サントリーカップ武蔵野大会

今日はサントリーカップ武蔵野大会。
大会運営に携わってくれた全ての皆様に心から感謝します。
タグラガーのために体力の限界を超えてレフリーやTJ、コート運営、ドリンク手配、事務仕事・・・どれだけお礼を言っていいか分からないです。

では毎年恒例、ホームページにアップする内容を転記。



11月24日、府中市郷土の森ラグビー場で武蔵野大会が開催されました。
32チーム170名を超えるタグラガーが元気にタグラグビーを楽しみました。


まず4チームずつに分かれてのプール戦を行いました。
府中市は「フォーリスカップ」という府中市単独の大会を開催できるほどタグが盛んな地域です。

当然、タグ熱に比例して好プレーがたくさん見られました。

予選を勝ち抜いた1,2位はカッププレートトーナメントへ、3,4位はボウルシールドトーナメントへ進みました。


カップトーナメントに進んだのは、
小柳ライトニングス
南白レジェンド
本宿ブラックドラゴンズ
本宿ブラックドラゴンズB
南白レジェンド
白小フェニックス
白小フェニックスブルー
白小フェニックスグリーン

の8チームです。
次の試合に勝つと東京ブロック決定大会に進むことができるとあって今大会、一番熱い戦いになりました。

その中でも注目を集めたのはフォーリスカップ決勝戦と同じカード、小柳対南白でした。
フォーリスカップ決勝戦ではほぼ互角の戦いだった両チーム。
今回、勝敗を分けたのは守備力でした。
1対1でほとんど抜かれることのなかった小柳がリズムを掴みます。
なかなか攻め手を見いだせない南白。
すると相手守備の隙をついて小柳がラインブレイクを重ねていきます。
準々決勝屈指の好カードは小柳ライトニングスが5−0で南白レジェンドに勝利しました。

その他にも初のブロック決定大会進出となった本宿ブラックドラゴンズ、昨年の悔しさをバネに頑張ってきた白小フェニックス、白小フェニックスグリーンが勝ち進みました。

準決勝は小柳ライトニングス対本宿ブラックドラゴンズ、白小フェニックス対白小フェニックスグリーンの対戦となりました。
こちらも好ゲームとなりましたが、小柳ライトニングスと白小フェニックスが安定した戦いぶりで決勝戦に駒を進めました。


決勝戦は手に汗握る素晴らしい戦い。
お互い高い守備力をもっているので締まった好ゲームとなりました。
全国大会と言ってもいい位のハイレベルな一戦。
見る者全てを魅了した戦いは4−2で小柳ライトニングスが勝利。
2年連続武蔵野チャンピオンとなりました。

今大会も杏林大学ラグビー部の皆さんと他地区コーチから多くのお手伝いを頂きました。
子供達のために本当にありがとうございました。

優勝:小柳ライトニングス


準優勝:白小フェニックス


3位:本宿ブラックドラゴンズ


4位:白小フェニックスグリーン




以上がHPアップ用の原稿。
さて、普段あまり自分の想いを述べないように努めてきたのだが、今回は少し。
今大会七国スピリッツは多くの保護者がレフリー・グランドマネージャー、事務方として参加してくれた。そしてスピリッツメンバーは得点報告係として大活躍した。
七国の力がなかったらもっと大変な運営になっていた。
改めて自分が日頃支えられているスタッフの素晴らしさに心から感謝した。

と、同時に日頃一緒に過ごしているスピリッツメンバーの凄さも感じた。

「裏の仕事のできない人間は表の仕事ができる訳がない。」
昨年、実力はありながら悔しい思いをしたスピリッツ。
これで気づいた、プレーだけでない、日頃の立ち振る舞いが苦しいとき自分を支える大きな力となる事を。

今日の子供達の姿を見て今シーズンの七国スピリッツの強さがよく分かった。
日頃近くに居すぎてよく分からなかったが、この子達はいつの間にか心身共に素晴らしい成長をしていたのだなと感心した。

さあ、来週は七国の出番。
プレーも、もちろん立ち振る舞いも。
人間力を見せよう、七国スピリッツ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク