帝京タグ教室


本日は帝京タグ教室だった。
会場の準備や子供達と一緒にプレーをしてくれた帝京大学ラグビー部の皆さん、いつも本当にありがとうございます。
途中、雨が降り、混合ゲームはできなかったが、帝京チャレンジでは多くの子供達が日本一の帝京ラグビー部に挑戦した。

本日は事前に連絡があった都留RSと教室終了後、少しだけグランドをお借りして練習試合を行った。
スピリッツは3名ラグビー、1名けが、1名用事で欠席したため、3名のメンバーにミニリッツ2名を加えたチームで都留RSさんに挑戦させてもらった。

○10−2 都留RS
○13−1 

ミニリッツのメンバーにはスピリッツのプレーの厳しさ、しんどさを経験してもらった。
この経験をミニリッツに戻って還元してほしいと思っている。
スピリッツ3名は、人に頼らず自分が引っ張ることを意識させてチャレンジさせた。
まだまだ意識は甘いが、ほんの少しだけマシになってきた。

しかし、今日の一番は教室終了後、帝京大学の練習を見学できたことだ。
鳥肌の立つ練習。
ある意味、試合よりも迫力があった。

一人一人が考え、声を出し全力でやりきる。
8チーム程度が常に集中して練習に取り組む。
私語をする選手は一人としていない。
自分のチームのプレー以外の時でも集中を切らさない。
課題があればすぐに集まりチームで確認をする。
監督が一言話したら全てのチームが集合し、その声に耳を傾ける。
怪我でグランドの脇でウエイトをしている選手も駆け足で集まる。
学生の中から、「走ろう、走ろう」と自然に声が出る。

全てが全力、出し切る、やりきる練習。
これぞ日本一。
レギュラー、サブ、一切関係ない。
140名を超える部員全てがラグビーにひたむきに取り組む。

きわめて実戦的な激しい練習。
グランド内至る所で体が、「ドン」と、激しくぶつかりかあう音が響き渡る。

ますます、帝京大学ラグビー部のファンになった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク