魂のぶつかりあい

動画
動画を見る動画
 2月21日(日)、多摩市立青陵中学校で、第3回多摩カップが開催された。
 卒業生リーグは延長サドンデスで汐入リトルベアーズが4−3で優勝、白小フェニックスイエローが準優勝となった。新人生リーグは白小フェニックスレッドが7−0で優勝、浦安ウイングスが準優勝となった。
 多くの6年生はこれが最後のタグの大会となった。思う存分楽しんでもらうことができただろうか。下級生は6年生の気持ちの入ったプレーを見て感じることはあっただろうか。
 特に全国に出場する汐入と白糸の決勝は本当に魂の入った素晴らしいゲームだった。3年間の想いが凝縮されたものだった。
 「上手くなりたい」「強くなりたい」それは皆が思うこと。その思いが強ければ自然と人は努力する。そうすれば上手くなる。最初からあんなプレーができるわけではない。その裏にはとてつもない努力がある。下級生はよい手本を見ることができた。
 七国もある程度気持ちの強さを見せることができた。6年生は次のステージでこの1年で学んだことを生かしてもらいたいと思っている。
 下級生は本当に強くなりたいのならもっと努力するべきである。課題である「声・勇気・仲間を信じる心」試合で見せることができただろうか。私は足りないと思っている。スピリッツは学校では学びづらいかもしれない、「心の強さ」を身につける場所である。タグでは本当に仲間を信じ、仲間のために自分を犠牲にしてトライをとらせるプレーが大切。恥ずかしかろうが大きな声を出して仲間に自分の場所を教えることが大切。常に仲間と声をかけあって気持ちを一つにすることが大切。そのためには今のような取り組み方では駄目である。練習に来たり来なかったり、自分勝手なプレーばかりしたり、同じミスを何度も繰り返したり。声を出しなさいと言われ続けても出さずにボールをもらいにいってノックオンをしたり、パスの出し手を困らせたり。相手を確認しないで適当なボールを投げたり。練習で課題を出されたら必ずその課題をクリアする。練習以外の場でも努力をする。汐入・白糸と同じステージに立ちたいのならそれ位の覚悟と努力が必要である。
 最後にこの多摩カップ。グランド作りからタッチジャッジ、フレンドリーマッチまで大活躍してくれた中学生の存在がなければ成功しなかっただろう。本当に感謝である。
*動画をアップしてみたが、向きが逆・・・訂正効かず・・・ごめん中学生・・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taguragu

Author:taguragu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク