帝京タグ教室


本日は帝京タグ教室だった。
会場の準備や子供達と一緒にプレーをしてくれた帝京大学ラグビー部の皆さん、いつも本当にありがとうございます。
途中、雨が降り、混合ゲームはできなかったが、帝京チャレンジでは多くの子供達が日本一の帝京ラグビー部に挑戦した。

本日は事前に連絡があった都留RSと教室終了後、少しだけグランドをお借りして練習試合を行った。
スピリッツは3名ラグビー、1名けが、1名用事で欠席したため、3名のメンバーにミニリッツ2名を加えたチームで都留RSさんに挑戦させてもらった。

○10−2 都留RS
○13−1 

ミニリッツのメンバーにはスピリッツのプレーの厳しさ、しんどさを経験してもらった。
この経験をミニリッツに戻って還元してほしいと思っている。
スピリッツ3名は、人に頼らず自分が引っ張ることを意識させてチャレンジさせた。
まだまだ意識は甘いが、ほんの少しだけマシになってきた。

しかし、今日の一番は教室終了後、帝京大学の練習を見学できたことだ。
鳥肌の立つ練習。
ある意味、試合よりも迫力があった。

一人一人が考え、声を出し全力でやりきる。
8チーム程度が常に集中して練習に取り組む。
私語をする選手は一人としていない。
自分のチームのプレー以外の時でも集中を切らさない。
課題があればすぐに集まりチームで確認をする。
監督が一言話したら全てのチームが集合し、その声に耳を傾ける。
怪我でグランドの脇でウエイトをしている選手も駆け足で集まる。
学生の中から、「走ろう、走ろう」と自然に声が出る。

全てが全力、出し切る、やりきる練習。
これぞ日本一。
レギュラー、サブ、一切関係ない。
140名を超える部員全てがラグビーにひたむきに取り組む。

きわめて実戦的な激しい練習。
グランド内至る所で体が、「ドン」と、激しくぶつかりかあう音が響き渡る。

ますます、帝京大学ラグビー部のファンになった。

浦安カップ


今日は楽しみにしていた浦安カップ。
朝早くからグランド整備や会場設営に尽力頂いた大会関係者の皆様、本当にありがとうございました。
水たまりに何度も砂を入れならし素晴らしいグランドコンディションにして頂いたおかげで多くのタグラガーがのびのびとプレーをすることができた。

【スピリッツ】
○13−0 ひかりきっずくらぶブルー
○12−0 習志野
○14−0 浦安ウイングスグリーン
○15−1 小山A
カップリーグ
△2−2 豊岡オールスターズ
●3−5 ひかりきっずくらぶレッド
○7−3 浦安ウイングス

カップ3位

【侍】
●2−5 雷神
●0−11ひかりきっずくらぶレッド
○2−1 浦安ウイングスブラック
ボウルリーグ
○4−3 小山C
○8−0 ひかりきっずくらぶブルー
○5−4 小山B
ボウル優勝

【ミニリッツ】
●0−8 豊岡オールスターズ
○7−5 浦安ウイングスブルー
○11−0浦安ウイングスパープル
○8−3 小山B
プレートリーグ
○7−6 習志野
○3−0 豊岡フレッシュ
○5−2 雷神
プレート優勝

【稲妻】
●2−6 小山C
●2−4 豊岡フレッシュ
●1−8 浦安ウイングス
シールド
○7−0 小山A
●3−5 浦安ウイングスブルー
●1−5 浦安ウイングスブラック

【プチリッツ】
○8−1 浦安ウイングスブラウン
○10−2浦安ウイングスレッド
○11−0浦安ウイングスホワイト
○8−2 浦安ウイングスイエロー
○7−3 浦安ウイングスオレンジ 







今回もたくさんの好プレーが見られた。
七国も成果と課題をまた学ぶことができた。

特にカップリーグでは試合の入り方や自分たちのプレーをやりきることの大切さを実感した。
自分たちのストロングポイントを発揮し、相手のストロングポイントを削っていく。
これができたチームが勝利することができる。

今大会優勝したひかりきっずくらぶレッドはその辺が上手くできていた。
やってみてとても上手い試合運びをするなぁ、やりきっているなぁと感心した。

豊岡、茅ヶ崎、ひかり、府中、白糸、南白、浦安など関東には学ぶべき強豪がきら星の如くいる。
そういった強豪から沢山の事を学び、また謙虚に精進していきたい。

来週は帝京タグ教室。
また多くの事を学ばせてもらおうと思っている。 

第26回神奈川県タグラグビー大会


秋晴れの10月13日。
本日は保土ヶ谷ラグビー場で第26回神奈川県タグラグビー大会が行われた。
大会関係者の皆様、本当にありがとうございました。
感謝の気持ちで一杯です。

チャレンジの部10チーム、ミニの部18チーム、ジュニアの部34チーム、計62チーム505名が思い切り日頃の練習の成果を発揮してタグラグビーを楽しんだ。
七国スピリッツもジュニアの部に3チーム、ミニの部に2チームエントリーした。

【スピリッツ】
予選
○4−1さむらい
○4−1ワラビーズ
カップトーナメント
○3−0浦安ウイングス
○4−1ひかりきっずくらぶレッド
○2−1豊岡オールスターズ
○6−4横浜レッドウォーリアーズ

カップ優勝

【侍スピリッツ】
予選
●1−2ひかりきっずくらぶレッド
○1−0釜利谷スーパーシャインズ
プレートトーナメント
●2−6さむらい

プレートベスト8

【ミニリッツ】
予選
●0−2浦安ウイングス
●2−5ざまレッドナイツ
ボウルトーナメント
○7−1レッドウルフ
○7−1浦安ウイングスブラック
○3−0ワラビーズ

ボウルトーナメント優勝


ミニの部
【稲妻スピリッツ】
○5−3浦安ウイングスイエロー
○1−0小田原トリトンズ
カップトーナメント
△1−1豊岡フレッシュスターズ
(抽選で勝ち上がり)
●0−3わかざむらい

カップトーナメント3位

【プチリッツ】
○3−1浦安ウイングスグリーン
○5−0厚木ペガサス
カップトーナメント
●3−4茅ヶ崎ブルーモンスター

カップトーナメント3位


以上が七国5チームの成績。
先週の関東交流で階段を一段上がったが、今日の神奈川大会でもまた一つ、階段を上がることができた。

成果と課題。両方を学ぶことができた。
一生懸命頑張っている者同士がぶつかり合うということは本当にすばらしい。

七国スピリッツとしては、幸せなことに、この歴史と伝統のある神奈川大会を二連覇することができた。
とても名誉なことであるし、今後もこの名誉に恥じないように謙虚に精進していこうと思っている。

さて、これでサントリーカップ前の関東広域大会は全て終了した。
少し振り返ってみると、

【TOKYO CUP】

優勝:豊岡
準優勝:白糸
3位:茅ヶ崎・七国

【ヨコハマカップ】

優勝:茅ヶ崎
準優勝:七国
3位:豊岡・西富

【東日本大会】

優勝:豊岡・七国
3位:茅ヶ崎・ひかりきっず

【神奈川大会】

優勝:七国
準優勝:横浜レッドウォーリアーズ
3位:豊岡・大和


と、昨年度同様、戦国時代。
上位陣は常にレベルが拮抗しており、その日のコンディションやモチベーションが大きく勝敗を左右する。
今年も本当に面白い。

来週は浦安カップ。
七国スピリッツは初参加。
これまでいつも遠くまで交流に来てくれた浦安主催の大会だ。

浦安の皆さん、来週はどうぞよろしくお願いします。
今からとても楽しみです。

第2回関東交流会


秋なのにがっつり日焼け。
秋なのに頭から水かぶる。
そんな10/6(土)第2回関東交流会が無事実施された。
最後の方で小雨が降り、至る所から冷たい視線を感じたがそれでも全試合を実施することができた。



【カテゴリーA】

青葉西4−3七国
茅ヶ崎2−1府中Jr
南白4−2いずみ
青葉西2−3茅ヶ崎
七国3−1南白
府中Jr6−2いずみ
青葉西5−2府中Jr
茅ヶ崎4−2南白
七国6−0いずみ
七国4−2茅ヶ崎
府中Jr3−2南白
青葉西3−0いずみ
七国4−1府中Jr
青葉西3−2南白
茅ヶ崎4−0いずみ
青葉西3−1小柳
七国5−0浦安
府中Jr2−1白小
青葉西2−1豊岡
七国5−0下忍
府中Jr5−0本宿
青葉西2−4浦安
七国5−0小柳
府中Jr3−1下忍
青葉西3−3白小
七国7−0本宿
府中Jr2−3豊岡
青葉西4−1下忍
七国5−1白小
府中Jr3−1小柳
青葉西1−4本宿(茅ヶ崎助っ人)
七国1−0豊岡
府中Jr4−2浦安
小柳0−4豊岡
浦安4−0本宿
白小2−1下忍
小柳1−3浦安
豊岡3−2白小
本宿1−2下忍
小柳1−2本宿
浦安1−2白小
豊岡1−1下忍
豊岡2−2浦安
本宿0−2白小
小柳0−2下忍
豊岡6−1本宿
小柳0−4白小
浦安5−1下忍
いずみ4−4本宿
南白0−3豊岡
茅ヶ崎5−1下忍
いずみ1−6浦安
南白5−0小柳
茅ヶ崎4−3白小
いずみ0−7白小
南白4−1本宿
茅ヶ崎1−3豊岡
いずみ1−3小柳
南白4−2下忍
茅ヶ崎4−2浦安
いずみ0−6豊岡
南白3−2浦安
茅ヶ崎6−2本宿
いずみ0−3下忍
南白3−0白小
茅ヶ崎5−1小柳

全55試合




【カテゴリーB】
七国B0−0いずみの森B
いずみの森B2−3小柳B
いずみの森C1−2白小B
豊岡B1−5府中Jr
南白B5−2本宿B
浦安1−2白小B
七国B2−1豊岡B
いずみの森B3−0府中Jr
浦安2−3本宿B
小柳B1−0南白B
いずみの森C0−3南白C
七国B1−1小柳B
いずみの森B5−1豊岡B
七国B6−2本宿B
南白B3−1白小B
南白C0−3府中Jr
いずみの森C2−1本宿B
南白B4−1浦安
いずみの森C1−3府中Jr
小柳B2−0豊岡B
いずみの森B4−1白小B
七国B4−2浦安
本宿B0−4白小B
いずみの森C1−0豊岡B
南白B2−3府中Jr
いずみの森B3−0南白C
豊岡B0−0南白C
府中Jr4−3浦安
いずみの森C0−4南白B
小柳B5−0南白C
七国B1−1南白B
いずみの森B2−1浦安
豊岡B1−1本宿B
南白C3−3白小B
七国B4−3府中Jr
いずみの森B4−1南白B
小柳B7−0白小B
府中Jr3−0本宿B
豊岡B2−1浦安
いずみの森C1−6小柳B

全40試合

【カテゴリーC】

七国C1−1茅ヶ崎B
白小C2−0本宿D
七国D6−0いずみの森E
いずみの森D2−3小柳C
青葉西B3−2本宿C
七国D2−1南白E
茅ヶ崎B4−0いずみの森E
七国C2−0南白D
いずみの森D2−1白小C
南白E2−0青葉西B
いずみの森E3−2本宿C
茅ヶ崎B1−3本宿D
いずみの森D4−3南白D
青葉西B3−2白小C
七国D4−4小柳C
茅ヶ崎B3−4青葉西B
七国C5−1本宿C
小柳C1−3南白E
いずみの森E0−2本宿D
七国D3−2白小C
小柳C5−0本宿C
七国C2−2いずみの森D
南白E2−1白小C
七国D7−1本宿D
いずみの森D3−0本宿C
青葉西B3−1本宿D
茅ヶ崎B2−2南白D
南白D4−1本宿C
七国C4−1小柳C
いずみの森E1−7青葉西B
七国D4−1茅ヶ崎B
南白E3−1本宿C
南白D5−1白小C
七国D1−2青葉西B
七国C6−2白小C
茅ヶ崎B1−1本宿C
いずみの森D4−3本宿D
小柳C2−2南白D

全38試合

3カテゴリー合計133試合!!
1日でこれだけの試合を実施した交流会はなかなかないのでは・・と、思ってしまう。
全ては円滑に進めようと尽力してくれたコーチ、水たまりを一生懸命ならし、砂を入れてくれた保護者、大きな声で応援をしてくれた保護者の皆様のおかげである。
本当に感謝の気落ちで一杯である。

本来なら次は11/3(土)、関東交流大会の予定だったが、当日関東地区ミニラグビーの大きな大会があったり、学校公開があったりするところがあり、実施が難しい。
楽しみにしていた団体、本当に申し訳ない。
11/4(日)でグランドを探してみたがこれもなかなか・・・
と、いうことで次は多摩カップということになるのだろうか。
そう考えるとやはり次年度に向けてしっかりと本年度中にグランド確保をしなければと強く感じた。


さて本日七国の4チームには、「1敗以内なら合格」というハードルを設定した。

スピリッツ10勝1敗
侍スピリッツ3勝4分け
ミニ稲妻合同4勝2分け
プチリッツ5勝1敗1分け

4チーム全て合格。
団体としても22勝2敗7分けと本番に向けて少しずつ前進ができている。
しかし個々細かく見てみれば課題は山積み。
残りの期間でしっかりとした準備が必要と言うことがはっきりしたよい交流となった。


プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク