府中Jrとの交流戦

 10/9、ひかりきっず戦と同じような天候の中、府中Jrとの交流戦を行った。その前に少し、東京タグについて書いておきたい。
 先日の東京都タグ役員会で地区割り編成と代表大会について話し合われ、府中Jrと七国はそれぞれ武蔵野、多摩地区に分かれることとなった。昨年度まで武蔵野地区だった狛江・調布・稲城は多摩地区に編成された。要するに市町村を東西でなく南北に分けたような形になった。
 また、代表大会は今まで各予選2チーム選出だったものが、各4チーム、計12チームで代表大会を行うこととなった。昔の全国大会と同じように3チームずつ、4つのリーグに分かれ予選を行い、その後カップ・プレート・ボウルトーナメントを行う形になった。この形式は子供達にとって満足度の高いものになるはずだ。今から楽しみである。昨年は予選順位関係なくくじでリーグを決めたが、本年度は各予選会1位はシード扱いにし、そこに他予選会の3・4位が入る。この方式で3リーグを作る。残り1つは予選会2位同士。これで計4つの予選リーグができあがる。つまり、各予選会が終了した時点で代表大会の組み合わせが決定するとてもわかりやすい方式だ。また、大会規模拡大に伴い、代表大会進出チームから大会進行補助員を出すこととなった。これで協会と現場が一体となって大会を作り上げていくという土台が更にできあがった。
 昨年度、武蔵野大会で悔しい思いをし、今まで一生懸命頑張ってきた府中Jr。この連絡を聞いて更に士気が上がったことだろう。その意識の高い府中Jrと交流試合ができることはスピリッツにとって本当にありがたい。
 前回9/4の交流戦は、スピリッツ8勝13敗2分けという結果であったが、今日の交流戦はスピリッツ8勝4敗と少しずつ府中Jrに追いついてきた感がある。しかし個々の力を見ると圧倒的に府中Jrの方が上。スピリッツの組織力を生かすため、更に個力を高めていかなければならないと考えている。
 来週からスピリッツは3週連続大会に挑む。府中Jr・白糸・若葉台・ひかり・久が原・南白糸ら東京のライバル達に少しでも追いつけるようチャレンジャー精神でこの3大会で結果を残したい。

コメントの投稿

非公開コメント

本日はお疲れさまでした!

府中Jrクラブ員の保護者です。
本日は雨の中、遠方よりお越しいただきありがとうございました。

七国さんのランニングラグビー、素晴らしかったです!
勉強になりました。

閉会式?で話がありましたように東京都の大会で対戦できたら最高
ですね。お互い頑張りましょう!
今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク