東京第2大会


本日は辰巳ラグビー練習場で東京第2大会が開催された。
レポートはお任せしたので今回は所感を。




都大会進出をかけて20チームが熱い戦いを繰り広げた。
七国からは四年チームの疾風とプチリッツが参加した。
私は大会運営だったので公正を保つためチームとは完全別行動。
保護者にも子供にも声をかけることを控えていたので少し四年生には可哀想なことをしたが、自チーム指導だけでなくこういう活動も大切。
「裏の仕事が出来ない者は表の仕事が出来る訳がない」
いつか分かってくれるだろう。
私の意を汲んで、帯同してくださったパパリッツの皆さん、引率してくださったママリッツの皆さん本当にありがとうございました。


今年の四年生はとてもよい準備をしてサントリーカップに挑戦した。
お客さんになりがちな学年なのだが、毎朝練習を行うなどそれは立派だった。
プチリッツは勝つことは出来なかったがよい攻撃を何度も見せることができた。
少し前ならできなかったことだ。
疾風はプレート優勝。
他校トップチームをいくつも撃破するなど頑張った。
でも自分たちの目標とするところには届かなかった。
「負けに不思議の負けなし」
勝ちには不思議な勝ちはあるけれど。
理由があって負ける。
その理由を見つけ解決することが大切。
子供たちに話した負けた理由。
ひとつ目は身体能力、発達段階の差。
これは致し方ない。時間が解決する。
最大の理由は集中力。
プレーが切れてしまうこと。
失点のほとんとが崩されたのではなく、ノックオンやパスの投げ捨てをかっさらわれたものだ。
スピリッツにはこれがない。
だから負けない。

四年生は他チーム六年生のサントリーカップにかける思いを目の当たりにしたことだろう。
他の大会と明らかに違う重み。
これらを痛感した事だろう。
とてつもなく良い勉強。
これを次のシーズンに生かせばよい。

スタートラインに立ったばかり。
精進しよう、未来のスピリッツ。

肝心の大会結果。

優勝は南白レジェンド。

準優勝は小柳ライトニングスburst

23区枠特別賞はトライアタック

この3チームが一月の都大会に進出する。
本当におめでとうございます。
素晴らしい戦いでした。

これで都大会全ての組み合わせが決定。
A リーグ
ひかりきっずくらぶ
本宿ブラックドラゴンズ
七国稲妻スピリッツ

B リーグ
小柳ライトニングス
七国侍スピリッツ
トライアタック

Cリーグ
七国スピリッツ
白小フェニックスグリーン
小柳ライトニングスburst

Dリーグ
白小フェニックス
いずみの森ユナイテッドベアーズ
南白レジェンド

どこも激戦の好カード。
今や全国屈指のハイレベル地区となった東京ブロック。
今から都大会が楽しみだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク