白糸交流

うだるような暑さだった7月28日。
今日は白糸台小学校との練習試合だった。
はるばる七国まで来てくれた白小の皆さん、本当にありがとう。
いつもサポートしてくれる保護者の皆さん、本当にありがとうございます。
手厚い安全対策で無事に交流を終えることができた。

5−1−5分
【スピリッツ】
○3−2 白小フェニックスアルティメット
○3−1
○4−0

7分
【侍スピリッツ】
△2−2 白小フェニックスB
●1−2 
△1−1

【ミニリッツ】
○5−0 白小フェニックスC
○2−1
○3−1

3分半
【七国D】
●0−1 白小フェニックスD
●0−1
○1−0

【七国E】
●0−3 白小フェニックスD


TOKYO CUP準優勝、ヨコハマカップベスト8と常に安定した成績を残している白小。
七国スピリッツもTOKYO CUPでは準決勝で3−6と大敗している。

それ以来の対戦となったわけだが、やはり強い。
白小の強さは伝統的な守備力にある。
だからどんなチームとやっても、必ず最少失点でもっていける。
更に今年はこの守備にスピードある攻撃が加わっている。
タテに入ってくるスピードは私は関東NO1と分析する。

東日本大会に向けて、そんな関東を代表する強豪チームと練習試合ができたのは大きな財産となった。
練習でやっていることを試すことができたのもありがたかった。

あと、もうひとつ。
初めて白小と混合チームでゲームを行った。
お互いチームカラーの異なる選手同士。
この混合ゲームは一度見てみたかった。

今回は良さというより高学年のリード不足や低学年の人任せ感が全面に出た。
しかしこれも大切なこと。
つまりこの両団体は皆をリードしていける高学年の人数が少ないということ、また日頃、人任せなプレーをしている選手がいるということが分かったからだ。

今後の練習でその部分をクリアしていき、次の交流では良さが全面に出ればよい。
次の交流も楽しみだ。










いずみの森交流


本日はいずみの森との練習試合。
東京タグ初の八王子市内のチームの交流。

七国スピリッツを立ち上げて4年目、やっとこの日が来た。
とても感慨深い1日となった。

大きなはじめの一歩。
時間はかかるかもしれないが、いずみの森・七国が互いに交流を深め、いつの日か八王子が府中に負けないタグのメッカとなるよう、頑張っていこうと決意した。
戸吹や富士森で行う練習試合や大会などを八王子市内チームが主導で行い、基板作りをしていきたい。

いずみの森や白糸は芝生の校庭なので、夏休みは芝の養生期間に入る。
困ったときはお互い様。
この夏はたくさん七国に遊びに来てほしいと思っている。
うちはいつでも大歓迎だ。

試合は私がずっとレフリーをしていた関係でスコアが全く分からず、アップすることはできないが、いずみの森は七国侍スピリッツから1勝、七国スピリッツから1点奪うなど、素晴らしいプレーを随所に見せた。
コーリングもしっかりしている。
たてに入るスピードもよい。
デフェンスも対応できている。

茅ヶ崎やひかり、七国、白糸との違いは経験値だけだろう。
それは日々の練習の積み重ねと時間が解決してくれる。

秋にはきっと大きな花が咲くことだろう。
楽しみにしている。



さて、交流会のお知らせ。
9/1(土)八王子の戸吹サッカーラグビー場で関東各県のチームを招き、交流会(練習試合)を開催する。
まだ交流をしたことのない団体も大歓迎。
コートは4面とれるのでたくさんのチームが来ても大丈夫。
ちなみに戸吹グランドは圏央道「あきる野IC」から車で5分と車で来る分にはなかなかの好立地。
電車で来ると八王子から東京サマーランド行きのバスで30分と不便なのだが・・・

関越道付近の北関東組や中央道を使える山梨、長野、頑張って岐阜。
どうでしょう?
関東屈指の強豪が揃う交流会なのでぜひ検討してみてね。

関東タグの仲間で参加希望の団体は早めにメールをください。
カテゴリー分けしますので。


東日本大会まであと1週間!!!!
本気で楽しみだ!!!

東日本大会「ラ・フランス キャンプ」組み合わせ

昨日、関東と東北それぞれで決めた組み合わせをすり合わせ、第1回タグラグビー東日本大会「ラ・フランスキャンプ」確定版が出来た。

Aプール
ひかりきっずくらぶ
浦安ウイングスブラック
青葉西タイタンズ

Bプール
SSTC
七国ミニリッツ
日詰

Cプール
小柳ライトニングス
七国侍スピリッツ
小佐野バーバリアンズ

Dプール
豊岡オールスターズ
七国プチリッツ
青葉西タイタンズB

Eプール
いずみの森ユナイテッド
茅ヶ崎ブルージェイス
鹿折レッズ

Fプール
七国スピリッツ
赤石レッドカルロス
鹿折レッズB

Gプール
茅ヶ崎ブルーフェニックス
奥州RS
日詰B

Hプール
浦安ウイングス
古館
小佐野バーバリアンズB


組み合わせを見てみると、東北代表として全国に出たチームが4つ、関東で3つ。
更に関東は、今シーズンの関東チャンピオンチームの2チーム、TOKYO CUP制覇の豊岡・ヨコハマカップ制覇の茅ヶ崎が参戦。
これはすごい。

七国的には予選初戦でいきなり赤石レッドカルロスと対戦。
昨年度サントリーカップ予選オープニングゲームで対戦し、引き分けた相手だ。

新しい世代が先輩達の決着をつけることになる。
あと半月、全ての照準をこの1戦に合わせる。
この対戦ができることに心から感謝し、万全の準備をしたい。

ヨコハマカップ速報と東日本大会関東組抽選結果

本日、関東学院釜利谷グランドでヨコハマカップが開催された。
主催してくれた横濱ラグビーアカデミーと関東学院大学ラグビー部の皆さんに心からお礼を言いたい。
梅雨明けを感じさせるような気候の中、関東各県のタグラガーが熱戦を繰り広げた。

ジュニアの部

【スピリッツ】

○6−1 幸ヶ谷A
○7−2 厚木ドンキーズ
○8−0 茅ヶ崎ブルージェイス
○6−1 釜利谷スパーシャインズ
○5−4 西富スパイダース
●1−2 茅ヶ崎ブルーフェニックス
*1−1延長サドンデス敗退
カップトーナメント準優勝

【七国A】
○5−1 西富ココナッツ
●0−6 横浜レッドウォーリアーズ
○6−0 宮谷ラッキーズ
○5−4 桜井6A
○4−1 いずみの森U5
○4−3 学世田ゴッドウイングス
●1−7 はやぶさクラブ
プレート準優勝


ミニの部
【ミニリッツ】
●4−5 わかさむらいかまくら
○6−2 厚木ペガサス
○3−2 豊岡ネクストスターズ
○6−1 浦安ブラウン
○6−0 はやぶさ日野
○4−0 釜利谷スターペガサス
プレート優勝

【七国D】
○4−2 はやぶさ日野
○4−3 桜井4B
○4−3 はやぶさセブン
○6−5 茅ヶ崎ブルーモンスターズ
●1−2 ひかりきっずくらぶブルー
カップ3位

【七国E】
○1−0 大道ドラゴンフライミニ
○4−2 学世田アクアウイングス
●1−2 久原ファイターズ
カップ初戦敗退


ジュニアの部

カップ優勝
茅ヶ崎ブルーフェニックス

準優勝
七国スピリッツ

三位
豊岡オールスターズ
西富スパイダース


以上のような結果となった。
兄弟チーム茅ヶ崎とは公式戦で3回全て決勝戦で対戦している。
結果は七国3戦全敗と、ど〜も分が悪い。

しかしながら締まったデフェンスの好ゲームに多くの観客から賞賛の拍手をもらえたのは嬉しい限り。

スピリッツ以外の4チームも好ゲームを見せてくれた。
自信と、また新しい課題をもらえた有意義な大会となった。


昼休みには東日本大会の抽選会を行った。
下記が関東組の結果である。
Aプール
ひかりきっずくらぶ
浦安ウイングスブラック

Bプール
SSTC
七国ミニリッツ

Cプール
小柳ライトニングス
七国侍スピリッツ

Dプール
豊岡オールスターズ
七国プチリッツ

Eプール
いずみの森ユナイテッド
茅ヶ崎ブルージェイス

Fプール
七国スピリッツ

Gプール
茅ヶ崎ブルーフェニックス

Hプール
浦安ウイングス


これに各プールに東北組が入り、組み合わせが完成する。
確定次第、更新するのでお楽しみに。










南白交流


ヨコハマカップ前日。
本日は昨年度サントリーカップ東京ブロック準優勝チームである南白レジェンドと練習試合を行った。
遠く府中からはるばる七国へ来てくれた南白の皆さん、本当にありがとう。

昨シーズンは何度も練習試合を行った両チームだが、今シーズンはこれが初対戦。
お互いに収穫の多い1日となった。

5−1−5分
【スピリッツ】
○5−3 南白レジェンドC
○6−0
○5−0
○5−1

7分1本
【七国A】
○1−0 南白レジェンドD
●2−5
○3−2

【ミニリッツ】
△1−1 南白レジェンドE
○3−1
○2−1
○1−0

3分半
【七国D】
○2−1 南白レジェンドF
○1−0
△0−0
【七国E】
△2−2 南白レジェンドF
△1−1
○2−0
○2−0

七国は今シーズン上半期は、第1回タグラグビー東日本大会「ラ・フランス キャンプ」を最大の目標にしてチーム作りを行っている。
5月の七国交流、6月のTOKYO CUPではどうなることかと思ったが、ここに来てようやく戦える団体になってきた。

明日のヨコハマカップでは関東の強豪と力比べができる。
本当にありがたい事だ。
ここでまた新しい課題をもらうことだろう。

「ラ・フランス キャンプ」までにできるだけ多くの課題を解決し、必ず対戦しようと約束した赤石レッドカルロスと青葉西タイタンズと好ゲームをしたい。
待っててね。レッカルSさん、青葉Tさん





茅ヶ崎交流


本日は茅ヶ崎との練習試合。
七国の朝練習は雨天中止となったが、午後は天候が回復し予定通り練習試合を行うことができた。
会場を準備してくださった茅ヶ崎関係者の皆様、いつも本当にありがとうございます。

【7−1−7分】
スピリッツ
○5−2茅ヶ崎ブルーフェニックス
●4−5
△5−5
○6−3
○4−3

【7分】
七国A
△2−2茅ヶ崎ブルージェイス
○2−1
●1−2

ミニリッツ
○3−2茅ヶ崎ブル−ジェイス
○5−2
○5−2

プチリッツ
○3−1茅ヶ崎ブルージェイス
△1−1


お互いこの練習試合はヨコハマカップに向けての大切な確認をするものだった。
だから無事、実施できたことは大きい。


「こういう様に攻めてほしい。」
「こういう様に守ってほしい」
相手方に要求したいことを全て実践しあえるのが青と黄の交流の良いところ。
細かく話さなくても茅ヶ崎が目指すタグラグビーは見えたし、茅ヶ崎も七国が目指すタグラグビーが見えたことと思う。



試合も沢山行い、さあ終了というところで自然と子供達から、
「いつもの混合試合しないの?あれが楽しみなんだけど。」
と、声が上がった。

子供達は昨年度、先輩達が混合ゲームでより仲良くなり交流を深めた姿をしっかりと見ていたのだ。
2年間、兄弟チームとして積み重ねてきた交流は脈々と次の世代に受け継がれているのだと改めて実感した。

昨年と同じように混合チームを作り、楽しくゲームを行い交流を終えた。
茅ヶ崎の皆さん、ありがとうございました。
来週、ヨコハマカップで会いましょう!








プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク