9/1合同練習試合参加チーム決定

次年度から本格的にスタートさせる関東交流会の試験的な取り組みとして企画した合同練習試合。
金曜日にエントリーを締め切った。
参加チームは下記の通り。

Aコート

七国
茅ヶ崎
白糸
いずみの森
府中Jr
小柳
豊岡
南白
浦安

Bコート

七国B
七国C
白糸B
白糸C
いずみの森B
いずみの森C
小柳B
小柳C
豊岡B
南白B
南白C
府中JrB
浦安B

Cコート

七国D
七国E
茅ヶ崎B
茅ヶ崎C
白糸D
白糸E
いずみの森D
いずみの森E
小柳D
小柳E
豊岡C
南白D


参加チーム数34。
ちょとした大会ができる規模になった。

でも今回は交流会。
イメージはコート内総当たり戦。
と、いっても午後から来るチームがあったり、同じコートに同団体がいたりするので必ずしも総当たりとはならないが、それでもAコート33試合、Bコート40試合、Cコート27試合、合計100試合が1日で行われる。

大会となると、「このチームとやりたかったのになぁ。できなかったよ。」ということがしばしばある。
でも、この交流会ではほぼすべての団体と試合ができる。
これは大きなメリット。
さらに東京都ラグビーフットボール協会からN村さんが、浦安からHさんTさんが専属レフリーとして本交流会をバックアップしてくれる。
感謝の気持ちでいっぱいだ。

次年度事業計画として2学期は毎月頭に関東交流会を行う。
もし、この試験的交流会が好評であれば本年度も10月、11月と同じように交流会を設定できればと考えている。
次は青葉西も参加したいといってくれているので是非ともやりたいところだ。


さて話は変わって東日本大会関連。
ラグビーマガジン8/25号に試合結果と記事が掲載されている。
ラグマガ関係者の皆様、本当にありがとうございました。
それと9/1の交流会で大会DVDを配布する。
レッカルSさん、七国Kの渾身の1枚を受け取ってほしい。

白小交流2回目


本日は白小との夏休み2回目の交流だった。
白小は夏休みは芝生養生のため、体育館練習だった。
困ったときはお互い様。
広いグランドで思い切りタグを一緒に楽しんだ。

5−1−5分
【スピリッツ】
○2−1 白小フェニックスアルティメット
○3−1
○5−2

【侍スピリッツ】
●1−2白小フェニックスB
△2−2

【ミニリッツ】
△2−2白小フェニックスC
○5−0
●0−2白小フェニックスB

【七国D】
○4−3白小フェニックスD
●1−3

【七国E】
●1−2白小フェニックスE
●1−2

白小5勝、七国5勝、2引き分けと全くの互角。
レベルの高い充実した交流をすることができた。

TOKYO CUP以来、フルメンバー同士でトップチーム対決もできた。
これもとても勉強になった。

今回はとても暑い中での交流となったわけだが、体調を悪くする子供が出なかったのは、両団体の保護者が氷を準備してくれたり、飲み物を準備してくれたりと万全のバックアップ体制をとってくれたからだ。

いつもながらこの分厚いサポートには感動する。
子供たちはこの幸せをしっかりと理解して日々の活動に取り組んでほしい。
私が現役時代、保護者がサポートしてくれるなんて考えられなかったことだ。


さて、東京タグはこれからいくつか大きな行事が控えている。

一つ目は8月31日(金)18時30分〜八王子市体育館会議室で、第9回サントリーカップ全国小学生タグラグビー大会東京ブロック代表者会議が開催される。
ここでは各予選の日程や予備日、エントリー期日などの確認や競技規則についての確認、その他質疑応答など、運営と参加団体が同じ視点で子供たちの活躍するフィールドを作っていく大切な話し合いの場となる。
今までは教員タグ委員と協会の方々とで行っていた会を今年から参加団体全員を対象とすることでより透明性の高い大会としていければいいと思っている。

二つ目は9月1日(土)に開催される合同練習試合。
今までは練習試合はチームの監督同士が連絡を取り合って設定していたのだが、事前に告知し、オープン参加とすることで今まで交流がなかった団体とも仲良くなろうというのが目的だ。
この試験的な取り組みは次年度から、「関東交流会」という形で事業の一つとして位置づけていきたい。

8月21日現在、
七国
白糸
茅ヶ崎
府中Jr
いずみの森
小柳
が参加を希望してくれている。

まだまだ受付中なので、希望団体はtokyo.tag777@gmail.comまで連絡してほしい。













9月1日(土)合同練習試合

 東日本大会から2週間。
 レッカルSさんが作ってくれた渾身の大会画像スライドショーDVDを関東参加選手全員分コピーするという終わりの見えない戦いをしていた。
 それもやっと終わりいつでも配布できるところまで整えた。しばらくDVDのコピーはやめよう。

 それと同時進行で次年度の第2回東日本タグラグビー交流大会の地ならしを行っていた。
 宿泊施設とグランド確保が難関。
 当初は都内で・・と考えていたのだが、候補地のグランドから宿泊予定場所(オリンピック記念センター)まで遠いことと、肝心のグランドが大勢の人数に耐えられないという声が上がり、代替地を探していた。
 本決まりにはほど遠いが、某八王子宿泊施設100人分を押さえることができた。ここから次の候補グランド(八王子市内の陸上競技場・スタンドあり。ただし予約は11月中旬までできないのでまだ未定)まで車で10分、これなら何とかなりそうだ。100人を超える場合は近隣のビジネスホテルも押さえる。
 南関東組(東京・神奈川)は他地区の参加人数によっては2日間、通いをお願いすることになるかもしれないが、そこはごめんなさい。
 関東開催となると北関東や東海地区からの参戦も容易になるので1回大会24チームを超えることは確実になりそうだ。今のうちからしっかりと準備をしておきたい。

 さて表題の9月1日(土)の合同練習試合のご案内。
 当初は戸吹グランドと言っていたのだが、抽選で惨敗し私はグランド探しの旅に出ることになった。
 紆余曲折あったが、やっとの事で何とか多摩市一ノ宮公園内球技場を8時〜16時で押さえることができた。協力してくれた皆さん、本当にありがとう。
 場所は下記のホームページを参照にしてほしい。
 京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」下車7,8分。多摩川河川敷の公園だ。比較的好立地にある。
 駐車場も1日打ち止め800円タイムズポート聖蹟桜ヶ丘があり、そこにとめるとすぐに多摩川へ出られる。一宮公園はすぐ傍だ。

一宮公園リンク
http://www.city.tama.lg.jp/shisetsu/7944/4197/003978.html
タイムズポート聖蹟桜ヶ丘リンク
http://times-info.net/map/parkdetails/BUK0012904.html

 グランドは3面とる予定。
 アップ場所は芝生広場。
 試合時間は9時〜15時半を予定している。七国は8時20分くらいからグランド設営するのでよければ参加チームは一緒に手伝ってください。

 習熟に応じてタグラグビーを楽しむために、
Aコート・・各団体のトップチーム
Bコート・・各団体の高学年中心チーム(1団体2チームまで)
Cコート・・各団体の初心者・中低学年チーム(エントリー制限なし)
 でコート割りをしようと考えている。

参加予定(8/21現在)
七国
茅ヶ崎
白糸台
府中Jr
いずみの森
小柳(午後から)

が参加を希望してくれている。
 もう少し参加があると盛り上がるので参加希望の団体は、下記のアドレスにメールをしてほしい。
 そうそう、今後タグラグビーの交流会や大会等、メールのやりとりをすることが多くなると考えたのでタグ委員会のアドレスを作ってみた。これなら東京や関東協会のHPにアップしても安心。
 この度正式に今までタグラグビーに関わってきた南関東の指導者数名が関東ラグビーフットボール協会普及育成委員に任命された(みんな委嘱状届いてるよね?)。
 より一層、タグラガーたちのために様々な事業を打ち立てていこうと思っている。
 で、その窓口がこれ。
tokyo.tag777@gmail.com

今後、TOKYO CUPや交流大会などのエントリー受付はこのアドレスで行う予定。
9/1合同練習試合参加希望の団体は来週くらいまでに連絡をよろしくね。 

第1回東日本タグラグビー大会


8月4〜5日、岩手県紫波町で第1回東日本タグラグビー大会が開催された。
この大会を企画し運営実施をしてくれた赤石レッドカルロスのS先生、当日本部運営をしてくれたレッドカルロスの保護者のみなさん、サポートしてくださった紫波町教育委員会、岩手県ラグビーフットボール協会の皆様、宿舎グランドを提供してくれたラフランス温泉館のみなさん本当にありがとうございました。
みんなの思いが、気持ちが一つになった素晴らしい大会だったと思う。



第1日目
A
ひかりきっずくらぶ12−0浦安ウイングウスブラック
ひかりきっずくらぶ 5−3青葉西タイタンズ
浦安ウイングウスブラック0−11青葉西タイタンズ

B
SSTC 7−3 七国ミニリッツ
SSTC 5−5 日詰
日詰 5−5 七国ミニリッツ

C
小柳ライトニングス 3−4七国侍スピリッツ
小柳ライトニングス3−10小佐野バーバリアンズ
七国侍スピリッツ 2−12小佐野バーバリアンズ

D
豊岡オールスターズ12−0七国プチリッツ
豊岡オールスターズ 8−0青葉西タイタンズB
七国プチリッツ   5−4青葉西タイタンズB

E
いずみの森ユナイテッド0−10茅ヶ崎ブルージェイス
いずみの森ユナイテッド4−10鹿折レッズ
茅ヶ崎ブルージェイス11−2鹿折レッズ

F
七国スピリッツ7−3赤石レッドカルロス
七国スピリッツ14−0鹿折レッズB
赤石レッドカルロス13−0鹿折レッズB

G
茅ヶ崎ブルーフェニックス9−4奥州RS
茅ヶ崎ブルーフェニックス11−3日詰B
奥州RS10−3日詰B

H
浦安ウイングス7−2古館
浦安ウイングス8−2小佐野バーバリアンズB
古館3−2小佐野バーバリアンズB



【カップ・プレート進出戦】

ひかりきっずくらぶ15−0古館
SSTC7−3奥州RS
小佐野バーバリアンズ5−4赤石レッドカルロス
豊岡オールスターズ11−2鹿折レッズ
茅ヶ崎ブルージェイス13−0七国プチリッツ
七国スピリッツ8−2七国侍スピリッツ
茅ヶ崎ブルーフェニックス8-2日詰
青葉西タイタンズ10−8浦安ウイングス


以上が1日目の結果。

この後、各チームによるアフターマッチファンクションが行われた。














食事、入浴後は花火・肝試し大会。
虫除けを振りまくり、この日のために準備した覆面をかぶり地面に這いつくばって24のグループを全力で驚かせた。
回数を重ねるごとに飛び出すタイミングをつかみ数名の腰を抜かさせることに成功した。
練習は嘘をつかない。
身をもって実感した瞬間だった。

2日目
ボウル準々決勝
○七国ミニリッツー●浦安ウイングスブラック
○小柳ライトニングスー●青葉西タイタンズB
○いずみの森ユナイテッドー●鹿折レッズB
○小佐野バーバリアンズBー●日詰B

準決勝
○七国ミニリッツー●小柳ライトニングス
○小佐野バーバリアンズBー●いずみの森ユナイテッド

決勝
○七国ミニリッツ6−2●小佐野バーバリアンズB


プレート準々決勝
○奥州RSー●古館
○赤石レッドカルロスー●鹿折レッズ
○七国侍スピリッツー●七国プチリッツ
○浦安ウイングスー●日詰

準決勝
○赤石レッドカルロスー●奥州RS
○浦安ウイングスー●七国侍スピリッツ

決勝
○赤石レッドカルロス9−4●浦安ウイングス


カップ

準々決勝
○ひかりきっずくらぶ5−1●SSTC
○豊岡オールスターズ4−2●小佐野バーバリアンズ
○七国スピリッツ6−2●茅ヶ崎ブルージェイス
○茅ヶ崎ブルーフェニックス3−2●青葉西タイタンズ

準決勝
○豊岡オールスターズ5−3●ひかりきっずくらぶ
○七国スピリッツ4−1●茅ヶ崎ブルーフェニックス

決勝
豊岡オールスターズ2−2七国スピリッツ



同点によりカップは豊岡、七国両チーム同時優勝。
プレートは赤石レッドカルロス
ボウルは七国ミニリッツが優勝した。


本当に皆さんの力が結集した2日間だった。
グランドではお父さん方がタッチジャッジや帯同を率先して行ってくれた。
そして宿舎ではお母さんが大活躍。お風呂から食事から洗濯まで。
保護者の力がなければ絶対に成功しなかったと断言できる。
この場を借りて感謝の気持ちを伝えたい。


さあ、来年は関東開催だ。
力不足の私だけでは絶対にできない。
七国だけの力では絶対にできない。
グランド確保から宿泊場所確保、企画、運営。
オール関東の力が必要だ。
関東組、どうか力を貸してください!!
よろしくお願いします!!!!


最後に素晴らしいプレーを見せてくれた東北・関東のタグラガー、本当にありがとう!!!!


P・S
今大会の1日目の様子はテレビ岩手のホームページで動画で見ることができる。
是非、検索してみてくださいね。




 
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク