春の関東交流会

今日は今年度最初の関東交流会がオハラグランドで行われた。

いつも会場を提供してくれている株式会社オハラさんには本当に感謝である。

上記が結果。

左が予選、右側が順位トーナメント。

見て分かるとおり、抜けたチームがなく、トップはほぼ横一線。

相性で勝敗が決まっている。

今までの力関係も今年は少し違ってきている。

今回の交流で一番目立ったのは、都留。

正直、これまではトップレベルには足りていないチーム力だったが、今年のチームは結果が示すとおり、全国トップレベルと互角の戦いを見せてくれた。

南関東ブロックで常に三位。

本来なら全国に出られないが、同県2チームは出場不可というルールで特別枠としてサントリーカップ全国大会に出場してきた。

素直に喜べないところもあっただろう。

「実力で全国に」

強い気持ちが今シーズン見られる。

壁は高いが乗り越えがいのある壁だと思う。

頑張ってほしい。

七国は今年は昨年度と違い相当しんどいシーズン。

(生活指導では、あり得ない位、昨シーズンはしんどかったが)

力が足りていないのに勝手に自分達は日本一のチームと勘違いしている情けないチーム。

練習の取り組み方も非常に悪い。

全力でやらない、手を抜く、ヘラヘラ笑いながら練習をする。

ミスをしてもにやけてごまかす。

課題を示しても修正しようと努力をしない。

ミスをすればふてくされる、泣く。

6年生がそういう手本を示すので、当然下の学年も同じ様な取り組みになる。

悪循環。

スピリッツはそれでもなまじ勝ってしまうから、更に勘違いが進む。

侍は力が足りていない6年生が所属しているのでごまかしが効かない。

6年生が下級生に引っ張っていってもらうというとても情けない現象が起きる。

今日は負けて本当に良かった。

意識しなければならないことの逆をやりまくった結果の自滅。

現実を突きつけられた良い一日。

これで勘違いも少しは改まるだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク