多摩カップ


今日は多摩カップ春季大会。
いつも運営していただいている青陵中の皆さんには本当に感謝です。
自分のことではないのにこうやって様々協力してもらっていることを私たちタグラグビーに関わる人間は忘れてはいけないと思う。





優勝はいずみの森ユナイテッドベアーズ
tokyo cup に引き続き今季二冠目。
それに相応しい素晴らしい戦いだったと思う。
本当におめでとう。

準優勝の浦安、七国を破った南白も素晴らしかったと思う。

さて、七国だが、前にも書いたが技術は日本一。
これは間違いない。
しかしスポーツは上手くても勝てない。
強くなければ勝てない。

七国はこれまで幾多の接戦をモノにし、勝利してきた。
技術が劣っていても、展開的に押し込まれていても踏ん張り、逆転してきた。
七国魂
七国は気持ちが強いと言われてきた所以はここにある。

しかし、今年のスピリッツはことごとく接戦を落としている。
理由は七国スピリッツに魂、つまりスピリッツが抜け落ち、ただの七国になっているからだ。

原因は私の指導やスピリッツのもっていき方にあったのだと思う。
創部から八年がたった。
人は代わる子供も代わる。
伝統を同じように守り続けていくことは難しいのだと実感する。

いつのまにか手厚い環境に私も子供たちも甘え、ハングリーさを失っていたのだと思う。
サポートしてもらうことと甘えることは違う。
いつの間にか自分達が本来やらなければならないことをやってもらっていたのかも知れない。
子供たちはプロアスリートではない。
ちょっと怪我をしたら、ちょっと体調が悪ければ手厚い看護を受ける。
これは完全なる甘え。
こういう積み重ねが今の現状を招いたのかも知れない。
毎年毎年六年を中心に見ていたので、下級生の実態を把握しきれていなかった私の責任だと思う。
問題は徐々に進んでいたのだ。
今、急に始まったことではない。
見抜けなかった私がわるい。

技術が問題ではないのでより根深い。
子供たちだけで解決する問題でもない。
七国スピリッツという団体が子供たちをどう育ていくかを考えるよいターニングポイントに差し掛かっているのだと思う。
子供たちを通し、私はよい学びのチャンスをもらった。
もう一度、子供たちが自分達で自分達のスイッチを入れ主体的に動くことができるようになるにはどうすればよいか、人に頼らず心強く、痛くても辛くても仲間のためにグッと踏ん張れる昔のようなスピリッツになるにはどうすればよいか、じっくり考えてみようと思う。

多摩カップ延期

本日予定されていた多摩カップは明日に延期となりました。
タイムスケジュール等本日と同じで実施します。

多摩カップ組合わせ

本日は青陵中で多摩カップ春季大会の代表者会議が開催された。
青陵中関係者の皆様、いつも本当にありがとうございます。

上記はカテゴリーA抽選の結果、白糸、浦安、いずみ、七国のトップチームが同じリーグに。
こういう組み合わせはなかなかないことなのでとてもありがたい。
大会は総当たりではないので、やりたいチームと必ずできる保証はない。しかし、今回はやりたいチームとほぼできる。
うまくいけば2回対戦できる。

カテゴリーB
これからどんどんうまくなっていくチームで構成されるリーグ。
楽しく、でも次のステージを目指して頑張ってほしい。

TOKYO CUP


雨、晴れ、曇りとめまぐるしく天気の変わった一日だったが、無事にtokyo cup を終える事ができた。
これは常日頃から支えてくれる保護者のお陰である。
タグラグビー関係者はこの恵まれた環境に感謝しなければならない。

「日本一ハイレベルな地方大会」
そう言っても過言ではない超豪華チームが富士森に集まった。

横浜カップが中止となり激震が走った六年前の関東タグ。
何とか関東のタグラガーに春の集いを、という思いで始めたtokyo cup

最初はチームが集まるか、グランドはどうやって抑えるか、運営はどうするか、わからないこと不安なことだらけで始めたが、一生懸命プレーするタグラガー、それを応援する保護者の思いでtokyo cup は少しずつ大きく、そして認知されるようになった。
継続は力なり
人の思いは凄い力を発揮すると勉強することができた。


上記は予選の結果。
チーム名を見てもらって分かるように本当に遠くから参加してくれたチームが多数ある。


優勝は昨年度サントリーカップ準優勝いすみの森ユナイテッドベアーズ
関東の強豪はどのチームもよいカルチャーをもっている。
しかし、今大会一番カルチャーを大切にし、当たり前の事を当たり前に丁寧に実践したのがいずみだった。
久し振りに心からいいラグビーだなぁと、感心するチームがあらわれた。

七国もいずみや小柳に負けないカルチャーをもっている。
しかし、カルチャーを理解していなかったり、当たり前の事を当たり前にすることの大切さを理解しなかったりするプレーヤーがいる事が、いずみ小柳との違いだ。
ハイプレッシャーな局面ではもろにそれが出る。
要はチームがパニックになるのだ。
今年の七国の弱さはここにある。
練習やスキルは恐らく日本一。
でも、ラグビーに最も大切なものが欠落している。
だから、ノープレッシャーのゲームでもエラーが極めて多い。
当たり前のことをおろそかにしているからだ。

やりきれるチームが最後に残ることは過去の先輩が実証済み。

今年はやりきれる要素を他のチームが兼ね備えている。
そういったチームが出てきてくれたのは実はタグラグビーにすべてを注いできた私にとっては嬉しい事ではある。

とは言え、自分はスピリッツの監督でもある。
人は成長する生き物
昨年度の先輩が壁を越えたように、今年も壁を越えてくれると、8年間全てを七国スピリッツに捧げた者として少しは救われる。
やりきれるチームの魂のぶつかり合いを見てみたい。
その一角に七国も入れるとよいと思う。

明日はTOKYO CUP

高学年
プール1
七国スピリッツ
南白レジェンドB
青葉西タイタンズ ピンク
熊谷西ストライカーズ
都留C

プール2
小柳ライトニングスアタック
浦安ウイングスブルー
日野小レッド
R&Bホークス

プール3
いずみの森ユナイテッドベアーズ
熊谷西ユナイテッド
白小フェニックスB
浦安ウイングスパープル

プール4
新田A
緑が丘MAXルビー
都留B
南白レジェンドD

プール5
浦安ウイングスブラック
R&Bイーグルス
南白レジェンドC
七国疾風スピリッツ

プール6
青葉西タイタンズ 黒
都留A
七国稲妻スピリッツ
新田B

プール7
桃色侍
新宿チャレスポスパイダースA 
緑が丘MAXサファイア
小柳ライトニングスクライム

プール8
のみこまレッドウイングス
小柳ライトニングスバースト
七国ミニリッツ

プール9
白小フェニックス
熊谷西V
浦安ウイングスグリーン
新宿チャレスポスパイダースB

プール10
南白レジェンド
習志野U12
いずみの森ユナイテッドドラゴンズ
七国雷神スピリッツ

プール11
豊岡オールスターズ
七国侍スピリッツ
浦安ウイングスブラウン
緑が丘MAXエメラルド

低学年
プール1
浦安ウイングスオレンジ
浦安ウイングス ホワイト
ミニひのず
豊岡リトルスタ-ズ

プール2
浦安ウイングス イエロー
R&Bミニイーグルス
七国プチリッツ

プール3
ちびちび日野の子
いずみの森ユナイテッドライオンズ
浦安ウイングス ピンク

プール4
豊岡ホワイトスターズ 
浦安ウイングス レッド
都留ジュニア


1週間前の天気予報では晴れだったのでおかしいと思っていたが、想定通り雨。
八王子市の小学校では春運動会、熱中症対策としてミスト設備が導入された。
安心してください。
明日は自然のミストです。
熱中症の心配がなくなった事を喜ぼう。
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク