茅ヶ崎交流と東京都代表決定大会


 12/23、本日は七国グランドに茅ヶ崎を迎え、交流を行った。お互いに1月に代表決定大会を控えており、楽しいながらも真剣な交流となった。
 今回は代表大会に挑戦するスピリッツとブルーフェニックスの戦いを見て感じたことを書こうと思う。
 全部で7−1−7分を4戦。1戦目は茅ヶ崎のしっかりとしたデフェンスが機能。また、随所に効果的なサインプレーが決まり4−0で茅ヶ崎が勝利。
 2戦目、お互い体が動き始め、随所に好プレーが見られた。しかし、地力に勝る茅ヶ崎が1対1の局面で勝利を積み重ね、7−4と茅ヶ崎の2連勝。
 タグクリニックをはさんでの第3戦目。今度はスピリッツのデフェンスがやっと機能し始める。攻撃も相手のデフェンスをなんとかすり抜け5−3でスピリッツの勝利。
 茅ヶ崎2勝、七国1勝で迎えた最終戦。お互いに気合いの入った好ゲーム。最後は大切な場面で点を取る茅ヶ崎と、ノックオンボールをそのまま放置するプレーが出た七国との差が出て、4−3で茅ヶ崎が勝利。トータル3勝1敗茅ヶ崎勝利で今回の交流を終えた。
 いつもながら茅ヶ崎との交流は本当に勉強になる。ま〜あれだけスピードでがっつん、がっつん来るチームは全国探しても茅ヶ崎だけだろう。若葉台とはまた違った魅力のある素晴らしいチームだと感心させられる。七国も冷静に考えれば、そのクラス相手にこれだけの戦いができるのだから結構強いんだろうなと、改めて感じた。遠いところまでわざわざ来てくれた茅ヶ崎には本当に感謝である。交流には単独練習では得られないものが多く学べる。来年もまた交流してお互いにレベルアップをしよう。待ってるぞ。
 さて、もう一つの話題、東京都代表決定大会である。昨日、大会案内が私の元に郵送されてきた。10月の役員会で決定した内容と違っていて面食らったが、運営上何か変更しなければならない事由があったのだろう。致し方ないといったところか。
 で、どういった形かというと各予選の1位をA〜Cプールに分け、当該大会のチームがそのプールに入らないように当日抽選すると、いったものだ。まとめるとこうなる。
 Aプール?慶応?多摩or武蔵野2位?多摩or武蔵野3位?多摩or武蔵野4位
 Bプール?白小イエロー?23区or多摩2位?23区or多摩3位?23区or多摩4位
 Cプール?若葉台D?23区or武蔵野2位?23区or武蔵野3位?23区or武蔵野4位
 となる。スピリッツを例にとると、スピリッツは多摩2位なのでこの地点でCプールはなくなり、かつ、同2位のひかり・白小レッドとの対戦はなくなるということだ。七国はA(慶応)・B(白小イエロー)プールのどちらかになり、南白や府中Jr、久が原、馬込三との対戦となる。予選3試合、トーナメント2試合の最大5試合を午前中だけで戦うというハードスケジュールで選手の体力が心配だが、今日の感想では、「あと1試合くらいなら平気」と選手が言っていたので、一安心である。
 さて、明日は終業式。冬休み練習のスタートである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク