FC2ブログ

一人みやぞん

「練習は嘘をつかない」

「努力の積み重ねは大きな力になって自分を支える」

日頃から偉そうに子供たちに話している内容だ。

言っている本人が背中を見せることは大切だと考え、チャレンジした八王子~河口湖自転車往復の旅

往復で150kmを越える、更にほぼ登りというコース。

まずは己の体重の軽量化。

今年三月に大阪に帰った時に、親族から「豚」と呼ばれ散々な扱いを受けた。

確かに数年前までがばがばだった礼服のズボンのボタンが閉まらず、さながらチャーシューの様になっていたので、そう言われても仕方なかつた。

そこから驚異のカメザップ。

4ヶ月でマイナス9kg。

中学生時の体重に戻す。

登れる体に作り替えた。

更に自転車もダイエット。

ロードバイクを知らない人はピンと来ないと思うが、上記の写真「リドレーPHENIX」ペダル込みで6.8kg

6kg台のロードバイクを市販で買うことはほぼ不可能。

(ネットで調べてみるとよくわかる)

改良費がいくらかかったかは墓場まで持っていく秘密だ。

バイクも登れる車体に作り替えた。

自宅から20kmほどかけて、相模湖ピクニックランド横を通過。

神奈川のいくつかの峠を越えて、県道35号線を目指す。

途中で魅力的な店を発見。

「ハチミツたいやき」が有名らしい。

帰り道、必ず食べようと心に決める。

この旅のために、ロードバイクの色々なブログでこの県道35号線について予習してきた。

「適度なアップダウンを繰り返し、35号線に入る」

と言葉を丸飲みで信じたのが大失敗。

きっとこの峠を適度なアップダウンと感じるのは、相当なレベルの人だ。

なんとも分からないのだが、八王子~都留に行くルートは多分、

○どうし道~道坂峠

○神奈川峠越え~県道35号線

○甲州街道

の3つ。

どうし道は練習して何とかなったが、道坂峠越えは標高1000m越え。

県道35号線は行きは頑張れるが、帰りの神奈川アップダウンは心をへし折る危険な相手。

まだチャレンジしていない甲州街道はどうなのだろう?

次、都留に行くときは甲州街道で行ってみよう。

自転車は車と違って景色がゆっくり流れる。

今は少しでも多くの日本の美しい風景を見たいと思っている。

山の緑、川の青、空の青。

セミの声、水の流れる音。

しんどかったけど、こういったものを心から楽しむ事ができた。

スピードを上げて走りきることも大切だと思うが、見落としてしまうものもある。

ゆっくり走るとゴールまで時間はかかるかもしれないが、駆け抜けるのでは見えない景色見ることができるということを学ぶ事ができた。

今まで走りきることばかりに力を注いできた自分にとって、いい機会になった。

最後に。

帰り道ヘロヘロになりながらも頑張れたのは、「ハチミツたいやき」を食べるという欲求だった。

やっとのことで到着した山のハチミツやさん。

「ハチミツたいやきください」

「売り切れました」

はい、心折れました。

都留合同合宿

夏休み最後のイベント、都留合同合宿が土日で行われた。

準備してくれた関係者の皆様、本当にありがとうございました。

都留、新田、小柳、七国。

超豪華チームが集まっての合同合宿。

きっと見たかった人もいるかもしれない。

一日目は習熟度別に団体混合グループをいくつか編成、そのグループで練習→試合を行った。

基本、知らない人とプレーするので、声かけがいつも以上に大切になる。

案の定、声かけしないで困る場面が頻発したので、練習の意図と声かけの大切さを繰り返し伝えて取り組ませた。

少しずつではあったが、仲間に対しての声かけができるようになってきたので、安心した。

二日目はアタックディフェンス中心。

しかし教えてもらうのは他のチームの指導者。

違う目線、角度で指導してもらうことは今後必ず生きてくる。

私は都留を指導した。

攻撃でのサポートの仕方やポジショニング、守備でのマークチェックの仕方を繰り返し何度も指導した。

子供たちは練習を重ねる毎に上達し、強豪チーム相手にほぼ互角の試合ができるようになった。

この合宿で学んだことを生かしてチームにフィットさせてくれると嬉しい。

七国は初めて合宿を行ったのだが、予想以上に成果があった。

また機会があれば参加したいと思う。

※合宿の裏で個人的に頑張った、「一人みやぞん」についての詳細は別の場所で紹介したいと思う。

東日本交流大会 ラ・フランス

8/4,5、岩手県紫波町ラ・フランス温泉館で第7回タグラグビー東日本交流大会が実施された。

実行委員会の赤石の皆さん、本当にありがとうございました。

とても素敵な大会になりました。

心から感謝します。

あれから7年。

今の現役プレーヤーで震災の記憶がしっかりある子はほとんどいない。

それだけ時間が経ったいうこと。

一つの区切りとするにはよいのかもしれない。

ここで交流した子供達がいつかまたどこかで会い、今日この日を懐かしく話してくれれば。

大会決勝戦は赤石レッドカルロス対七国スピリッツ。

東北対関東のガチンコ対決が7回目にして実現した。

これも感慨深い。

赤石はリベンジに燃えていることだろう。

是非、また関東に来て熱い戦いをやろう。

そして最後はアミノバイタルスタジアムでみんなの手本となる戦いを。

七国スピリッツは次は都留合宿。

小柳、都留、新田が待っている。

謙虚にひたむきに努力を積み重ね、恥ずかしくないプレーができるようになろう。

プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク