多摩市タグラグビーフェスティバル


 本日は多摩市立青陵中学校で多摩市タグラグビーフェスティバルが開催された。
 主催の中体連、青陵中学ラグビー部に心から感謝である。
 
 通称、春の多摩カップ。多摩カップとしないのは1学期は交流がメインでそこで仲良くなった仲間が2学期、3学期と切磋琢磨していこうという趣旨からである。
 なので、通常の大会と違い、このフェスティバルに参加することと一度きりでなく、今後ずっと関東タグの仲間として行動を共にしてくれる事が多摩カップの参加条件になる。子供ではなく、指導者の意識が問われる。

 今回のフェスティバルでは、ずっと競技面で課題になっていた「オフサイドを意識した守備」に焦点をあててタグラグビークリニックを行った。
 私が担当したBグループ(これからタグラグビーのスキルを向上させたいと考えるグループ)では、オフサイドのルールが分からなかったり、オフサイドにならないためにどうすればいいか分からない、といった子供が大半だった。
 
 なので、まずはオフサイドが発生する仕組みについて実演を交えて講義をし、オフサイドについて理解させた。
 次に、どのように守るかについて一例を紹介した。
 各団体の指導者にこの一例を指導してよいか確認をとり、すぐに練習を行った。

 帝京タグ教室同様、団体ミックスにしてチームを編成。このチームで練習を行うのだが、ここで大切にしなければならないのが、「声」。
 声がないとオフサイドの連発。クリニックに参加した選手は体験を通じ、声の大切さを理解してくれた。
 
 
 午後はオープン戦ということでA・B・Cグループで交流試合を行った。
 下記が七国の交流試合の結果。

スピリッツ
○5−1小柳ライトニングス
○3−2浦安ウイングス
○6−3府中Jr

七国A
○4−2小柳ライトニングスD
○4−1南白F
○7−1浦安ウイングスブルー

七国B
○5−0小柳ライトニングスC
○7−0本宿ブラックドラゴンズC
○2−1茅ヶ崎ブルージェイズ

七国C
○ 6−0ひかりきっずくらぶブルー
○10−0本宿ブラックドラゴンズD
○ 5−1合同

七国D
○ 1−0白小フェニックスC
○15−3豊ヶ岡
○ 7−1豊ヶ岡
○ 6−4豊ヶ岡

七国E
○10−2豊ヶ岡
● 1−6南白D
○ 4−0豊ヶ岡

 次はヨコハマカップ。1ヶ月しっかり準備して備えよう。


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク