茅ヶ崎遠征と地域清掃


 今回のスピリッツの活動は2つあった。
 一つは茅ヶ崎遠征。相模原カップで仲良くなった神奈川県の強豪、茅ヶ崎ブルーフェニックスと交流会に出かけた。朝の10時〜16時近くまでたっぷりと交流することができた。
 朝一で一人一人自己紹介を行った後、午前中は七国スピリッツ、侍、稲妻、疾風と茅ヶ崎ブルーフェニックス、ブルースカイ、ブルージェイズの7チームがそれぞれ熱い試合を行った。お昼休みにはみんなで昼食交流。黄色と青色のユニフォームが混じり合い、楽しくお弁当を食べた。午後の部に入る前にそれぞれの監督からチーム結成の経緯や、チームで取り組んでいる練習などを紹介した。で、午後もがっつりゲーム。スピリッツVSブルーフェニックスは2勝3敗。侍VSブルースカイは5勝0敗、稲妻VSブルージェイズも4勝0敗、疾風VSブルージェイズは0勝4敗(ん〜・・)と熱の入った好ゲームばかりだった。交流試合終了後はそれぞれのコーチから突っ込んだチームプランや重視している事などを子供達に話した。
 茅ヶ崎のT監督も話していたが、まさに「精神と時の部屋」(*注:ドラゴンボールで出てきた部屋。外の世界では1日だが、その部屋では1年の時間が流れる)この1日は両チームにとって欠けていたモノが何かをはっきりと気づかせてくれた。本番まであとわずか。お互いこの交流で気づいたところを鍛え、1日でも長くタグのシーズンを送ることができるよう、懸命に頑張ってほしい。グランドの確保やグランド作りなど茅ヶ崎の皆さんには心から感謝したい。次は遠いけど是非、七国に来て欲しい。また楽しく交流をしよう。
 あともう一つ。スピリッツは日頃お世話になっている七国の早朝の地域清掃に参加した。我々は地域スポーツ団体である。日頃、学校や公園で練習をさせて頂いている。自分たちができる地域への恩返しは当然のことながら必要である。練習もするが地域の皆さんと交流をもつ。我々は地域の中で生き、地域に生かされているのである。この感謝の気持ちを忘れては絶対に強いチームにはなれない。普段練習している場所を掃除すると思いのほか、いろいろなゴミが落ちていることに気づかされた。テレビや自転車、鍋?・・・ん〜悲しい気分になる。しかしそれらのゴミをみんなで一つ一つ拾い、町がきれいになるとなんとも嬉しい気分になる。そしてこの七国の町を大切にしようという心が更に育つ。
 強い気持ちと優しい、温かい気持ち本当の意味の「スピリッツ」を子供達が身につけてくれていることを監督としてとても嬉しく思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク