日本一なるには日本一の努力を!

 7月6日(日)、フェニックス1学期最大の目標「横浜カップ」が終了した。応援うちわあり、いつもながら多くの差し入れ、そして分厚いサポーターの大応援。本当に感謝の気持ちでいっぱいである。
 さて今大会はディフェンスの強化、チームの底上げをテーマに取り組んできた1学期の総決算であった。結論からいうと満足できる部分もあったし、課題となる部分もはっきりした大会であったといってよい。
 まずは成果。「ディフェンスを整備すればある程度、締まったゲームができる。」少し前のフェニックスノートで述べた我々の考えである。選手はラインの幅、戻りの速さを意識しよく戦った。結果、どのゲームにおいても締まった好ゲームが展開された。
 次に底上げ。私は練習中、特定のチームにつかず、技能ポイントを口うるさくいい回った。4年生や新入部員にとってはかなりハードルの高いことを要求したのは自覚している。しかし今は基礎を固める重要な時期。あえて厳しく指導をした。結果、各選手は何がよいプレーで、何がよくないプレーなのか理解した上でゲームができるようになった。これは大きな成果であった。
 では課題は何か。これはフェニックスノートで、前々からずっと言ってきた「声によるコミュニケーションの不足」と、「細かい個人技能の不足」である。これが汐入戦ではっきり証明された。
 汐入が大きな声を出して「足りない、足りない。」「カバー、カバー」と言ってディフェンスをしたり、「余った、余った」「逆サイド、離せ」と言って攻撃したりしていたのに対し、フェニックスからそれは聞かれなかった。声は出していたかもしれない。しかしその音量は我々コーチ陣や、応援の保護者の音量にははるかに劣る。人は超能力者ではない。他人が何を考えているか、次にどういう動きをするのか分かるわけがない。声を出して「自分はこう動く」とか、相手に「こう動いてくれ」「ここにボールを出してくれ」「ディフェンスのカバーに入ってくれ」と絶えずコミュニケーションをとらなければならない。フェニックスはそれが甘かった。
 次に個人スキル。フェニックスは朝練習しかできない。自分たちを養護するわけではないが、コーチ陣にはそれぞれ自分の学級があり、学級が第一優先である。またそれ以外の膨大な事務、会議出張など自分の教師としての職務を確実に遂行しなければならない。それが崩れるとフェニックスは信頼を失い、存続ができなくなる。放課後や土日に練習を行うことができないフェニックスの練習量は少ないのが現状である。
 皆が揃う、限られた練習ではどうしてもゲーム中心となってしまう。だから個人スキルはコーチ陣から「やっておくように」と言われた内容を自主的に練習し向上させていくより他はない。
 やらされるのではなく、自らやる。教えてもらうばかりでなく、自ら学ぶ。
 「日本一になるには日本一の努力を!」フェニックスの再スタートである。

コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

ヨコハマカップお疲れ様でした。
やはり神奈川のレベルは高かったですね。
タグラグビーがごく普通のスポーツで
小さい1年生 2年生の試合も感激しました。

http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_en.gif">フェニックスも本当に頑張りましたね
ほんの少ししかない練習時間のなかで
チームワークを作り上げるのは大変なこと
みんなが今できることを
一生懸命やって素晴らしかったと思います
自主練習もそれぞれ放課後の予定があり
なかなかできませんが
これからも最善を尽くして頑張り続ける
フェニックスを応援しています

伸びしろ&余裕?

汐入の鈴木です。今回は釜利谷ではなく『汐入』の単独で出場しました。今回は、全国レベルのチームにどれだけの試合が出来るかを目標としてきました。体格差、運動能力差、気持ちの差をどのようにしてカバーするか。先生のご指摘どおり『声』を最重点としてコミュニケーション、スピード&プレッシャーの練習。あと、汐入の選手の両膝を見ましたか?男女とも両膝傷だらけでしたでしょう。気持ちの弱さ、自分の弱さを克服するための練習の結果でした。
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク