練習のねらいをしっかりと意識してプレーすることができた。
 子供達は兎角、難しくプレーしたり、ややこしいサインに走ったりしがちだが、ラグビーの本質から外れず基礎基本を大切にすることが重要なんだと理解することができたのではないだろうか。
 あと、今回の南白全チームが男女混合で組んできたことも、とっても嬉しかった。
 男女それぞれのよさを発揮することが大切なんだという、南白指導者の気持ちが素晴らしい。

 


 午後からはSSTCに来てもらい、卒業記念試合を行った。
 全国でカップトーナメントに進出した2チームが卒業記念試合。
 ・・・・こんな素晴らしい試合が行えるなんて、本当に恵まれた環境に七国はいるのだぁと、感謝の気持ちで一杯である。

 「七国に勝つまでは終われない。」という強い気持ちで向かってきてくれたSSTC。
 2戦して、しっかり七国の2連敗。
 見事にやられました・・・・
 いやぁ、強いです。SSTC。

 しっかりとプレーや試合に臨む姿勢を勉強させてもらったので、新年度チームに生かしていきたいと思っている。本当に感謝。

 卒業生スピリッツもTOKYO CUPへのとても良いモチベーションになったことと思う。
 SSTCさん、今度はスピリッツがチャレンジする番です。よろしくね。

 さんざん告知しているが今年のTOKYO CUPから中学生の部を本格的にスタートさせる。
 茅ヶ崎、SSTC、七国、白糸、南白・・・・中学生の新しい真剣勝負がまた見られる。
 こういった取り組みを関東だけでなく、全国各地で開催してくれれば中学タグの土壌が育つ。
 各地区のタグ指導者が本気になれば全国規模で大会を行うことだって可能なはずだ。
 こういう裾野の広がりが、やがては7人制ラグビーの大きな発展につながると信じている。
 「誰かが何かしてくれる」では何も始まらない。タグ指導者が一歩踏み出す勇気が必要なのだと思う。何より、「タグがしたい!」と、考える中学生のために。

 今、全力で各地区の小中運動会や、中学校の中間試験の日程をリサーチ中だ。
 これらを最大限、配慮して日程を決めていこうと思っている。
 とりあえず、6月第2or第4土曜日が候補になっている。会場は富士森陸上競技場が確保できなかったので、府中市民サッカー場を予定している。
 低学年(1〜3年)高学年(4〜6年)中学生の3部門、全100チームくらいは受け入れ可能だと思う。

 関東に限らず、どこでもウェルカムなので是非とも検討して欲しい。



 
スポンサーサイト

南白交流とSSTC卒業記念試合

 本日は盛りだくさん。
 新チームと卒業生チーム、Wで交流を行った。

 まずは新チーム。
 南白レジェンドとの1回目の交流。
 今シーズンは茅ヶ崎・南白・白糸らと定期的に交流しよう、ということになった。
 会場を交互にして引率や会場準備などの負担も減らしていこうと指導者間で話もできている。

 と、いうことで今回は南白にわざわざ七国まで来てもらった。
 次回は七国が南白にお邪魔する予定だ。

 今までは練習試合がメインだったが、合同練習も取り入れていこうという話だったので、南白には七国の練習を一緒に体験してもらった。
 初めての練習メニューは普通、戸惑うことが多いのだが、そこは南白の子供達。すぐに慣れて練習を自分のものにしていた。

 1時間半くらい練習をした後は成果を確認するための練習試合。
 七国・南白とも練習のねらいをしっかりと意識してプレーすることができた。
 子供達は兎角、難しくプレーしたり、ややこしいサインに走ったりしがちだが、ラグビーの本質から外れず基礎基本を大切にすることが重要なんだと理解することができたのではないだろうか。
 あと、今回の南白全チームが男女混合で組んできたことも、とっても嬉しかった。
 男女それぞれのよさを発揮することが大切なんだという、南白指導者の気持ちが素晴らしい。

 


 午後からはSSTCに来てもらい、卒業記念試合を行った。
 全国でカップトーナメントに進出した2チームが卒業記念試合。
 ・・・・こんな素晴らしい試合が行えるなんて、本当に恵まれた環境に七国はいるのだぁと、感謝の気持ちで一杯である。

 「七国に勝つまでは終われない。」という強い気持ちで向かってきてくれたSSTC。
 2戦して、しっかり七国の2連敗。
 見事にやられました・・・・
 いやぁ、強いです。SSTC。

 しっかりとプレーや試合に臨む姿勢を勉強させてもらったので、新年度チームに生かしていきたいと思っている。本当に感謝。

 卒業生スピリッツもTOKYO CUPへのとても良いモチベーションになったことと思う。
 SSTCさん、今度はスピリッツがチャレンジする番です。よろしくね。

 さんざん告知しているが今年のTOKYO CUPから中学生の部を本格的にスタートさせる。
 茅ヶ崎、SSTC、七国、白糸、南白・・・・中学生の新しい真剣勝負がまた見られる。
 こういった取り組みを関東だけでなく、全国各地で開催してくれれば中学タグの土壌が育つ。
 各地区のタグ指導者が本気になれば全国規模で大会を行うことだって可能なはずだ。
 こういう裾野の広がりが、やがては7人制ラグビーの大きな発展につながると信じている。
 「誰かが何かしてくれる」では何も始まらない。タグ指導者が一歩踏み出す勇気が必要なのだと思う。何より、「タグがしたい!」と、考える中学生のために。

 今、全力で各地区の小中運動会や、中学校の中間試験の日程をリサーチ中だ。
 これらを最大限、配慮して日程を決めていこうと思っている。
 とりあえず、6月第2or第4土曜日が候補になっている。会場は富士森陸上競技場が確保できなかったので、府中市民サッカー場を予定している。
 低学年(1〜3年)高学年(4〜6年)中学生の3部門、全100チームくらいは受け入れ可能だと思う。

 関東に限らず、どこでもウェルカムなので是非とも検討して欲しい。



 
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク