多摩カップ

今日は多摩カップに参加した。
運営してくださった青陵中の皆さん、豊ヶ丘小学校のみなさん、本当にありがとうございました。










以上が予選、決勝の結果。
今年のメンバーに例年と同じ事を求めるのは酷なので、決勝まで上がれただけでよし。
パニックになって恥ずかしい試合だけはしなかったのでこれで十分。

五年生以下はこの姿をよく見ておき、今のうちからしっかりと準備しなければこうなることを自覚しておくことが肝心。
六年になってから頑張ろうと思っていてもダメ。
ましてや日々の練習を普通にこなしているだけで全国で戦った先輩のようになれると思ってはいけない。
そういう意識だと今年のようになってしまう。
そういった意味では今年の六年生は下級生に大切なメッセージを伝えてくれているのだ。

さてこの多摩カップだが、青陵中と小中連携で頑張っている豊ヶ丘小学校のタグラグビークラブが参加している。
保護者の方は運営に関わってくれている。
つまり、限りなく素人。
裾野を広げるためにこういう活動はとても大切。
参加チームや保護者はその事をしっかり理解しておく必要がある。
本日そのプレーに対し、意見を述べた保護者がいたそうだ。
そもそも練習時間も違えば理解度も違う。
そこは尊重すべきだと思う。
更に言えば、こういう事はまずは団体の代表者に通して、そこで判断という形が望ましい。
こういうところもしっかりとやっていければと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク