FC2ブログ

決勝大会を終えて

2月17・18日、調布市アミノバイタルスタジアムで第14回サントリーカップ決勝大会が行われた。
全国からこの日のために集まり、子供たちのために尽力してくださった大会関係者の皆さま、リエゾン・コート担当として大活躍してくれた拓殖大学ラグビー部のみなさん、本当にありがとうございました。

たくさんの人たちに支えられてタグラグビーは成り立っているのだなと改めて思う。
私も微力ながら、少しでも力になれればと思っている。

個人的に今大会は、「元気な姿でチーム8人が2日目を迎える」ことを大きなテーマにしていた。
それが叶いとても嬉しかった。

昨年度、チームは偶然の出来事で2人のけが人を出した。
チームは不戦敗となり、2日目は全てフレンドリー扱い。
勝っても先に進むことはできなかった。

棄権を決断したその日の夜、そして大会2日目の景色は今でも忘れることはできない。
タグラグビーを指導していて最も辛い時間だった。

8人そろって2日目を迎える、当たり前のようだが、七国にとってはそれは当たり前のことではなくとても大切な事。
それが叶ったことが何よりうれしかった。

2日目準決勝で昨年度と同じような接触事故が起こり、一瞬会場が氷付いたが頭を打ったわけではではなかった。
様々な方の丁寧なケアでその子も決勝の舞台に立つことができた。

8人全員で決勝を戦えた。
結果、優勝という最高の結果までついてきた。

もちろん、優勝は嬉しい。
だが、それよりも二日間無事に戦えたことで、やっと長い長い夜が明けたような、ずっとずっと心にあったモヤモヤが晴れたような気がしてほっとした、というのが素直な感想。



これで今年度のタグラグビーシーズンはとりあえず終了。

と、同時に次の世代のスタートだ。

先輩たちが見せた素晴らしい努力をしっかり引き継ごう。








コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク