サントリーカップ武蔵野地区大会


 11月23日(水祝)、府中市民サッカー場でサントリーカップ東京ブロック武蔵野地区予選が開催された。全48チーム384名の選手と1000人近い観客で大いに盛り上がった。
 予選は3チームずつ16プールに分かれてのリーグ戦を行い、順位によってカップ・プレート・ボウルトーナメントに進出するという方式で今年も実施した。
 この方式は今年度、23区・武蔵野・多摩3地区共通で採用している。サントリーカップは選手権大会であるが、同時に多くの子供達にタグの素晴らしさ楽しさを感じてもらう場である。勝ち上がる喜びと参加する楽しさ。両方を実現させたいという東京タグの思いからである。
 また、今年度から各地区に参加した帯同コーチが他地区のレフリーを行っている。子供達の活躍するフィールドを指導者が皆で協力して支えていこうという考え方である。この形は今後も継続していきたい。

 さて、試合であるが予選から好試合の連続。引き分け・得失点差まで並ぶプールが出るなど白熱したものになった。激戦の予選を勝ち抜いた16チーム、そこからさらに代表戦進出枠を争う熱戦が繰り広げられた。
 特に準々決勝は代表決定大会進出権が確定する試合なので、この大会一番の熱戦となった。428モンキーズC対本宿ブラックドラゴンズA、南白レジェンドC対若ザムライAの2試合が延長サドンデスにもつれ込んだ。結果は428モンキーズと若ザムライAが勝ち見事、代表決定大会進出の切符を手に入れた。残り2枠は府中市タグラグビー大会「フォーリスカップ」の優勝・準優勝チームの白小フェニックスレッドと、南白レジェンドAが勝ち上がった。
 準決勝は南白レジェンドA対428モンキーズC、白小フェニックスレッド対若ザムライAの組み合わせとなり、8−2で南白、6−0で白小が決勝進出を決めた。
 3位決定戦は428モンキーズC対若ザムライAの組み合わせ。攻守で優位に立った若ザムライAが勝ち、3位を確定させた。
 決勝はフォーリスカップと同じ組み合わせ、白小フェニックスレッド対南白レジェンドA。前後半開始時の入りの場面で1点ずつをとった白小が常にリードする形で試合が進み、そのまま3−1でノーサイド。白小が3年連続武蔵野地区大会優勝を決めた。白小は全試合を通じて1失点以上の試合はなく、常に安定した守備力で他を圧倒した。他チームもアタック面では白小を上回るよいプレーが見られたのだが、守備力では開きを感じた。これがこの結果に結びついたのだろう。

 閉会式ではプレート・ボウルの優勝、準優勝チームにも賞状が手渡され、嬉しそうに受け取る姿が印象的だった。来年も是非、多くのタグラガーがこのグランドに帰ってきてくれることを心から願っている。
 最後に開催にあたって多大なサポートを頂いた杏林・明星大学ラグビー部の皆様に心から感謝の意を表して本大会の報告を終えたい。
【参加チーム48チーム】
南白レジェンドA・B・C・D・E・F、本宿ブラックドラゴンズA・B・C・D・E、小柳ライトニングスA・B・C、ブレイブ☆ルーパス府中ジュニアRC−FB・SO・FW?、矢崎ファーマーズ、十小ガッチャマン・なでしこ・イエローキング・タイガース、アイシールド81・いずみの森7・レインボースターズ・スターハリケーン・レインボー10、白小フェニックスRED・BLUE・GREEN・RAINBOW・GOLD・SILVER・LIGHTGREEN・BLACK・WHITE・YELLOW、428モンキーズA・B・C・D・E、七小コロリン・7☆STARS、若ザムライA・B・C



・・・と、いうのがこれから事務局に提出しようと思っている報告書である。とにかく多くの方々の協力と子供達の頑張りで無事、大会を終えることができた。本当に感謝である。代表決定大会に進出する4チーム、本当におめでとう。これからしっかり準備して、代表決定大会では思い切り自分達のタグラグビーを表現して欲しい。


 ここからは少し自分の感想。
 今日、一番ぐっときたのが南白のあるチームの監督が目を赤くさせて私のところに来たときのやりとりだ。
 「Kさん、負けるってこんなに悔しいんですね。」この一言、本当に感動した。
 私のタグラグビーの原点は、初代白小フェニックスが多摩地区大会に挑戦し、あと1勝で関東大会、というところで若葉台に負けたところより始まる。
あの時の悔しさ、もっと子供達に向き合えたはずなのに色々な事を理由にして全力で向き合えなかった自分の甘さ。二度と自分のせいで子供達を泣かせない。私が妥協無く、タグに打ち込むようになったのはそれからである。
 私は何となく、彼の姿を見て、昔を思い出した。勿論、南白は今でも十分強いのだが、きっと数年後、南白は更に成長するのだろうなと予感できた。


 さて、これで東京代表決定大会は下記のように多摩地区が決まれば組み合わせが確定するところまできた。


ひかりきっずくらぶレッド
若ザムライA
多摩地区4位


白小フェニックスRED
多摩地区3位
久原サムライファルコンズ


多摩地区1位
馬三モンキーズ
428モンキーズC


久原ゴッドファルコンズ
南白レジェンドA
多摩地区2位


 色々な方から、「多摩地区頑張ってください。」「4枠全部が目標なんでしょ。」と、激励された。本当に幸せである。油断は全くない。「辰巳にみんなで帰ってくる」これが七国にとっての目標なのだから。やっと来週、それに挑戦できる。ハードルが高いのは知っている。しかしトップチームだけが強いのは本物ではない。昨年の若葉台が見せた、「みんなが強い」これを七国も実践したい。


 
 

コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

今日まで本当にありがとうございました。
大所帯の武蔵野地区をまとめ、いち仕事ともちろん自分のチームの指導もあることは、想像を絶することで、尊敬します。

12月3日までは、まだまだゆっくりできないと思いますが、今日は休んでくださいね。

Kさんの熱い言葉と握手で、来年また上を目指すモチベーションになりました!

ありがとうございました

今日は、審判ありがとうございました。
無事に白小も東京都代表決定戦に進めました。
必ず上がってくることを信じてます。
頑張ってください!!

ありがとうございました

昨日は、武蔵野地区予選運営ありがとうございました。
子どもたちが全力でプレーできたこと嬉しく思います。

次は、ご自身のチームですね。多摩地区予選頑張ってください。

東京都代表決定戦でお会いできる事楽しみにしています。
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク