多摩カップ組み合わせ









今日は多摩カップの代表者会議。
組み合わせ抽選も併せて行われた。
写真はその結果。
多摩カップが終わるといよいよサントリーカップ。
一年は本当に早い。

関東交流大会


今日は関東交流の総まとめ、交流大会を実施した。サポートして頂いた皆さん、本当にありがとうございました。


上記は予選結果。
たくさんのチームが参加してくれた。今回はワンカテゴリーで行ったので、どうしても予選は差がついてしまうケースがあった。
サントリーカップを見据えるとこれは致し方ない。


トーナメント結果。
トーナメントは予選順位で組まれるので、ここで力差が似ているもの同士で試合ができた。

カップ優勝は浦安ウイングス。
多分、初優勝。
試合中、たくさんの味方を鼓舞する声が聞こえた。
恐らくここが優勝の原因。
気持ちが強くなった。
本当におめでとう。

七国はキャプテンをトップチームから外し編成。
一人一人でやりきる事の大切さを身に付けさせたかったが、変わらず。
初めて見る他の指導者からも、「これは大変ですね」と、同情された。
なので、もうあえて触れず。

今回の収穫はそちらではなく、もうひとつのチーム。
キャプテンと五年生のスピード選手、気の弱いプレーをやりきらない六年、声を出さない五年、プレーを丁寧にやらない五年、すぐにパニックになる五年、そして勉強で入っている四年という、到底強豪に戦える見込みのないチーム。

練習でも、私がいないと六年チームにズタぼろにされる。
シバかれ度合いは六年以上。
さらに、すぐにパニくる。
声は出ない。
当日のアップもヘラヘラしながら。
挙げ句に私が指示している最中にあくびまでする。
そんな訳の分からないメンバーで構成されたチームだったが、やることを絞り、それをキャプテンが必死で引っ張りった。

予選でまさかの日野暁とドロー。
得失点勝負となる最終戦では、驚異の7分10得点。
極めつけがカップ一回戦。
相手は小柳。
誰がどうみても勝ち目のある相手ではない。
予想通り、早々に2失点。
六年チームならこれで終わっていただろう。
が、この訳の分からないチームには七国スピリッツが代々受け継いできた、「諦めない心と勝利に対する執念」があったらしい。
私も今日、はじめて見て驚いた。
さっきまであくびしてシバかれていたのに。
0-2から後半だけで追い付き、2-2ドロー。
じゃんけんで負け、敗退となったが今シーズン、一番納得できる試合だった。

敗者交流では、チームに「君たちは六年生に無いものを持っている。後ろで見ている六年に勝ちたいという心はこういうものだと見せてほしい」と、話してグランドに送った。
相手は浦安ブラック。力だけみれば互角。
しかし、9-1。
試合は単なる技術で決まるわけではないことを六年生に見せつける戦いだった。
これでこのチームも解散。
元々個々に課題を抱えている選手をキャプテンがまとめ引っ張った。

自分のチームに帰って元の問題児、気弱ボーイ、声出さないボーイに戻ったら意味がない。
このチームで学んだ魂を帰って他のメンバーに伝えなければならない。
それがここで学んだ意義。
それがキャプテンを君たちと一緒にプレーさせた意味。

七国魂を継承しろ、七国Kのメンバーたち。

神奈川大会


今日は神奈川大会に参加した。
運営の神奈川協会の皆様、本当にありがとうございました。
毎年、しっかりした準備とスムーズな運営、心から感謝しています。


ジュニアの部だけで申し訳ないが、上記は予選結果。


同じくジュニアトーナメント。
優勝はざま神猿。
スピード溢れる攻撃、統率された守備、どちらも素晴らしかった。
本当におめでとうございます。

七国は三位。
春はメンタルの弱さを技術でカバーできないかと必死で技術を磨いた。
秋はそこに組織力を加えた。

結果、ある程度のレベルにチームは高まった。

が、しかし。
今年の大問題の根底にある、人任せ、メンタルの弱さは一向に変化せず。
伸びたのはキャプテンただ一人。

キャプテンだって最初から強かった訳ではない。
五年の時はメンタルが弱く、六年生についていけなかった。
しかし六年生になり、キャプテンという責任感が彼女を飛躍的に成長させた。
きっとたくさん悩み、壁にぶち当たり、人の何倍も努力してあそこまで高めたのだろう。
それはとても素晴らしい事だ。
本当によく成長したと思う。

しかし、他の六年生はキャプテンの成長に頼り、自分で切り開こう、乗り越えようという人間力の学習を疎かにした。
キャプテンと同じ練習だけやっていれば高まるだろう、自分達はこれだけやっている。
確かによく頑張っているが、時間が経てば経つほどキャプテンとメンタル、技術共に差をつけられている現実を考えれば、足りないのは分かるはずなのだ。


しかし、悲しいことに分かってないのだ。
自分達はスポーツマンに最も必要な要素が欠落していることを。
キャプテンに追い付くためには、彼女以上の努力と覚悟が必要な事を。

気付かないなら監督の責任として気付かせ、高めさせなければならない。

その結果、六年生のシーズンはダメになるかもしれない。
それくらいの荒療治をしないともう間に合わない。
いや、むしろ間に合わない可能性の方がはるかに高い。
しかし、全国出場よりも六年生がタグラグビーで何を学んだか?の方が重要。

学んだ結果としてチームの目標が叶えばそれでよし。
目標が叶わなくても、今より大切な事を学んで卒業できれば、子供たちにとって、きっと大きな財産となるだろう。

10/23関東交流大会案内

今年度の関東交流のまとめ、関東交流大会を10/23に行う。
詳細は下記の通り。

日時10月23日(日)
8:00-16:00
場所 戸吹ラグビー場
参加費 1チーム1000円
締め切り 10/14(金)

関東以外のチームももちろん参加大歓迎。
来てもらえれば、きっと満足してもらえるはずだ。

参加希望のチームは、
tokyo .tag777@gmail.com
まで。

10月関東交流会


今日は10月の関東交流会。
快晴の元、いよいよ始まるサントリーカップに向け熱戦が繰り広げられた。

今日はサントリーカップ決勝大会でもレフリーをしてくださるレフリーチームが研修で来てくれた。
サントリーレベルのレフリングでゲームができ、子供達はとても勉強になったことだろう。




上記は交流会の結果。
各チームシーズンに合わせて力を上げてきているのがよくわかる。

七国はいつもの如く軽いプレーが散見された。
その結果、今シーズン何度も悔しい思いをしてきているはずなのに改善されない。

プレーの結果はそれに至るまでのプロセスがほぼ全て。
軽い準備しかしていないから、軽いプレーになる。

失敗して怒られて、やっと改善するのを繰り返しているから身に付かない。
日頃の生活態度がモロに出ている。

日々の生活がしっかりしている子は、やはり準備も丁寧。
失敗しても次は改善しよういう姿が外から見ても分かる。

逆も然り。
日頃の生活がしっかりしていない子は、何を指導されても奥に落ちていないから何度も繰り返す。

同じ指導受け、同じ環境にいても成長スピードが人によって異なるのはこういう理由からだ。

まずは日々の生活からしっかりやろう。

プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク