第13回サントリーカップ東京ブロック大会打ち合わせ

昨日、府中にてサントリーカップ東京ブロックの打ち合わせを関係者で行った。
決まったことは下記のとおり。

23区大会  11/6(日) 締め切り10/26(水) HP発表11/2(水)
*昼休みタグ教室開催

武蔵野大会 11/20(日)締め切り11/9(水) HP発表11/16(水)

多摩大会 11/26(土)締め切り11/16(水) HP発表11/23(水)
*試合間でタグフェスタ開催

ブロック決定大会1/15(日)

参加費は選手保険料含め、1チーム1500円
これはなるべく参加チームを増やしたいという思いで大幅な減額とした。

参加チームには他地区のお手伝いを引き続きお願いする。
レフリーでなくともTJや得点連絡係など、なるべく負担のないところでお願いしようと思っている。

ブロック決定大会の試合方式は昨年と同様とした。
トーナメントを希望する声も昨年度出たが、話し合いの結果リーグ形式を採用する。
ただし、決定リーグ以外の2位3位リーグも手厚く行い、全国大会出場チームを決めるだけでなく、東京都の総まとめとしてふさわしい大会とする。

また全国大会経験者で編成されるレフリーチームを組織し、各予選で笛をふいてもらう予定。
こうすることで、全国屈指のレベルを誇る東京予選を円滑に行えるよう配慮した。
これはレフリーにとっても全国大会にむけてのよい準備となる。

更に、次年度の東京都予選方式についても話し合いがもたれた。
子供たちのために大改革を行おうという建設的な意見が出た。
参加者全員から大好評の方式なので、しっかり内容を普及育成委員で詰めて次年度、提案できるようにしたい。

あと、9月の関東交流だが、こちらも大好評。
本日で締め切ったが、
Aカテゴリー13チーム
Bカテゴリー12チーム
Cカテゴリー11チーム
と、これまた数多くのエントリーを頂いた。
いよいよ9月。
シーズン到来。

9月関東交流

早い、もう関東交流の告知をする季節がきた。
本当に一年あっという間。

9月関東交流
9月4日(日)
9:00-16:00
戸吹ラグビー場
※複数チームエントリーさせる団体はバスでの来場をお願いいたします。
※参加費1チーム1000円

参加希望の団体は8/28迄に
tokyo.tag777@gmail.com
までメールをしてほしい。

ちなみに10月は2日(日)、戸吹で実施する。

東日本交流大会二日目



大会二日目
今日はトーナメント準々決勝から。
朝早くから準備をしてくれた岩手の皆さん、本当にありがとうございました。
また、二日間を通しレフリーとして遠くから来てくれた皆さん、本当にありがとうございました。


優勝はいずみの森ユナイテッド
安定したチーム力とここ一番のスイッチの入れ方は見事。
見ていて楽しいタグラグビーだった。
本当におめでとう。
こういうチームがいるのはタグラグビー界には大切。
これもこれまでの積み重ねの結果なのだろう。

七国もきっと見ていて楽しいタグラグビーをやっている。
でも、ハイプレッシャーになるとそれが出来ないし、見ていて悲しくなるようなプレーが出てきてしまう。
プレッシャーに弱い。
それが今年の七国のタグラグビー。

一人で全力で引っ張っているキャプテンがかわいそう。

練習でなく、試合でキャプテンを助けてあげられるプレーヤーが出てきてほしい。
いつかキャプテンがつぶれてしまう。
ラグビーは一人ではできない。

東日本交流大会一日目


今日から二日間、岩手県紫波町ラ・フランスで第五回東日本交流大会が行われる。
一日目の今日は予選と順位トーナメント一試合が実施された。

サントリーカップと並ぶ一大イベントであるこの大会。
準備も他の大会と比較にならない位、大変だ。

今回も元レッカル監督Sさんを中心に万全の体制を整えて頂いた。
本当にありがとうございます。
来年は関東がしっかり皆さんをお迎えします。


上記は予選を終えての順位トーナメント一回戦の結果。
明日は二日目。
大会の結果も大切だが、東北と関東のタグラガーが交流することの方がこの大会では大切。
たくさん思い出を作ってほしい。

東日本交流まであと少し

東日本交流大会まであと少し。
5回目となる今回は1回大会と同じ岩手県紫波町ラフランス。
その時の様子は下記から。
http://taguragu.blog.fc2.com/blog-entry-614.html
東北と関東のタグラガーの交流を、と始まったこの交流大会。
東北と関東の相互開催でこれまで
1回岩手
2回東京
3回宮城
4回千葉
と実施してきた。
5回目となる今回は岩手。
つまり1周したということだ。
1回大会の時の6年生は今では高校1年生。
時間がたつのは本当に早い。

1回大会当時の様子を知る人も少なくなった。
だからこそ、一回りした今回は大会が始まった経緯や意義をもう一度確認する場としたい。
東日本交流大会は大会オリジナルTシャツの背中にあるように、
「東北魂」
いつまでもあの日を忘れないためにある。

私たちは忘れてはいけない。
4年前、バスの中から見たあの景色を。

忘れてはいけない。
4年前、ラフランスのグランドで鹿折の子供たちが掲げてくれた感謝のメッセージボードを。

年月が経ちタグラグビーの競技技術は驚異的な進化を遂げた。
でも忘れてはいけないものがある。
それが岩手にある。

魂を感じに行こう
関東のタグラガー

プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク