冬休み練習終了

 本日1/10は南白小学校さんの招待で南白・若葉台・白糸・七国とで交流試合を行った。
 会場担当の南白には心からお礼を言いたい。いつも本当に感謝である。
 今日で冬休み練習も終了。まとめの日であった。
 課題である立ち上がりの悪さと、汐入で学んだシックスができるようになってきたという成果と両方を確認することができた。
 課題解決については選手一人一人がきつい試合の中で、どれだけ冷静にかつ熱く、自分や仲間を鼓舞することができるかという点に尽きる。やはり東京は戦国ブロック。同じ相手でも毎回結果が変わる。気持ち一つで勝敗がいかようにでも変わるのである。ここまできたらあとはいかに自分と仲間を信じ戦うことができるか?帝京ラグビー部のように信じる心をもって戦ってほしい。
 子供達には南白戦の後、なぜY校長と私がスピリッツを作ったか理由を初めて話した。細かく述べると誤解を生じる可能性もあるので全てを文にすることはできないが、要は学校教育でできない「強い心」を七国の子供達に身につけて欲しかったからである。公教育ではできない、同じ目標をもって集まり、努力する仲間だからこそできる厳しい練習、限界を超えた努力、味わう成功と挫折、それを乗り越える強さ。それらをスピリッツで身につけて欲しいのだ。
 スピリッツの子供達が各学級に帰り、リーダーとして皆を引っ張る。リーダー不在の七国にはどうしてもこの存在が必要なのだ。スピリッツが歴史を重ねれば、小中全ての学級に強い心をもったリーダーができる。その七国小中の姿こそがスピリッツの目指すもう一つの目標なのである。この目標が達成されたとき、スピリッツは七国地域の唯一無二の存在となる。
 すでに中学1年初代スピリッツのメンバーは主に運動面で七国中学の歴史を変えつつある。市内駅伝2位(七国中史上初)という大活躍、またマラソン大会では男女共、上位をスピリッツが独占など嬉しいニュースが次から次へと飛び込んでくる。歴史を重ねれば至る所でスピリッツで育った子供達の活躍がもっと見られるようになる。その積み重ねが七国に地殻変動を起こす。
 技術だけではない、それを発揮させる強い心。どんどん見せて欲しい。いよいよ来週は代表決定大会である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク