レジェンドカップ参戦

 本日7/24(土)はレジェンドカップに参加してきた。府中Jr・南白レジェンドとの団体対抗戦で、1チームの勝率ではなく、団体の勝率で優勝を争うという、とても面白いものだった。記録的な暑さでどうなることかと思ったが、気持ちの悪くなる子供は数名出たが、倒れる子供がでなかったのはなによりであった。準備をしてくれた南白レジェンドのコーチや卒業生、選手、保護者に心から感謝している。
 さて優勝は府中Jr、2位は南白、3位が七国という結果だった。一応、七国Aは府中JrAに6−3、Bに6−3、南白Aに2−3、4−2と3勝1敗。A同士では1位であった。七国Bは南白Bに2−3、南白Cに4−2、府中JrAに5−5と互角以上の戦いをしたのだが、総合力という点で南白・府中Jrとは力の差を感じた。A・Bだけ戦えても正直あまり嬉しくない。数年後の展望が見えないからだ。今回歯が立たなかった選手は、練習に来たり来なかったりではなく、毎回しっかり練習に来て一つ一つ課題をクリアして着実にレベルアップしてほしい。
 さて、大会に参加して思ったのが、今年の東京は今までと勢力図が大きく変わってきているな、ということである。
 数年前は多摩地区三強(白糸・本町田東・若葉台)が抜けて強く、この3つのうちどれかが全国へ、という図式だった。
 ここ1・2年は3強に加え、第2勢力として、久が原・南白・ひかりきっず・府中Jr・七国が加わり東京を盛り上げた。しかし依然として3強、特に白糸にはどのチームも歯が立たないという状況だった。
 しかし今年は様相が異なる。多摩カップやヨコハマカップ、学芸大での大会、そしてレジェンドカップの結果から、3強と第2勢力の実力差はほぼなくなり、東京は今まで経験したことのない戦国時代に突入した。つまり、どのチームも全国に出られる可能性があるし、ブロック予選で涙をのむ可能性があるということである。これはよいことである。それだけ東京にタグが普及し、レベルが向上したからだ。
 当然スピリッツにも可能性があるわけだから、というかその舞台に立つまでに成長したのだから、謙虚に、しっかりと精進して東京NO1に近づけるよう、頑張って欲しい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク